屋外で使うなら非光沢 ノングレア液晶のX1 Carbon 2017


最近は屋外のテラス席で
ThinkPad X1 Carbon 2017を使うことが増えてきた

ThinkPad X1 Carbon 2017 液晶はノングレアで非光沢 屋外でも見やすい理由

X1 Carbonの液晶は14インチでノングレア(非光沢)
外で使うときの明るさは80%から100%。
映り込みが少ないので反射が少なく見やすい。

昨年(2016)購入した、タッチパネル対応液晶の
X1 YogaやX1 Tablet、Yoga260などを外や新幹線の窓際で使うと
画面に光が反射して表示が認識しにくくなる。

光沢液晶は写真や動画が抜群にきれいなんですけど
明るい場所や背面に照明がある場所での反射に弱いです。


ThinkPad X1 Carbon 2017 at カピオラニ公園

それと、X1 Carbonの液晶は他のThinkPadより
感覚的に1段階ぐらい明るい。

輝度をマックスの100%にすると
直射日光が射すような場所でも画面を認識できる。

同じ14インチのFHD液晶搭載ThinkPadでも
機種によって色合いや明るさが微妙に違います。
使ってる液晶メーカーが違うよう

X1 Carbonの液晶はフラッグシップモデルだけあり
それなりの高品質な液晶を使ってるのかもしれない。

X1 Carbon 2017 屋外で使う

ThinkPadを昔から使ってる方はご存じかと思いますが・・・

数年前まで、液晶は見えればいい程度で
暗くて色合いが青っぽいことが多かった。

特に思い出すのは今から7年前ほど
沖縄のビーチでThinkPadを開いていたことがあった。

ThinkPad X60s 沖縄で使ったときは液晶は真っ暗

当時は12.5インチのThinkPad X60s
日陰で明るさを最大にしても見にくいなーと感じつつ
直射日光が当たる場所でも目を細めながら使ってました。


当然ですが今のX1 Carbonの液晶と比べると
かなり、暗くて色合いがおかしかったなと・・・

普通に当時から写真加工や動画編集をしてましたから
ある意味すごいなと(笑)

ThinkPad X1 Carbon 2017 ロイヤルハワイアン マイタイバー

ThinkPad X1 Carbon 2017になって縦と横1cmほどサイズダウン
キーボードはフルサイズで打ちやすく
薄くて軽いので、持ち出す機会が増えた結果・・・

屋外でも液晶が明るくて見やすいなと気づいたのでした。


ThinkPad X1 Carbon 2017 液晶 フルHDを拡大して使うメリットはある?



ThinkPad T470s ケース 純正インナーケースが微妙にモデルチェンジ!?


T470sの前モデル、ThinkPad T460sを持ち運ぶ際には
純正の14インチ フィット・リバーシブルスリーブを使ってます。

ThinkPad T470s 純正ケースはどれを選べばいいのか


ThinkPad T460s ケースは14インチ フィット・リバーシブルインナー



T470sはT460sと全く同じサイズなのでケースも同じ・・・
と思ってレノボの公式サイトを見てみると
インナーケースが微妙にモデルチェンジしたよう。

従来の14インチインナーケースは取り扱いが終了。
確かに14インチケースだと若干大きいかなと感じていたので
昨今のサイズダウンに合わせてラインナップが一新されたのかも。


T470sの純正ケースとしては持ち手付きの
14インチを選ぶことになるのかな。

ThinkPad 14インチ スリーブケース


ただ、持ち手が強烈に気になる・・・

個人的には鞄の中にケースを入れてThinkPadを出し入れするので
外側に持ち手やポケットなど余計なものをつけて欲しくない。


一方、13インチのインナーケースは2種類あって、
持ち手があるタイプと従来ののっぺりとしたシンプルなケース。


ThinkPad 13インチ スリーブケース(持ち手付き)
ThinkPad 13 インチ フィット・リバーシブル・スリーブ(従来タイプ)


13インチタイプでT470sやT460sは入るのか?

