ThinkPad T440s SSDへ換装(HDD交換)する手順

ThinkPad T440s SSDに換装する手順(ハードディスク交換方法)

T440sのSSDを交換する前に準備すること

最低限、この2つは必要です
ThinkPad X240 SSD換装準備

SSDにデータを復元するためのメディアを作成
ThinkPad X240のリカバリー・メディアの作り方

T440s底面のカバーを外す前にしたほうがいいこと
X240s 内蔵バッテリーの無効化 SSD換装の準備

※記事はX240やX240sがベースになっていますがT440sでも同じです



準備が出来たら、T440s SSDへ換装スタート!


リアバッテリーを取り外して、背面カバーにある8本のねじを緩めます。
(ねじにストッパーがついてるので完全には外れません)

リアバッテリーを取り外して背面の8本のねじを緩める

背面カバーを外すと、左下にハードディスクが配置されています

T440s ハードディスクの位置はここ

ハードディスクが固定されてる1本のねじを外します

T440s HDDを固定してる1本のねじを取り外す

ねじが外れたらHDDを軽く上に引きあげながらスライドさせて
本体からハードディスクを取り外します。

T440s HDD取り外し 上に引き上げながらスライドさせる

ハードディスクの周りについてる樹脂製の黒い固定パーツを外します
手で引っ張れば簡単に取り外しができます。

T440s ハードディスについてる樹脂製の固定パーツを取り外す

そして、取り外した固定パーツをSSDに取り付け、
あとは逆の手順で組み上げればSSDへの換装は完了です。


ThinkPadX240s 換装したSSDにリカバリーメディアで復元する
※ThinkPad T440sでも同じです。


256GBなのにえっ?というお値段のSSD



X240、X240s トラックポイントの感度を原始的に調整する方法


ThinkPad X240、X240s、T440s、T440pの
トラックポイントの感度(速度)の調整は
基本的にコントロールパネルから出来ます

X240、T440s トラックポイント 重さ・感度の調整【動画】


トラックポイントの感度を一番軽い設定にしてX240を使い、
2ヶ月弱たった友人から感度が悪くなって腕が疲れると報告がありました。

ThinkPadX240 トラックポイントの感度が悪くなったのは陥没したから?!

よくよくX240のトラックポイントを見てみると
強く押しすぎるがあまり、陥没?してる(笑)

写真ではちょっと分かりづらいかもしれませんが
ぺたっと、ボディに張り付いていました。

ちなみに、トラックポイントの感度の設定では
一番軽い設定にしてるのでこれ以上、軽くするのは無理。


トラックポイントキャップにはストッパーがついてますが
あまりに力強く押し込んだせいかストッパーを超えて
キャップがキーボード側に埋まってしまったようです。


そこで、超原始的ではありますがストッパー代わりに
いらなくなった官製はがきをキャップの穴のサイズに切って入れてみます。

官製はがきをトラックポイントキャップの大きさに合わせてカット

紙を入れるコツはキャップの穴よりちょっと大きめに切って
キャップを下に向けても紙が落ちないようにします。
(つま楊枝など先のとがったものを使うと入れやすいです。)

トラックポイントキャップに紙を入れて底上げする

すると、切った官製はがきがストッパーの役割を果たして
トラックポイントキャップが陥没するのを回避できました。


ストッパーを入れる前と入れた後、
あきらかに、キャップが底上げされているのが分かります。

X240トラックポイント底上げ ビフォーアフター
※クリックで拡大できます

写真ではほんのちょっと紙を入れた方が浮いていますが
トラックポイントの感度は格段に軽くなります。

キャップに紙を入れればいれるほど、てこの原理で感度が軽くなって
少しの力でポインタが動くようになります。

ただ、あまり紙を入れすぎてしまうと
液晶画面を閉じたときにキャップが液晶に当たります。


キャップが液晶を圧迫して汚れがついたり、
故障の原因にもなりかねないのでご注意ください。


参考までに官製はがきの厚さだとX240で3枚、
私のX240sだと1枚入れるといい感じになりました。

トラックポイントキャップに紙を3枚入れるといい感じ
トラックポイントキャップを底上げしたら
友人も超、使いやすくなったと喜んでいました。

トラックポイントキャップが陥没して
指が疲れるという方はお試しください。
(自己責任の範囲内でどうぞ)


