ThinkPad X1 Carbon シルバーの実機は思った以上に・・・ブラックとの違いも


1年半の時を経て開封された ThinkPad X1 Carbon 2017 シルバー。

お世話になっている社長さん専用で箱のまま渡したので、現物を見たことなかったが、会う機会があった時にわざわざ実機を持ってきてくれた。

ThinkPad X1 Carbon シルバーの実機は思った以上に・・・ブラックとの違いも

シルバーの X1 Carbonを見た瞬間、出た言葉が・・・

かっこいい

自分でもまさか、この言葉が出たのは予想外だった。

というのも14年以上 ThinkPad を使い続けてきて、 ThinkPad といえば黒のイメージしかなく、ブラックだからこそ ThinkPad でしょという思い込みがある

なので、2017年 X1 Carbonにシルバーの構成が発表された当時の写真を見たときは違和感を覚えたものです。

X1 Carbon シルバー 英語キーボード

シルバー発売当初、気にはなっていて、ブログのネタとしては使ってみたいけど、やっぱり黒だよなというのが正直なところでした

今回、実機を見てびっくり!シルバーもいいなーと。

写真で見たときはどこか安っぽさを感じましたがX1 Carbonのシルバーを手に取るとそんなことは全くなかった。


X1 Carbonブラックとシルバーの違い


ちょうど手元にあった ThinkPad X1 Carbon 2017のブラックと社長!さんのシルバーを並べてみる

X1 Carbon シルバーとブラックの違い

材質は天板がカーボン。ボディ部分がマグネシウム合金の複合素材。ブラックもシルバーも同じです。


ブラックの天板(液晶の裏側部分)はつや消しのマットな質感で高級感とかっこよさを演出。
シルバーはさらさらとした感触。本体を出した途端ぱっと明るくなり温もりを感じる。

X1 Carbon シルバー ブラック 天板部分

シルバーのカーボンってあまり見ないので、プラスチックでも、金属でもない不思議な感じですが、過去、X1 Carbon 2016以前の天板と感触だけは似ている。

ボディ部分の金属もブラックとシルバーではパームレスト(キーボード手のひらが当たるところ)や底面の質感が異なる。

X1 Carbon シルバー ブラック パームレスト部分

ブラックは天板と同じくマットな塗装 シルバーは金属の削り出しではなく塗装が施されていてサラサラしてる。

天板とボディの材質は違えど、同じ質感なので、言われなければ材質の違いに気づかないほど。


シルバーはここがよい!


しばらく社長!さんのX1 Carbonシルバーをべたべたと触りまくって気づいたことがある。
そう、汚れが目立ちにくい

ブラックの場合、つや消しマットでかっこよさは抜群だけど、長時間タイピングして手汗や皮脂が浮き出てくると汚れが目立ちやすく、落ちにくい。

ハンドクリームやオイルを塗った手でタイピングやX1 Carbonを持ったりすると、ボディー全体に汚れが付着し、そのまま使い続けているとまだら模様が目立つんですよね。

X1 Carbon シルバー ブラック 広げて重ねる

車を持ってる方はよくご存知かと思いますが、ブラックはかっこいいけど泥汚れや擦り傷が目立つ。
洗車が面倒だから汚れが目立ちにくいシルバーメタリック系の色の車を選ぶことが結構あるんですよね。

シルバーボディーのX1 Carbonは汚れが目立ちにくく、さらさらとした塗装なので、さっと柔らかい布でぬぐうときれいになりそうでした。


シルバーのボディに白色のキーボードバックライトもブラックとはちょっと違った雰囲気でこれまたいい感じ。

X1 Carbon シルバーとバックライトのコントラストもよい感じ

キーボードのキーの材質はブラックと同じで、もちろん、定評のある打ち心地もそのままで抜群です。


塗装がはがれても・・・


ブラックのThinkPad X1 Carbon 2017を持ち運んでわずか数か月。
本体をバックから出し入れしていると本体底、側面の塗装が剥げた。

塗装がはげたThinkPad X1 Carbon 2017 ブラック

金属の地の色がシルバーなので、本体がブラックだと目立つ。

本体に塗装が施されている以上、持ち運んで本体とケース、バッグがすれるような使い方をしていると、塗装が剥げるのはある程度しょうがない。

ただ、本体色がシルバーなら、色が剥げても目立ちにくいと思われます。

ブラックよりもシルバーのほうが汚れが目立ちにくかったりと実用性は高いかも。


バッグや好みに合わせて色を選べる喜び


いままで、ThinkPadを何十台と購入してきて、色を選択する概念は皆無だった。

日本では20年以上、本体色はブラックに統一されていて、それがThinkPadのアイデンティティーでもあったがゆえにシルバーのX1 Carbonが発売さた際、違和感があったんだと思う。

ただ、シルバーの実機を見て、
色をカスタマイズできるのはいいな!と思った。

というのも、社長!さんがX1 Carbonシルバーをしまっていたバッグが白のグローブトロッターのブリーフケース。

こんな感じのやつ。

X1 Carbon シルバーを入れてるバッグ

白のバッグから取り出されるシルバーX1 Carbonは想像以上にかっこよかった。

シルバーはどんな色にも合うとは思いますが、バッグと同系色でPCをそろえるなんてのはおしゃれすぎるなーと。

靴やネクタイ、バッグは着ているものに合わせたりするけどPCをバッグに合わせるなんて発想はなかった。

X1 Carbon シルバー 次に選ぼうと思ったのに・・・

ThinkPadは黒でなんぼでしょってのが個人的な感覚ですが、今回、初めて色を選べる喜びがあるってのもいいなと感じた。


絶滅寸前!シルバーはレア


X1 Carbon 2017 シルバーの実機を手にしてみて、今年(2019年)6月に発売予定のX1 Carbon 2019 第7世代はシルバーで購入しようと思ったけど・・・

ニュースサイトなどの情報によると、シルバーはなくなり、ブラックのみに戻ってしまうようです。

となると現在発売中のX1 Carbon 2018でシルバーが選べるのは終了の見込み。

シルバー x1 Carbon は2019年から選べなくなる

過去Eシリーズでもゴールドやシルバーが選べる世代がありましたが、日本では軒並みブラックのみに戻ってしまってるよう。

シルバー欲しかったんだけどなー。

X1 Carbon 2017を持ってるだけに、あまり違いがないX1 Carbon 2018を買うのも・・・ということで、シルバーと縁がなさそうな雰囲気です。



ThinkPad X1 Carbon 2018が大幅割引中です

レノボの直販でThinkPadをカスタマイズ
ThinkPadが大幅割引で購入できます。

割引クーポンを確認する


カートの最終画面で、クーポンを適用すればThinkPad X1 Carbon 2018が大幅割引です。