新幹線のWi-Fiスピードをチェック(東京から新大阪間)


品川から新幹線に乗って新大阪へ
1泊2日の出張?!というかミニ旅?!かな・・・

新幹線 700系 のぞみ 東京から新大阪間でWIFIにつなげる

ワイヤレスゲートのBBポイントを使って
新幹線車内でインターネットに接続。

新幹線でインターネットがつながる


スピードはかなり遅いので
メール送信やネット閲覧、ブログ更新程度まで。
YouTubeなどの動画を見るのは厳しいですね。

新幹線 インターネットの速度を計測してみた
下り:1.06MB/S
上り:0.12MB/S



700系の「のぞみ」グリーン車内はコンセントが肘掛け部分にあって
電源がとれるので安心感があります。

新幹線700系のぞみのコンセント
新幹線700系のぞみのコンセントにThinkPadX240sをつなぐ

ネットもつながったし、電源もとれるので
新大阪につくまで一仕事しよう。


新幹線でネットにつなげるならこれ



ThinkPad X240 をプロジェクタにつなげて映画上映会


ハワイで撮影した映画の上映会をThinkPad X240を使って行いました。

ThinkPad X240 をプロジェクタにつなげて映画上映会
今回の映画の脚本、監督、プロデュースをしていただいた
いつもお世話になってる社長!さんのThinkPad X240

仕事の出来る人がもつX240って気のせいか違って見えます・・・



映画館を借りるのはかなり経費がかかるので
普通の会議室を借りて、スピーカー持ち込みです。

ヤマハステージパス 300を使って映画上映会

X240のD-SUB端子からプロジェクターへ接続。

会議室で映画上映会

音声はイヤホン端子から、ミキサーへ入力しました。

ThinkPad X240 イヤホンジャックから ミキサーへ そしてスピーカーへ

ヤマハのステージパス 300のミキサーからスピーカーにつなげて
ThinkPad X240で再生する映像の音声を出力。

ヤマハステージパス 300 ミキサーに ThinkPadX240を接続

パソコンからミキサーに音を入れると
ノイズがひどくて使えないというプロの声もあるようですが

ミキサーに音を入れてもノイズは意外に少なく、
なかなか迫力の音が出ました。

とはいっても、普通の会議室でしたので
あまり爆音を出せないのは残念なところです。


ヤマハのSTAGEPAS 300といえば・・・

ちょっとしたイベントやライブも出来る
ミキサーとスピーカーのセットですので
今回の上映会にはオーバースペックでしたが

上映会の雰囲気が出てかなりいい感じでした。

小規模の映像公開ならこの形は手軽でいいかも。

ここにビデオミキサーとか入れて、
映像のミキシングも出来るとさらにおもしろそう!と
ひとりワクワクしてました(笑)


X240 プロジェクタへの出力切り替え方法


茶酒 金田中でランチ(表参道)