OCNモバイルONEのつながりやすさ なぜかXi(クロッシィ)よりも快適


ThinkPadの外出先でのネット環境に
ドコモのクロッシーを解約して
OCNモバイルONEに切り替えたんだけど・・・

OCNモバイルワンに切り替えてよかったこと

ちょっと不思議な現象が起きていて

OCNモバイルONEに切り替えたら
なぜか、快適につながっています。


具体的に何が快適なのかというと、

ドコモのクロッシーを使っていたときは
ブラウザでサイトを間髪入れずに連続して開いたときに
一時、回線が切れたりしていました。

なので、3つのサイトを同時に開きたいときは
1つのサイトのデータがすべて表示されるのを待ってから
次のサイトを開くという、面倒きわまりないことになってました。

OCNモバイルONEに乗り換えて
ある程度のサイト数をいっぺんにまとめて開いても
問題なくデータを受信してくれます。

実験的に10サイトまとめて開こうとしたら
さすがに止まりましたが(笑)

もしかしたら、端末の問題とか
機種との相性なのかもしれないけど
このあたりはうれしい誤算。

月額利用料は圧倒的に安くなったし、
都内ならつながらなかったことはなし。
通信品質も、今のところ、快適です。


ドコモのXi(クロッシー)通信料が3,614円安くなった


ThinkPad X240sを使い始めて、変わったこと


昼食後20分、時間が空いたので
カフェでThinkPad X240sを開いて一仕事

ThinkPad X240sを使い始めてから変わったこと
ThinkPad X240sのスペック・詳細情報


昨年の8月31日にThinkPad X240sが届いて
8ヶ月以上、ほぼ、毎日使っていますが


一番変わったことは・・・

ちょっとした隙間時間でもX240sを気軽に開いて、
ちゃちゃっと仕事をするようになったことです


ThinkPad X240sの前はX200sを使っていて
どこに行くのにも持ち歩いてはいたけど

今のように頻繁に出し入れして、
パソコンを開くようなことはなかった。

時間が空いても、
まぁ、家に帰ってからやればいいかな
という感じでした。


X200sは電源入れるだけでも1分以上かかったから
心理的な障害が多少あったんだろうなーと
X240sを使い出してから気づきました。

Windows8搭載のX240sの起動時間は
わずか10秒ちょっと。全くストレスになりません。

あとはX240sの薄さと軽さも
気軽にPCを取り出せる大きな要因ですね。


ライフスタイルが変わるThinkPad X240s

Windows8の起動時間とThinkPad X240sの指紋認証【動画】
ThinkPad X240sのレビュー 開けた瞬間、持ち運びたくなったウルトラブック


質問くださった、Mさんより「不安が楽しみに変わりつつあります」


ご質問に回答させていただいたMさんより、
返信をいただきました (^O^)


質問のご返答、およびご連絡ありがとうございます。

ディスプレイの切替解説ありがとうございます。
x240sはWin8.1で注文しているので、頂いたご回答でばっちりです。

ご質問への回答
X240 プロジェクタや外部ディスプレイへの出力切り替えは?

なにぶんThinkPadをしっかり使うのが十何年ぶりなので
いろいろとわからないところがあり不安になっていたのですが、

シン様のホームページで詳細に解説していただいた
内容を読ませていただき、不安が楽しみに変わりつつあります。

※特にタッチパッドの設定はお店で実機を触って不安に感じていた
 ところだったので、設定で対応できるようでほっとしました。

トラックポイント 重さ・感度の調整とタッチパッド無効のやり方動画


最低3年間はx240sと付き合っていくことになるので、
これからもシン様のブログで色々と勉強させて頂きたいと思います。

今後、端末が到着して疑問が出てきたら、
再度質問させていただきます。
そのときはどうぞよろしくお願い致します。


Mさん返信ありがとうございます!