12.5インチのX270やX260を入れていた従来のThinkPad 13インチWide リバーシブル・スリーブケースではT460sははみ出てしまう

おそらく、13インチ用のケースでは入らないと思うんだけど・・・

サイズ感が全く分からないので
とりあえず12~14インチ全てのインナーケースを買ってみました。

届き次第、サイズを合わせて追記します。


ファミレスで X1 Carbon 2017 存在を忘れるほどの薄さ


X1 Carbon 2017を取り出して、メロンソーダを飲みながら役員か~いぎ

ThinkPad X1 Carbon 厚さが薄くて存在を忘れる

ドリンクバーに懐かしいものを発見。
体に悪そうな色だけど、たまーに飲みたくなる(笑)


X1 Carbonの画面で業績を見ながら・・・なんて思ったけど、
X1は閉じたまま、本体の上に決算報告書を開いて盛り上がる

決算報告書とThinkPad X1 Carbon2017

X1 Carbonの上に何かをのせると、本体があまりにも薄いため
途中から、存在を完全に忘れて電源すらつけなかった

話が盛り上がってあっという間に深夜。
さぁ帰ろうかとなったときに
X1 Carbonをテーブルの上に置いたことに気づく。

あれ、何に使おうと思ったんだっけ・・・と
バッグから取り出した目的をも忘れる始末

存在を忘れるほど薄いThinkPad X1 Carbon2017

存在を忘れるほど、X1 Carbonは薄いんです(笑)


ThinkPad X1 Carbon 2017 サイズが小さくなってテーブルの狭いカフェでも便利


ThinkPad X1 Carbon 2017 充電状況が分かるLEDランプが外出前に活躍中


あと2時間で出かけなければならないときにふと気づく。
そういえば、X1 Carbonの充電をしていなかった。

ThinkPad X1 Carbon 2017 充電状態が分かるLEDランプが便利

慌ててACアダプターをUSB Type C端子に挿して充電開始。
充電中はオレンジのLEDランプが点灯



80%まで充電が完了すると緑に変わります。

X1 Carbon 2017  80%まで充電されると緑に変わる

今まではいちいち、電源をつけてないと
充電状態が確認できなかっただけに
LEDランプ一つあるだけで、結構便利です


前の日にX1 Carbonを充電がほぼなくなるまで使って
バッグに入れたまま、朝になって気づくパターン多くないですか?

自宅に戻ってすぐ充電しなさいって話ですが、
だいたい、気づくのが慌ただしい朝とかなんですよね。

ずぼらな自分には意外に重宝してる充電インジゲーターランプです。

ホテルの部屋でX1 Carbonを充電中

ちなみに2016年に発売された一部のThinkPadから
充電インジゲーターが搭載されています。
(X1 Carbon 2016やX1 Yoga、 T460s、T470sなど)


バッテリー状態が80%でオレンジから緑に切り替わるだけなので
100%まで充電出来たか分からないのが残念なところ。

せっかくなら、3段階で
ライトの色が変わるといいんですけどね。

私の場合はバッテリーを長持ちさせるために
充電の上限(しきい値) を80%に設定。

緑に変わるとマックス充電と認識できるので
とくに不便に感じませんが、
毎回100%まで充電する方はわかりにくいかも。


機内でX1 Carbon 2017充電中

X1 Carbon 2017の充電時間は約2.4時間(パワーオフ時)

