ルノアールでWIFIにつなげる フレッツ光の利用料に疑問を覚える安さ


池袋のルノアールで Thinkpad X240sを広げて
WIFIにつなげながらサイトの修正とアップをしてました。

喫茶ルノアールでWIFI中 ThinkPad X240s

喫茶ルノアールやマクドナルド、スターバックスで
ネットにつなげるときにはいつものクロッシーではなくて

ある格安なWIFIサービスを利用しています

その格安WIFIサービスはこれ


WIFIサービスとしては利用エリアの数と
料金のバランスを考えるとおそらく最安です。

自宅でのネット環境はフレッツ光に加入していて
月額、4,619円払ってるんですが、
このWIFIサービスの月額利用料を知ったとき、

場合によってはカフェを仕事場にして
フレッツ光を解約してもいいんじゃないかと(笑)


電車内などのWIFIスポットエリア外はOCNモバイルONE
軽くメールチェックやスカイプでのやりとりをして、

サイトのアップロードや動画のアップロードなど
しっかり仕事したいときにはマックやスタバを探して
この格安なWIFIサービスを利用しています。

こんなに利用料が安いのに、
データ通信量の制限もなく、使い放題。

場所にもよるけど、しっかりスピードが出るし
利用期間の縛りや解約料もないのでおすすめです。


この月額利用料金で使い放題 WIFI接続サービス



ドコモのXi(クロッシー)通信料が3,614円安くなった


ドコモのデータ通信サービス、クロッシーの通信料が・・・
4,802円から1,188円に

月額、3,614円も安くなりました

年間に換算すると43,368円も節約できる!


その秘密はこれ・・・

クロッシーの通信料を節約する裏技はこれ
モバイルWIFIの通信料を下げるならOCNモバイルONE


クロッシーのデータ端末
OCNモバイルワンのSIMカードに替えただけで
モバイルWIFIの通信料がかなり節約できます。


Xiの通信端末があればSIMカードを購入して
登録するだけでその日から使えます。

契約先はOCNだけど回線はドコモだから
結局、通信品質はXiと全く変わらないんですよね。


OCNモバイルONEはクロッシーsimカードを交換するだけ

通信容量の異なる5つのプランから選べるので
利用状況に合わせられるのがうれしい。

4月からの消費税増税に伴って値上げするかと思ったら、

通信容量がアップした上に
さらに利用料金を値下げまでしてるので


最近、ますます、好きになってきました(笑)

OCNモバイルONEは利用状況に応じて
コースを毎月自由に変更できる。

携帯電話のような利用期間の縛りもないし
意味不明な解約手数料もなし!

気軽に試そうと思って使い始めたけど
便利で通信料も節約できるので、
結局、ずっと使っています。


OCNモバイルONEで通信料を安くする


そうそう、OCNモバイルワンとあるサービスを組み合わせると
外出先でのネット環境はコスパ最強になります。


つづく


都内をドライブしながら、ナビ代わりにThinkPad X240s

Thinkpad X240sをナビ代わりに車の中で使う

ゴールデンウィーク中もバリバリ仕事をしてる
友人たちを手伝うために車で都内を回ってました。

空き時間にはThinkPad X240sを開いて仕事をしたり
ナビの情報が古くてわからない場所を調べたりと
スマホよりも操作が速くてかなり便利。

もちろん、運転しながらは使えませんけど。


普段混雑する都心の道路もGWはガラガラ

渋谷のスクランブル交差点も人は多いけど
車の数は圧倒的に少なくてびっくりするほど快適です。

渋谷のスクランブル交差点もこの日はガラガラ

半日で都内をぐるぐる動いたあとに川崎まで行って
高速をつかわず135kmも動き回れました(笑)


車のような狭い場所で作業するときは
12.5インチで薄くて軽いThinkPad X240sに限りますね。

X240sを助手席に置いて
1日、ナビ代わりに活躍してもらいました。


T440p 液晶はIPSフルHDかHD+どちらがいいのか?