なによりも不安が楽しみに変わったのが
ほんと、よかった~~~と思います。

ThinkPadが届くまで、不安があったり
届いてからも戸惑うこともあるかもしれませんが

X240sは使い込んで慣れてくると、どこにでも一緒に持って行きたくなり
愛着がものすごくわいてきています。

ぜひ、ThinkPadライフを楽しみましょう。

Thinkpad X240s ホノルル空港デルタのラウンジにて

ThinkPad X240sを使う中で疑問などがありましたら
お気軽にご質問ください。

時間がかかることもあるかもしれませんが
私で分かることは記事にするなどして
お役に立てればと思います。


ご質問はこちらからどうぞ

ThinkPad Xシリーズは持ち運ぶと良さがさらに分かる


ThinkPad Xシリーズは持ち運ぶと良さがさらに分かる


懐かしのThinkPad シリーズ第2弾(笑)

マイアミビーチ と ThinkPad X200s

マイアミビーチでThinkPad X200s
2011年2月の写真なので、比較的、最近ですね。


ビーチと空の色、海の色が何ともいえないマイアミビーチ
マイアミの海はきれい

マイアミ名物!ストーンクラブはかなりおいしかった。

マイアミ名物!ストーンクラブ


この当時使っていたThinkPad X200sは
今でも映像の録画機として現役です。

今でも現場で使ってるThinkPad X200s


X200sはそれこそ海外には10回以上
国内の旅には数え切れないほど持って行きましたが
故障などのトラブルはなく、今でも動いています。

ThinkPadのACアダプタは全世界共通で
電圧の違うアメリカに行ってもそのまま使えました。

ThinkPadのXシリーズって持ち歩くほどに
味が出てきて、どんどん愛着がわいてきます。


今のXシリーズといえばThinkPad X240

ThinkPad X240とX240sの比較 何が違うのか?


X240 プロジェクタや外部ディスプレイへの出力切り替えは?


Q. X240のプロジェクタやディスプレイの出力はどうやる?

次の業務用パソコンとしてThinkPad x240sを購入予定です
(現在ステータス:生産指示済)。

業務上、外部ディスプレイに接続する機会が多く、
場所に応じてプロジェクタだったり、ディスプレイだったりと
複数環境で使用する形になります。

Thinkpad自体を初めて使用するので、

インテルのグラフィックコントロールパネルと同じ様になるのか、
それとも独自のソフトウェアなどがあるのか
というところを教えていただきたいです。


多分とても初歩的な質問であると思うのですが、
どうぞよろしくお願い致します。


A. Windows8、8.1の場合、独自のソフトウェアなどなく、
  Windows自体の機能に組み込まれています


もちろん、インテルのグラフィックコントロールパネル内からも
ディスプレイの詳細設定をすることが可能です。


プロジェクタへの出力、マルチディスプレイのやり方

ThinkPadのD-sub端子あるいはディスプレイポートに
プロジェクタや外部ディスプレイを接続します。

画面、右上にカーソルを持って行きチャームを表示させ、
「デバイス」をクリックします。

チャームを表示させ、デバイスをクリック
※画像はクリックで拡大できます


「セカンドスクリーン」をクリックします。

セカンドスクリーンをクリック


4種類の表示方法があるので利用方法に応じていずれかを選択します。

4種類の中からディスプレイ出力方法を選ぶ


PC 画面のみ

文字通り接続した外部ディスプレイには表示させず
PCのみに画面を表示させる設定。

プロジェクタ投影時にセミナー参加者がいたりする場合
メールチェックや見せたくない操作をするときに便利です。


複製 ←プロジェクタ投影時にこれを選択

複製表示をすると同じ画面が外部ディスプレイに表示される
PC画面と接続先のディスプレイに同じ画面を出します。
主にプロジェクタに接続してプレゼンなどをするときに使います。