バッテリー容量が100%に近づくにつれて充電は遅くなります。
80%までだと、感覚的に1時間40分ほどかな・・・

80%でもCPUに負荷をかけない作業なら
4~5時間は使えてます。

2017年モデルでバッテリー容量が少し大きくなり
駆動時間が延びたX1 Carbon 2017ならではですね。


バッテリー長持ち!X1 Carbon 2017 を詳しく見る


ThinkPad USB Type-C ドックじゃなくてThikPad USB-C ドックだった


ずっと、ThinkPad USB Type-Cドックだと思いこんでいた
X1 carbon2017、X1 Tablet用のドックですが・・・

さきほど、説明書を見て初めて気づく・・・

正式名称は ThinkPad USB-C ドックだった USB Type-Cドックではない


正式名称はThinkPad USB-Cドックだった。

ThinkPad のUSB Type-C端子につなげるドックなので
USB Type-C ドックだと思い込んでおりました。

「Type」がつこうがつくまいが、
どちらでも意味は分かるから
いいとは思うんですが・・・

過去の記事で「ThinkPad USB Type-Cドック」と
書いてしまったこともあるのでちょっと気になった次第。


ThinkPadのドックにはUSB3.0につなげる
USB3.0ドックもあるけど、
そちらと間違えなければいいかと。

個人的に製品名としてはUSB-Cドックより
USB Type-Cドックの方が
分かりやすいんじゃないかなぁーと

自分のミスを棚に上げてみる(笑)


過去、USB Type-C ドックと思い込んで書いた記事

ThinkPad USB Type-C ドックを買った
ThinkPad Type-Cドックをホテルで延長ケーブルがわりに・・・
ThinkPad X1 Tablet USB Type-Cドックをつなげてデュアルディスプレイ


ThinkPad USB-C ドック 認識しない場合はドライバをダウンロード


ThinkPad X1 Carbon 2017やT470sのUSB Type-C端子にケーブル1本挿すだけで周辺機器の拡張が可能なThinkPad USB-C ドック