東京メトロ表参道駅 A1出口を出てすぐにある
茶酒 金田中のランチをいただいてきました。

茶酒 金田中 でランチ

ランチタイムは14時まででぎりぎりに行きましたが
店内は、女性を中心にお客さんが結構いました。

料理はハーフポーションで
好みの料理を2つ選ぶことが出来ます。


まずはじめに
夏野沢煮と 冷製 唐もろこし摺り流し

夏野沢煮と 冷製 唐もろこし摺り流し


えらべる1つの目の料理は水無月寄せ鍋ご飯

水無月寄せ鍋ご飯

中には・・・
鱧 鯛かぶと 鳥貝 鶏腿肉 団子 巻玉子 牛蒡 白芋茎 椎茸



選べる2つ目の料理は冷製じゃこ茶漬け

冷製じゃこ茶漬け

いいおだしがとれていて味はお上品
量が少なめで種類が豊富なので女性に人気なのが分かります。



締めにずんだ餡汁粉 峰岡豆腐とお抹茶。

ずんだ餡汁粉 峰岡豆腐とお抹茶

器もステキです。

茶酒 金田中 器もハイセンス

ランチ時間を過ぎると徐々に人も減ってきて
店内もゆったりとした時間が流れています。


基本的には和カフェということですので
ちょっとしたおもてなしをするのにも使えそう。

ランチ時間を外せばPCで一仕事するのもいいかもしれない
実際に読書されてる方もいらっしゃいました。

茶酒 金田中 とThinkPad X240s


オープンテラスというわけじゃないんだけど
扉が開け放たれていてかなり開放感があります。

茶酒 金田中 オープンで開放感があり、高級感の漂う雰囲気

表参道はおしゃれなカフェが多いけど
さすが金田中、普通のお店とはひと味違う、
いい雰囲気でした。


上島珈琲で打ち合わせ、ノートパソコンを置くスペースがないときは・・・


朝一番に上島珈琲で打ち合わせ。
webサイトの修正などをしていました。

上島珈琲に限らずだけど、カフェのテーブルって狭い・・・

上島珈琲でThinkPad x240s

向かいの女性社長さんがレッツノートをテーブルの上におくと、
ThinkPad X240sを置くスペースがほぼ、なくなる。

隣の座席はあいにく空いてなかったので
膝の上にThinkPadを乗っけて作業していました。


X240sの前に使っていたThinkPad X200sだと
重くて、ちょっと使っていると本体に熱を持って

長時間、使っていると本体からの熱が
膝に伝わってきて、気持ちわるーってなってました。

X240sを使い始めてからは本体は軽いし、熱もさほど伝わってこないので
膝の上での作業が長時間、快適に出来るようになりました。

ノートパソコンを持ち歩いていろいろな場所で使っていると
スペースがなくて、膝の上でX240sを広げる機会が結構あります。


ノートパソコンをひざの上でつかうなら、何インチ?


ハワイでノートパソコンを持ち歩く 旅先での使い方 まとめ


3泊5日の弾丸ハワイの旅では
常にThinkPad X240sを持ち歩いていました。

ThinkPad X240s ハワイでの使い方
ThinkPad X240sのスペック・詳細情報



今回は急きょ、映画撮影があったので
ソニーのNX3という業務用カメラを片手に
ハワイで出会ったアロハなバックにThinkPadを入れて・・・


アラワイ運河沿いを歩き・・・

アラワイ運河を歩いて・・・


ダイアモンドヘッドが独り占めできる特等席に行き、
日陰で動画編集なんてこともできました。

ダイアモンドヘッドを独り占めしながら動画編集
だだっ広い芝生の上でのパソコン作業もなかなか乙なもんです。

欲を言えばThinkPad X240sのバッテリー持続時間が
もう少し長ければいいなと思いました。

adobeのpremereという動画編集ソフトをつかって
バリバリ編集作業をしていると実質のバッテリー駆動時間が3時間ぐらい。

気持ち、あと2時間持ってくれるといいんですが、
まぁ3時間以内で出来ることをと考えると作業もはかどります。


長時間の作業ならばThinkPad X240に大容量バッテリーが最強です。

ただ、重さも1.57kgとX240sより約300g重くなるので
この辺は、用途に応じて選ぶといいでしょう。



ロケ地として使ったマイタイバーにて・・・

マイタイバーでThinkPad X240s


日の出を待ってる間にThinkPad X240sで一仕事

日の出を待つ間にThinkPad X240s

ホテルの部屋では寝てるか
ThinkPad X240sで動画編集してるかのどちらか(笑)


日の出を見ながらモーニングコーヒー

日の出を見ながらコーヒータイム


最終日は飛行機の出発時間が遅れたので空き時間に
ワイキキビーチコマーホテルのロビーで動画編集。

空き時間も有効に使える旅先でのノートパソコン

実質ハワイにいたのは3日ですが、ThinkPadがあってよかった。
というか、なかったら仕事になりませんでした。



タブレットやスマホではできないことを旅先で・・・

タブレットの重さは約500g、
一方、ThinkPad X240sはSSD換装済みで 1.29kg

倍以上の重さがありますが、ノートPCでできることを考えると
むしろ、この重さは持ち運ぶのにも気にならないです。

スマホやタブレットだと動画編集は厳しいですし。
ブログ投稿もかなり非効率です。

出来ることが限られてくるので
やっぱり、旅にはノートPCがいいです。


ワイキキのビーチサイドで撮影した動画をその場で編集したり、
滞在中に撮影した写真を整理してブログを更新したり・・・


Thinkpad X240sとソニーNX3を常に持ち歩く・・・

ハワイにいる間に形にできるってのが大きいですね。
これ、日本に帰ると一気に熱が冷めてやらないことがほとんどなので(笑)