拡張 ←マルチディスプレイ時にこれを選択

拡張表示をするとマルチディスプレイで運用できる
自宅などでモニタ2つを使って作業領域を
広げて作業したいときに便利。
2つの画面をカーソルが行き来できます。


セカンドスクリーンのみ

4つの中では一番使用頻度が少ないのではと思う設定で
PC画面を消して外部ディスプレイにだけ画面を表示させる設定。



ThinkPadに限らずWindows8、8.1をお使いでしたら
外部ディスプレイ出力の切り替えはすべて共通の機能です。


チャームからすぐに出力を切り替えられるので
環境が頻繁に変わる場合でも便利かと思います。


解像度や画面の回転など細かな設定が必要であれば
インテル グラフィックスプロパティからも設定が可能です。

マルチモニタの位置関係の変更は
デスクトップで右クリックして「画面の解像度」から設定できます。

画面の解像度


Windows7の場合は・・・

手元にWindows7のThinkPad X240がないのでわからないのですが
おそらく、ディスプレイの出力切り替えにレノボ独自のソフトなどはなく、
インテルグラフィックスプロパティからの設定になるのではと思います。

もし、X240のWindows7をお持ちの方で「間違ってる!」と
お気づきのことがありましたらぜひ、情報をお寄せください


こちらの記事もご参考までに

ThinkPad X240sをフルHD対応 外部液晶モニターにつなげてマルチディスプレイ


海外にノートパソコンを持って行くならThinkPad


写真を整理していたら懐かしいものがでてきた。
いまから7年前、2007年3月の写真です(笑)

ラスベガスに向かう途中、経由地であるポートランド空港のスタバにて

ポートランド国際空港でThinkPad X60s
このころはまだThinkPad X60sでした。

日本のWIFI(当時はWIFIという言葉もメジャーじゃなかった)が
あまり整備されていない時代で、あってもホットスポットが
月額1900円ぐらいだったりと高かった。

ポートランド国際空港の無線LANが
無料だったことに驚いたことを思い出します。


このころから、旅の相棒として
必ずThinkPadを持って行っていました。


来春、ラスベガスに行くという噂があるので楽しみ。

ラスベガスベラージオの噴水
ラスベガスパリスヒルトン

やっぱり、海外に行くときもThinkPadが手放せません。


ThinkPadが丈夫で壊れないことを実感した出来事


ThinkPad X240s トラックパッドクリック感の変化


もう、しつこいんじゃないかと思うくらい
このブログではThinkPadの5点トラックパッドの感触を
お伝えしていますが、めげずに今回も(笑)

ThinkPad X240s トラックパッド 到着時期によって操作感が違う
ThinkPad X240sのスペック・詳細情報


CHKAKIさんのX240s を触らせてもらったところ
(2014年4月下旬到着機種)

堅さもちょうどよく、ダブルクリックもしやすい
自分の中で過去最高のトラックパッドを更新です。


今まで一番クリック感がいいなと思っていた
友人のThinkPad X240(2014年3月下旬到着機種)よりもさらに
CHKAKIさんのX240sのトラックパッドは押し込む力が軽くて、
ダブルクリックする感触が絶妙でした。

多少パコパコと音はするものの、
気にならないレベルかなと思います。


ThinkPad X240s 2014年4月下旬到着のクリックパッドの感触は?

逆に、私のX240sのトラックパッド(2013年8月下旬到着機種)を
CHKAKIさんに試していただきましたが、

「あっ、違う・・・・」

と、クリックの堅さに驚いてらっしゃいました(笑)