機種によっては認識しないことがある

ThinkPad USB-Cドック ドライバダウンロード

そんなときはまず、
最新のドライバをダウンロードして適用します

lenovo ThinkPad USB Type-Cドック ドライバ ダウンロード


2017年に発売されたThinkPadでUSB Type-C端子が搭載されている場合は、ドライバをインストールしなくてもUSB-C ドックが使えるはず。

手元にあるThinkPad X1 Carbon 第5世代、X270では
そのままUSB-Cケーブルを挿すだけでドックが使えました。

ThinkPad X1 Carbon 2017にUSB-Cドックをつなげる

一方、X1 Tablet 2016では最初全くドックを認識せず、
電源供給すら出来なかった。

使用できるハードウェアということで
ドライバダウンロードページに対応機種が書いてあって・・・

その中にX1 Tabletはなかった。

もしや、X1 TabletはUSB-Cドックに
対応していないのか!?と思ったけど・・・

ドライバをインストールしたらドックが使えるようになった。

ThinkPad USB-Cドック X1 Tabletでも使えた

ドックのドライバはアップデートされることも多いので
認識しない、電源が供給されないなど不具合がある場合は

まず、最新のドライバをダウンロードして
適用してみるといいかも。


ThinkPad USB Type-C ドックを買った X1 Carbon 2017 X270 T470sなどで使用可能


デルタ機内WIFI Gogo In-FlightでYouTubeに動画アップ出来るのか


ホノルル空港のデルタのスカイラウンジで
ThinkPad X1 Carbon 2017で動画編集。

YouTubeにアップロードするためのH.265形式に
書き出してる途中で時間切れ・・・

Thinkpad X1 Carbon  機内WIFIでYouTUbeに動画がアップ出来るのか

X1 Carbonをスタンバイ状態にして機内に搭乗。
離陸前に書き出しが終わったものの、
YouTubeへのアップロードが残ってしまった。

離陸まで時間があったので手元のT-mobile
プリペイドWIFIルーターを使って映像ファイルのアップ開始。

動画ファイルはなるべくサイズを小さくするため
720p(1280×720)にしてます。

16分の映像でファイルサイズは720MB。

光回線なら数分から10分ぐらいでアップが完了するけど
モバイルルーターなので遅い・・・

13%までアップして離陸時間になったので
ここでいったんPCをしまいました。


上空で飛行が安定してから、
有料の機内WiFi、Gogo In-Flightに接続

飛行機内のgogo in Flightでネットサーフィン

いつもはネットサーフィンや画像のアップロードなど
地上に比べればかなり遅いけど以前に比べれば快適そのもの。

ただ、ファイルサイズの大きい動画は厳しいだろうなーと思いつつアップロードを継続。

720MBの動画だと1%進むのに5分から15分もかかる(笑)
上りアップロード速度が1MB/s以下で昔のADSLぐらいの遅さ。

飛行機内のWIFIでYouTubeへアップロード 牛歩のように遅い

まぁ人工衛星を使ったネット回線なのでしょうがないですね。

人工衛星のネットといえば6,7年前、カリブ海クルーズで乗った船で、動画をアップしていたことをふと、思い出した。

当時は今よりもサイズが小さな動画でしたけど
5分程度のWMVファイルをサーバーにアップするのに
余裕で一晩かかっていました。

7日間の航海でネット代が日本円に換算して5,6万(笑)

今は飛行中(7時間ほど)使い放題のネットが2400円ぐらい
昔に比べれば衛星を使ったネットもリーズナブルになってます。


結局成田に着く直前までアップロードをして
70%まで進捗が進みました。

機内WIFIでは70%までしかアップ出来なかった

これが12時間以上かかるロサンゼルスとか
ニューヨークならアップロードが完了していたでしょう。

成田に到着して、スタバで空港の無料WIFIにつなげて
引き続き動画のアップロード。ものの3分で終わった(笑)

成田に戻ってスタバで動画アップロードを再開

成田空港の無料WIFI、上りの速度を計測したら
31Mbps越え。

成田空港 無料WIFI 速度

7時間かけてもアップ出来なかった動画が
地上に戻ったらほんの数分(笑)

高速回線のありがたみがわかった1日でした。

ま、機内WIFIで動画はアップ出来ないことはないけど
牛歩のように遅いのでかなり時間が必要になります。

飛行機で動画をアップする人はいない気もしますが
ファイルサイズをなるべく小さくしたほうがいいですね


ThinkPad X1 Carbon 2017 サイズが小さくなってテーブルの狭いカフェでも便利


成田エクスプレスで移動中 ThinkPad X270でNFCを試してみるも・・・


品川から成田エクスプレスで成田空港まで1時間ちょっと
WWANカード搭載でLTE通信ができるX270で一仕事。

ThinkPad X270 NFCセンサーがいまいち使いこなせてないけど

最近、海外出張へは定番の2台を持ってきている。
12.5インチのThinkPad X270と14インチのX1 Carbon2017。

手元のX1 Carbon はLTEに対応していないので・・・
スマホのテザリングでネットをする必要があり面倒。

LTE内蔵であれば、
本体を立ち上げた瞬間、どこでもネットにつながる

ThinkPad X270 やっぱりLTE対応が便利

急いでるときは圧倒的にLTE対応機種の方が楽で早いので・・・
思い立って仕事をするときはX270を使うことが多い。

X1 Carbon 2017は発売日に購入したため、LTE未対応
今はWWANカード搭載のLTE対応にカスタマイズできます。


いまいち生かし切れてないNFC


仕事も一段落して、ふとX270をNFC(近距離無線通信)対応に
カスタマイズしたことを思い出す。

普段はあまり使わないのですっかり忘れてる(笑)