ThinkPad T440pの液晶は IPS フルHD?どれを選ぶか

ThinkPad T440pで選べる液晶は3種類

t440pの液晶は3種類から選べる
14.0型HD 液晶(1366 x 768)光沢なし、LEDバックライト
14.0型HD+ 液晶 (1600 x 900)、光沢なし、LEDバックライト
14.0型FHD IPS液晶(1920 x 1080)光沢なし、LEDバックライト

ThinkPad T440pの液晶をカスタマイズする

レノボの直販でハイパフォーマンスパッケージを選ぶと
HD+ かFHD IPS液晶の2択になります。


今回、購入したT440pはHD+ 液晶 (1600 x 900)を選択しました。

しばらく使ってみて感じたのが

14インチの液晶とHD+(1600 x 900)の解像度 は
文字の大きさと表示範囲のバランスがいい。


同じ14インチのT440sでフルHD IPS液晶を使って作業していたら
確かに作業範囲は広くて、画面はきれいなんだけど、
文字が細かすぎて長時間の作業で目がしばしばしてきました。

T440pのHD+液晶の場合は違和感がなくて、
5時間ほど連続して使っていましたが
目の疲れはさほど感じませんでした。


ThinkPad T440p 色補正をした

14インチの液晶画面にHD+液晶
1600 x 900の解像度がベストマッチなのか?


液晶の解像度は個人差が出るところです。

私は一度視力が落ちて、レーシックをしてるので
なるべく目への負担は和らげたい。

今、視力が1.5あるのですが、
なるべくこの視力を維持したいんですよね。

パソコンに向き合う時間がかなり長いので
フルHD液晶、単体による利点よりも、

目にできるだけ負担をかけずに
PCを使ってどれだけ長く、効率的に仕事が出来るか。


というところに意識がいってますので
今回のような使用感になっています。


ThinkPad T440pのHD+ 液晶でちょっと残念なのが

デフォルトだとディスプレイの色合いがかなり青白い。

さすがにこのままで使うのには違和感があったので
インテルのグラフィックスプロパティで色合いを調整しました。

IPS液晶だと、色鮮やかで原色に近く、精細なので
色の再現性やきれいな液晶という点ではIPSの方がいいです。


IPSと通常液晶の違いはこちらの記事をどうぞ
ThinkPad X240s X240 IPS液晶と普通の液晶の違い


T440pのHD+液晶もIPSに対応してたらいいのですが
今のところ(2014年5月現在)未対応ですので
IPSの液晶が欲しいと思うとフルHD解像度になります。

と、いうことで、

・IPSか否かによる色合い・精細さの違い
・解像度による表示範囲の違い


この2点をベースに考えてT440pの液晶を選択するといいでしょう。


ThinkPad T440pの液晶をカスタマイズする


ThinkPad T440pのACアダプタはCPUとグラフィックスによって変わる


ThinkPad T440pに付属していたACアダプタは
135WのACアダプターでした。

Thinkpad T440pに付属していた135W ACアダプタ

CPUにCore i7-4800MQ プロセッサー (2.70GHz, 6MB, 1600MHz)
グラフィックスにNVIDIA Geforce GT 730Mを選んだため
アダプタの容量が大きくなっています。(購入したT440pのスペック


ThinkPad X240やX240sについてくる
45WのACアダプタと比べると親子のよう(笑)

ThinkPad 135w acアダプタと45w ACアダプタを比べてみる

ThinkPad 135W ACアダプタの重量を量ってみた

ThinkPad T440p 135W ACアダプタの重量

514gと、タブレット並みの重さですが、
ハイスペックなCorei7のCPUとNVIDIA Geforce GT 730Mを動かすには、
このぐらいの重さはしょうがないですね。



ThinkPad T440pのACアダプタ容量は
CPUとグラフィックスの組み合わせによって変わります


CPU グラフィックス ACアダプタ容量
Core i5-4200M
Core i5-4300M
Core i5-4330M
インテル HD グラフィックス 65W ACアダプター
NVIDIA Geforce GT 730M 90W ACアダプター
Core i7-4600M インテル HD グラフィックス 65W ACアダプター
NVIDIA Geforce GT 730M 90W ACアダプター
Core i7-4700MQ
Core i7-4800MQ
Core i7-4900MQ
インテル HD グラフィックス 90W ACアダプター
NVIDIA Geforce GT 730M 135W ACアダプター
※2014年5月2日現在の情報です

追加でT440pのACアダプタを購入する際はご自身の仕様を確認して
電源容量が不足しないようにご注意ください。


ThinkPad 65W スリム ACアダプター
ThinkPad 135W AC アダプター (スリム・チップ)



周辺機器が大幅割引になるクーポン
周辺機器の現在の割引率を見てみる


T440pの厚さとサイズ T440s、X240sとの違い

ThinkPad T440pの厚さ ThinkPad T440pのスペック・詳細情報


ThinkPad T440pとT440sの厚さとサイズの違い

ThinkPad T440p 約 横335x 縦229.1x 厚さ27.9-32.9mm
ThinkPad T440s 約 横331x 縦226x 厚さ20.65mm