映画の編集も大まかなものはハワイでほぼ完成していて
あとは細かい編集やBGMの選定などを日本に戻ってやりました。


ワイキキビーチとThinkPad X240s

ハワイの空気感みたいなものを届けるためにも
旅先で撮影したものはその場で加工できると、
見ている人に届くものが変わってくるんじゃないでしょうか。

ThinkPadのおかげで、刺激的なハワイでした。


旅先に持って行くならThinkPad X240s




ThinkPadと旅に出よう ハワイ編


椿山荘でイブニングキュートティーと蛍の夕べ


椿山荘のロビーラウンジ ル・ジャルダンでイブニングキュートティー。

イブニングキュートティーのスイーツ

お目当ては都内で見られるほたる鑑賞で
その前に仲間12人でお茶していました。

まずはThinkPadと記念撮影。

椿山荘でThinkpad X240s
今回は仲間とだったのでPCで作業する時間はありませんでしたが
ホテルのラウンジだと、雰囲気もいいので仕事がはかどりそう。



椿山荘 ル・ジャルダンでイブニングキュートティー

女子が喜びそうなあじさいとカタツムリのスイーツ

イブニングキュートティー あじさいとカタツムリ
イブニングキュートティー スイーツ
イブニングキュートティー サンドイッチ

紅茶は香り高くてかなり、おいしかったです。

イブニングキュートティーの ティーがおいしい~~

お目当ての蛍は数匹見られました。
(写真はピンぼけですが・・・)

椿山荘で蛍観賞

小さい頃、親の実家であたり一面、全部が蛍というのを
体験したことがあるので物足りなさもありましたが
都内で久しぶりに蛍を見られてちょっとほっこりです。


パソコン教室の動画編集ソフトはアドビのプレミア


知り合いの社長さんが運営するパソコン教室で
映像の撮影、編集スキルを身につけるセミナーに
サポート講師として行ってました。

パソコン教室の講師として・・・

パソコン教室に準備されたPCはThinkPadではないですが、
レノボのGシリーズにadobeのPhotoshopや動画編集ソフトpremiereが入っていて
36人の受講生の皆さんがその場でソフトの基本をマスターしていました

adobeのプレミアが入ったパソコンを使って映像編集

高性能でシンプルなノートPC、Gシリーズでも
意外にadobeの重たいソフトが動きます。

仕事で使うにはちょっとスペック不足ですが
軽い編集作業であれば使える感じ。

自前でノートパソコンを持参していた受講生さんもいらっしゃいましたが
スペック不足でPCが固まってしまう人も結構いました。

レノボのGシリーズがパソコン教室のノートPCとして使っていた

レノボのGシリーズはトラックポイントがなく、マウスが必須なので
ThinkPadユーザーな自分にはちょっと物足りなさがあります。

あと、やっぱり、ハードディスクだと
ソフトの動きが遅いですねー


今回は仕事として映像の技術を身につけるセミナーなので
編集で使うノートPCはせめて、ThinkPad程度のスペックと
操作性と持ち運びの良さがあるといいなと思いました。


ノートパソコン+SSDで動画編集が想像以上に快適だった


おしゃれなパソコンバッグを持ってアラモアナへ


X240sがぴったり入るアロハなバッグを持って
アラモアナショッピングセンターへ

アラモアナショッピングセンターへおしゃれなバッグを持ってお出かけ

肩掛けできるので左肩にバッグをかけて
右手に業務用カメラをもってハワイの景色や映画を撮影。

肩掛けできると両手が自由に使えるので
通常のパソコンバッグよりも動きやすいです。


アラモアナショッピングセンター内の
日本食やお弁当が食べられる白木屋で・・・

アラモアナショッピングセンターの白木屋でアロハなバッグ
コンパクトなのでテーブルの上にぽんと置けるのも便利



バッグの中身はこんな感じ

アロハなバッグの中身
ThinkPad X240sがぴったり入って財布2種類と
カメラの予備バッテリー。小さなポケットには部屋のキーカードなど
バック自体はコンパクトだけどいろいろと入って、かなり満足。


パソコンをそのままバッグに入れるのって
ちょっと抵抗がありました。

大事なThinkPadに傷がついてしまう~~みたいな。
その割には平気で落としたりしてるんで、意味ないですね(笑)

ThinkPadならば頑丈だし、まぁいいかという感じで入れてみたけど、
裸のまま入れてみたら全然気にならない、

むしろ、取り出してすぐに使えるので
ケースに入れるよりも便利かもしれない。


アロハなバッグのおかげで外出が楽しくなります。


ハワイで出会った軽くてアロハなバッグ


ノートパソコンをひざの上でつかうなら、何インチ?