ん~新しいX240sのトラックパッドなら
指への負担も軽くなって仕事がはかどりそうです。

トラックパッドのクリックの感触は
直接作業に関わってくる部分なので

操作性の向上した新しいThinkPadを目の当たりにすると
なんだか、買い替えたくなってきます。


トラックパッドが進化!ThinkPad X240sを詳しく見る


ThinkPad X240s フルHD IPS液晶 マルチタッチとHD液晶の違い


ThinkPad X240sフルHD IPS液晶(1920×1080) マルチタッチ対応と
HD液晶(1366×768)を並べて比べてみる

ThinkPad X240s フルHD IPS液晶 マルチタッチ対応と HD液晶を並べてみる ThinkPad X240sのスペック・詳細情報


横に並べると違いは全くわかりませんが、
フルHD液晶 タッチパネル対応のX240sの方が厚くなる。

ThinkPad X240s FHD IPS液晶と 通常HD液晶の厚さの違い

フルHD マルチタッチ液晶にすることで
液晶部分が2mm厚くなり、約160g重くなる。


X240s FHDマルチタッチのほうが液晶部分が厚くなる

液晶部分が厚く、重くなるメリットとしては
本体全体の剛性がアップしてる感じ

FHD液晶を閉じるときは高級車のドアを閉めるような
重厚感があって、持ったときに安心感があります。


そして、なんと言っても、液晶とベゼル部分が一体となっていて
段差がないのがすっきりしていて、かっこいいですね。

X240s FHD液晶はベゼルと液晶の隙間がないのでデザイン的にもかっこいい

通常ディスプレイのX240sだとベゼルと液晶にわずかな段差があって、
隙間にゴミが入ってとれなくなったりしてます。


マルチタッチ対応 半光沢のIPS液晶は抜群にきれい

X240sのフルHDマルチタッチ液晶は非光沢というよりも半光沢

ThinkPad X240s フルHD タッチパネルは非光沢というよりも半光沢
通常のHD液晶よりはてかりがあります。

電源を落としたときは液晶画面に映り込みがあり、
指紋も若干、目立ちますが、通常使っているときは全く気にならならないです。


逆に言うと、半光沢の液晶の影響で
IPSの良さを最大限に引き出してるかも


X240でマルチタッチ非対応のIPS液晶と比べてみると
同じIPS液晶なんですがマルチタッチ対応の半光沢な画面が
色鮮やかで細かい文字もはっきり見えて、表示がめっちゃきれいです。

ThinkPad X240s FHD IPS液晶は抜群に描写がきれい

写真ではお伝えできなくて残念なのですが
隣に並べた私のHD液晶に比べるとまったくの別物。
あらためて、IPS液晶はいいなぁと感じました。


12.5インチ液晶にフルHDは見にくくない?

最初は12.5インチにフルHD解像度は文字が小さくて焦ったと
CHKAKI(ちかき)さんがおっしゃってました
今では慣れて、全く問題ないそうです。

それよりも、エクセルなどで作業範囲が広がることの方が
魅力的だと話していました。


うーん確かに!X240sのきれいなフルHD液晶を見ていると
12.5インチのフルHDが合わないと思ってる自分ですら
しばらく使ってれば慣れるかもという気になります。


予想以上にタッチパネルが便利

CHKAKIさんはフルHDのX240sが欲しくて購入して
液晶がマルチタッチ(タッチパネル)対応は特に期待してなかったんですが
実際に使ってみると予想以上に便利だそうです。

ThinkPad フルHD IPS液晶 タッチパネルは予想以上に便利
X240sの実機を私もタッチさせてもらいましたが、普通のスマホのように
パソコンの画面を指で操作できるのは新感覚でした。

タッチの感度が高くて普通のスマホレベルで拡大したり、スクロールしたり出来るので
キー操作とうまく組み合わせればかなり便利かも。


カバーに入れず持ち運べる
堅牢性と携帯性が魅力のX240s


CHKAKIさんと初めてお会いするとき、目印代わりに
X240sを裸のままで抱えてカフェに入ってきました。

おお~~~!CHKAKIさんって叫びそうに(笑)

ThinkPad x240sのメタリックでスリムなボディが
パソコンを持ってるとは感じさせないかっこよさがありました。

ノートPCってカバーに入れてさらにバッグにいれて
大事に持ち歩くというイメージでしたが
なるほど!ThinkPadだったら裸のまま持ち歩くのもありかも。

X240sのフルHDマルチタッチを液晶を選んで
若干、重く、厚くなったのは残念だけど、実際に使ってみて、
結果的には大満足だと、CHKAKIさんがお話してくれました。


フルHD IPS液晶に対応したThinkPad X240s

初代ThinkPad X1 CarbonからX240s フルHD IPS液晶に買い替えた理由
ThinkPad X240s フルHDが届きました!とりあえずは簡単な感想を・・・
ThinkPad X240s フルHD高解像度 マルチタッチ非対応はないのか?