T440sと比べて横と縦は4mmほどT440pが大きい程度ですが
厚さが最大で12mm、T440pの方が厚くなります。

T440pの底面を見てみるとわかりますが
真っ平らではなくバッテリー取り付け部分が数ミリ飛び出ています。
(6セル Li-Ion システム・バッテリー(56.16Wh)取り付け時)

ThinkPad T440pはバッテリー部分に数ミリの出っ張りがある

そのため、ほんのわずかですが本体に傾斜があります。

ThinkPad T440pわずかに傾斜がある

12.5インチのThinkPad X240sと
14インチのThinkPad T440pのサイズを比べてみる


ThinkPad T440pとThinkPad X240sのサイズを比べる


厚さという点では親と子供かというほどT440pは厚い

ThinkPad T440pとX240sの厚さの違い

T440pは厚いがゆえにいいところもあって、
ボトムカバーがすぐに取り外せて、メモリやSSDを交換するのが簡単です。


個人的にはSDカードスロットの位置がポイント高い!

ThinkPad T440pはSDカードが出し入れしやすい
T440sやX240s、X240だと側面下部にスロットがあって
一度、本体を持ち上げないとSDカードが取り出せなくて
これが、かなり不便なんです。

T440pのSDカードスロットは側面の上部にあり、
PCを置いたままでも出し入れできます。

一見、なんでもないSDカードの位置ですが
デジカメの画像を頻繁に処理するので、T440pは便利だなと思いました。


厚いだけに性能と拡張性が高いThinkPad T440p

ThinkPad T440pの重さを量ってみた T440sとX240、X240sと重量を比べる
ThinkPad T440sの重さを実測 X240sに比べて持ち運びはどうか


ThinkPad T440p FF14のベンチマーク結果


ThinkPad T440pを使って、ファイナルファンタジーXIV
新生エオルゼア ベンチマーク キャラクター編を起動してみた。

T440pの解像度に合わせて1600×900で測定

ThinkPad T440p FF14ベンチマーク結果

高品質ノートPCの設定でスコアは3084
やや快適という結果でした。


ベンチマーク結果の詳細を見る (テキストファイルが別画面で開きます)



ベンチマークに使ったThinkPad T440pのスペックは

CPU:インテル Core i7-4800MQ(2.70GHz, 6MB, 1600MHz)
グラフィックス:NVIDIA Geforce GT 730M

ThinkPad T440pの詳細なスペック


ThinkPad T440pでFF14のベンチマーク中

スムーズにアニメーションが流れていたので
T440pならばFF14も問題なくプレイできそうです。


FF14がプレイできるThinkPad T440p

ThinkPad T440pが届いた 仕様・スペック


ThinkPad T440pの重さを量ってみた T440sとX240、X240sと重量を比べる

Thinkpad T440pの重さを実際に量ってみた ThinkPad T440pのスペック・詳細情報


ThinkPad T440pを片手で持ってるとさすがに重い。

写真を撮るための数秒ならば持ってられたけど
ずっと片手持ちをしてると腕がぷるぷるしてきます。


T440pの重量を実際に量ってみる

ThinkPad T440pの重量

HDD搭載で 2.15kg でした

直販サイトでのオフィシャル表記が約2.14kgでしたので
ほぼ、標準構成時仕様の重さと変わらないですね。


T440pよりも、薄くて軽いThinkPad T440sと
12.5インチのThinkPad X240、X240sの重さ


ThinkPad T440s X240 X240sの重さをそれぞれ比べてみる

T440s マルチタッチ対応・SSD換装済み 1.74kg
X240 大容量6セルバッテリー・SSD換装済み 1.57kg
X240s SSD換装済み 1.29kg