ホノルル空港で飛行機が1時間遅れたので
ベンチに座ってThinkPadを膝の上において仕事してました。

ノートパソコンを膝の上で使うのならば・・・

左は私が使ってる12.5インチのThinkPad X240s
右は女子友達が使ってる14インチのThinkPad E440

友人がレンタルしたグローバルWIFIでネットにつなげると
ハワイでも、日本と同じように普通に仕事が出来ます。


14インチでも膝の上で作業するには問題ないかと思いますが
足の幅からパソコンが飛び出てしまいます。

電車内など、スペースのない場所だと
12.5インチの大きさがちょうどいいですね。


ホノルル空港でThinkPad X240s

最近のThinkPadであれば不快な熱も持たなくなりました。

web閲覧やテキスト入力エクセルやワードの編集
比較的CPUに負荷のかからない作業ならば
足に本体の熱を感じることなく作業出来ます。


14インチのE440だと重量が約2.12kg

さすがに2kgをこえると膝の上で長時間の作業は
ちょっと、つらく感じそうです。


SSDに換装したX240sの重量は1.29kg

1年近くX240sを使っていますが、
今まで膝の上に置いて作業していて
重いとか、不快に感じたことはないです。

ひんぱんに膝の上で使用するのであれば
重量が軽いこと、サイズがポイントになります。


X240s SSDへの換装手順 HDDの交換方法 【動画つき】
東京タワーの見える芝公園でアウトドアThinkPad


ハワイで出会った軽くてアロハなバッグ(X240sがぴったり入る)


ハワイのKona Bay Hawaii(コナベイハワイ)で出会った
ThinkPad X240sがぴったり入るハワイアンなバッグ。

Kona Bay Hawaii(コナベイハワイ)でであったハワイアンなお気に入りバッグ

いつもお世話になってる社長!さんに買っていただきました。


いままで、バッグと言えば真っ黒でいかにも
ビジネスマンという感じのものしか持っていませんでした。

軽くてかっこよくて持ってるだけでテンションが上がるので、
持ち物って大事かも。ってあらためて思ってます。

しかもThinkPad X240sがぴったり入るのでかなりのお気に入り。

Kona Bay Hawaii(コナベイハワイ)でであったハワイアンなバッグ


日本でもちょっとしたおでかけの時に重宝しそう。
コンパクトでサイズ感もちょうどよくて持った感じも絶妙です。

Kona Bay Hawaii(コナベイハワイ)のバッグとアロハシャツ

ちなみに上着のアロハシャツも以前に
コナベイハワイで、これまた社長!さんに買っていただいたもの。

着心地がそんじょそこらのアロハシャツと違って
めちゃくちゃ気持ちがよくて涼しいんですよね。

そして、袖を通すと背筋がしゃきっとなって
自分にとって特別なアロハシャツです。

ハワイに来たときはきまって、コナベイハワイのアロハを着ています。



今回はアロハシャツではなくて、X240sのパソコンケースを購入。

コナベイハワイでパソコンケースを購入

ハワイアーンな柄がいいんですよねー

このあと、Kona Bay Hawaiiのオーナー、KCさんに
地元の人しか行かない秘密のお店を紹介していただきました。

おいしかったなーーーー



そうそう、

Kona Bay Hawaiiの店内は現在公開中の映画
榮倉奈々さん主演の「わたしのハワイの歩き方」ロケ地としても使われてます。

わたしのハワイの歩き方ロケ地にもなったKona Bay Hawaii(コナベイハワイ)

店内にかっこいいアロハが並べられているので
みてるだけでも、かなりテンションが上がってくる。

Kona Bay Hawaii(コナベイハワイ)の店内 壁にはかっこいいアロハシャツ
Kona Bay Hawaii(コナベイハワイ)の店内

オーナーKCさんのアロハシャツのお話はかなりおもしろいですよー。
ハワイを訪れた際に、友人に紹介したいお店No1です。


メインド・イン・ハワイのアロハシャツ専門店
Kona Bay Hawaii(コナベイハワイ)