NFC対応の場合、パームレスト左側にセンサーが搭載されます。

ThinkPad X270 NFCセンサーの位置

ちょうど手元にNFCでワンタッチWIFI接続できる
ソニーのコンデジ、RX-100 M5があったので、
X270のセンサーにくっつけてみる・・・

X270のNFCにRX-100のNFCを近づけて見るも・・・

がっ、何も起きないようだ。

スマホのNFCに近づけるとWIFIがつながって、
写真の転送が出来るけど
PCだとソフトが対応していないのか使えなかった。

スマホのNFCには連動できた

いまのところ、X270のNFCは
Bluetooth機器のペアリングに使ってる程度。

もうちょっと活用できればいいなと思いつつ
あると便利かもしれない・・・程度で
特に使い道を考えていなかったので、現状でも十分。


ThinkPad X270が届いた X260と違いはさほどないが、長く愛される定番機種


ThinkPad Type-Cドックをホテルで延長ケーブルがわりに・・・


ThinkPad X1 Carbon 2017をホテルの部屋で使おうと思ったら・・・

テーブルからコンセントまでの距離が微妙に長くて
ACアダプターのケーブルが届かない。

ThinkPad USB Type-C ドックを延長ケーブル代わりにX1 Carbonを使う

ベッドの上だとリラックスしすぎてしまうし・・・
どうしようかなと悩んでふと思い立つ。

ThinkPad Type-Cドックを延長コード代わりに使うことに。

ちょうどよいケーブルの長さ

ドックにACアダプターを接続。
さらにドックからUSB Type-CケーブルでX1 Carbonをつなげるため、通常より、50cmほど電源ケーブルの距離が長くとれる。


本当はホテルのテレビにつなげて
デュアルディスプレイにする予定だったけど断念。

テレビまで遠かったのでマルチディスプレイは断念

ドックのDisplyaportからHDMI端子への変換アダプターを忘れたし、
テレビからデスクまで距離があったり

ホテルのテレビが壁にぴったりついていて
HDMI端子につなげられないことが判明。

トリプルでテレビにつなげられない条件がそろった(笑)

ま、初めて宿泊したホテルなのでこういうこともあります。


それでもUSB-Type-CドックにSDカードリーダーや
デジカメを接続、スマホも充電中。

USB Type-Cドックでデジカメ接続、スマホ充電

X1 Carbonに電源供給しつつ、写真や動画の取り込みなど
ドックがあると何かと便利です。


ThinkPad X1 Tablet USB Type-Cドックをつなげてデュアルディスプレイ


キーボードが静かなノートPC ThinkPad X1 Carbon 2017でひたすらタイピング


精神と時の部屋!?のように真っ白で殺風景な
病院の待合室で14インチのThinkPad X1 Carbon2017

キーボードが静かなノートパソコン ThinkPad X1 Carbonでひたすらタイピング

待ってる時間、あまりにも手持ちぶさたでもったいないので
X1 Carbon 2017 英語キーボードを使ってひたすらタイピング。

PCやスマホが禁止されてるわけじゃないけれど
手術室が近いので、いちお、機内モードにしてオフライン作業。

周りに迷惑にならないよう
注意してキーボードをたたいてます。

x1 Carbon 2017 バックライトキーボードを点灯

毎年モデルチェンジするごとに、
X1 Carbonキーボードの打鍵感が微妙に異なっていて
打ちやすさはそのままに、さらに静かに打てるのがいい。

当然、キーをはじくように強くたたけば音はしますけど
静かに打とうと意識すれば、
カチャカチャ音をほとんどださずにタイピングできる。

こういった公共の場所では威力を発揮します。

静かに打ちながら作業をしても
ストレスにならないのがいいですね。

x1 Carbon 2017 英語キーボードが打ちやすい


最近はスペースやエンターキーが横に長い
英語キーボードのみ使うようになってきた。

慣れると、ホームポジションからの移動が
日本語キーボードより少なく、高速にタイピングできる。


いままではちょっと大きいなと感じていた
14インチのノートパソコンですが・・・

X1 Carbon 2017 14インチでこのサイズ感たまらない

サイズが小さくなった X1 Carbon 2017は
14インチとは思えないコンパクトな取り回しができる

さっと取り出して、ガッと作業して、ぱっとしまう(笑)
出先でもスマートに使えてます。


ThinkPad X1 Carbon 2017 サイズが小さくなってテーブルの狭いカフェでも便利