1.74kg だったT440sはマルチタッチ対応の重量のため
標準構成時より150g重くなっています。

標準構成時のT440sの重量は1.59kg

T440pよりもT440sの方が、560g軽くなります


ThinkPad T440pの重量は2kgを超えるので
気軽に持ち歩いて外出先で作業というのはあまり向きませんが

今回購入したT440pを使う店長のように
各店舗を車で回って店で使うという用途なら持ち運びも問題ないです。


ThinkPad T440pは2kgを超える重さと引き替えに・・・

ハイスペックなcorei7のCPU、最大16GBメモリが搭載可能
さらに、簡単に裏蓋が開いて拡張性も抜群ですので

持ち運ぶことよりも、スペックや
コストパフォーマンスを重視するならおすすめです。


性能・コスパを重視するならThinkPad T440p

ThinkPad T440sの重さを実測 X240sに比べて持ち運びはどうか


ThinkPad T440p トラックパッドのクリック感を動画で T440s、X240sと比べる



ThinkPad T440pのスペック・詳細情報を見る


2014年3月下旬に届いたThinkPad T440pのトラックパッドは
ThinkPad T440sのクリック感とまた微妙に違う感じでした。


どちらもキーストローク(押し込む距離)が長めで
ダブルクリックが若干、やりにくい点は同じですが

ThinkPad T440sの方がクリックした後の跳ね返りが強くて
パコパコという音が大きい感じです。

T440pもT440sも、クリックはちゃんと認識するので
好みの問題になってくるかと思います。


14インチのThinkPad T440pと
12.5インチのX240sのトラックパッドを比べると


ThinkPad T440pとX240sのトラックパッドはサイズが違う

クリックパッドの大きさが違うので
クリック感や操作感がだいぶ変わってきます。

ThinkPad T440p クリックパッドのキーストロークは約1.5mm
X240s クリックパッドのキーストロークは1mmあるかないかぐらい

※いずれも、目測なので誤差あり。


キーストロークの短いX240sはダブルクリックがしやすくて
T440pはダブルクリックがしづらいんだけど、

クリックパッドが大きい分、安定感があって、
クリックの認識率はX240sよりT440pのほうが高い感じがします。


どちらにしても、購入時期や製造ロットによって
クリック感などが変化してるトラックパッドですので
参考程度にしていただければと思います。


ThinkPad T440pをさらに詳しく


ThinkPad T440s トラックパッドレビュー動画とタッチパッド無効の設定方法
ThinkPad X240 トラックパッドのクリック感がまた変わった


ThinkPad T440p メモリの増設・交換 【動画もあります】

ThinkPad T440p メモリの交換・増設方法 ThinkPad T440pのスペック・詳細情報


購入時のThinkPad T440pのメモリは
8GB PC3-12800 DDR3L (1スロット使用)を選んだので

残り1つの空きスロットに 8GBのメモリを増設します

シー・エフ・デー販売 Elixir ノート用メモリ DDR3 SO-DIMM PC3-12800 CL11 8GB
シー・エフ・デー販売 Elixir ノート用メモリ DDR3 SO-DIMM PC3-12800 CL11 8GB


ちなみにT440pの最大搭載可能メモリは16GBです


まずはバッテリーを取り外します。

ThinkPad T440pのバッテリーを取り外す

2本のねじを外します

ThinkPad T440p 2本のねじを外す

ボトムカバーをバッテリーとは逆の方向に
スライドさせると、難なく、カバーが外れます。

ThinkPad T440p のボトムカバーをスライドすると外れる

カバーを外すと真ん中にメモリがある

ThinkPad T440p 分解図 メモリはここ

ものの1分もあればカバーが外れて
メモリの交換やSSDへの換装が簡単にできます。

これは、便利だ~~~

T440sの場合は8本のねじを緩めてからボトムカバーをはずすのに
手こずったので、この手軽さはかなり、うれしいですね。


T440pにはメモリスロットが2つあって、どちらも、交換、増設が出来ます。

ThinkPad T440pには2つのメモリスロット

今回は空きスロットに8GBのメモリを取り付けるだけなんですが

参考までに、メモリを外して、交換する場合は
メモリを固定している両側の金具を外に開くと
メモリが斜めに起き上がって、外すことが出来ます。

ThinkPad T440p メモリの外し方

メモリの取り付けは切り込みの部分をあわせて、斜めにさします。

ThinkPad T440p メモリを斜めにはめ込む

最後に基板に押し込むとかちっと簡単にはまります。

ThinkPad T440p メモリを基盤に押し込んで増設完了

ボトムカバーとバッテリーを取り付けてメモリの交換完了です。

作業完了まで、3分ほどでしょうか。
慎重にやっても10分あれば出来る作業です。


ThinkPad T440pのメモリ交換・増設を動画で詳しく




シー・エフ・デー販売 Elixir ノート用メモリ DDR3 SO-DIMM PC3-12800 CL11 8GB
ノート用メモリ DDR3 SO-DIMM PC3-12800 CL11 8GB