ThinkPad X1 Carbon 2017 HDMIでデュアルディスプレイ ホテル編


ホテルにWiGigドックを持ち込んでデュアルモニタ・・・
の、つもりが、なぜかThinkPad X1 Carbon 2017とつながらない。

ThinkPad X1 Carbon HDMI端子をつなげてデュアルモニタ

早々にあきらめて、
本体のHDMI端子からデュアルモニタすることにした

もちろん、手持ちのX1 CarbonはワイヤレスLANアダプタが
インテル Tri-Band Wireless-AC 18265でWiGigに対応しています。

これが、事務所や自宅なら原因究明するところですが
出張先や出先では余計なことをしないのが一番。

WiGigにこだわると、どつぼにはまって時間を無駄にする可能性が大きいのでここはすっぱりあきらめるのが過去の経験上得策です。


ThinkPad X1 Carbon 2017の左側面には
フルサイズのHDMI端子が搭載されている。

x1 Carbon 2017は左側面にHDMI端子がある

HDMIケーブルさえ持っていれば、本体とホテルのテレビにつなげて簡単にデュアルディスプレイが可能。

HDMI接続時には音声も同時に出力されるので
大きなテレビのスピーカーから音が出ます。

HDMI出力をすると音声がテレビから流れる

作業時にはBGMにアマゾンプライムミュージックを再生。

テレビの性能にもよりますけど・・・
大きなTVなら、そこそこいい音が出ることが多いので
外部スピーカー代わりに使うのもおすすめです。


ホテルのテレビを外部ディスプレイとして使うときに
多少、気になるのが解像度の違い。

古いテレビだとHD液晶(横幅1000px)程度のこともあり、
X1 CarbonのフルHD(1920×1080)よりも小さいことがほとんど

外部ディスプレイの方が表示範囲が狭いことに
最初はちゅうちょしたものですが慣れればなんてことはない。

最近はテレビには解像度が特に関係ないスカイプ、ラインチャットやチャート画面を割り当てて、常に表示しながら・・・

実作業はX1の液晶というパターンが多い。

テレビにはチャートなどを表示

動画編集の時は映像のプレビュー画面のみを
大きなテレビに表示させて編集作業はX1の画面を見ます。


ちなみにホテルの部屋でデュアルモニタ環境にするなら
HDMIケーブルの長さは3mぐらいがちょうどいい。

HDMIケーブルをX1 Carbon 2017に接続

1-2mだとデスクに届かない場合があるし
5mだと今度は長すぎてかさばります。

HDMIケーブル1本あるだけで出先のテレビに出力できるので
会議やプレゼンなど画面を共有したいときも重宝します。


デュアルモニタも簡単!X1 Carbon 2017 を詳しく見る



今日のオフィス 屋外でThinkPad X1 Carbon 2017


銀行で用事を済ませてホテルの部屋に戻る途中
屋外のテラス席でThinkPad X1 Carbon 2017を開いて一仕事。

今日のオフィス ThinkPad X1 Carbon 2017を屋外で使う

ワイキキは人がいっぱいで、
落ち着いてPCを開く場所は少ない!
なんて思っていたことはありましたけど

今回のハワイではサイズが小さくなって、
軽いThinkPad X1 Carbon2017を持ち運びながら
穴場を巡って仕事をするのが日課になってます。


ここはロイヤルハワイアンセンター2階にあるフードコート
中庭がある屋外のテラス席は結構穴場。

ロイヤルハワイアンセンターで無料WIFI X1 Carbon 2017をつなげる

午前でも午後でも空席があって、だいたい座れる。
しかも、2時間までWIFIが無料で使える。

ワイキキのど真ん中にありながら、
ごちゃごちゃした感じもないのでなかなかいい。


日本にいると自宅では仕事をしなくなるという理由で
カフェなどに入ってThinkPadを開くことはあっても
積極的にテラス席でPC作業をする気にはあまりならない。

6月のハワイは梅雨時の首都圏とは真逆の気候で
日陰はさわやかな風が吹き抜けていて気持ちがいい。

さわやかな風を感じながら X1 Carbon

ワイキキでアロハシャツ屋さんを経営している大先輩が絹のようなさらさらした風が吹いているとたとえていたけど、まさにそんな感じ。


X1 Carbon 2017を屋外で使っていても
他機種より、液晶が明るくて見やすい。

ThinkPad X1 Carbon 2017 液晶 屋外でも見やすい

さすがに直射日光が照りつけるような
極端に明るい場所だと多少見にくくなりますが・・・

日陰のあるテラス席程度なら、輝度50%~80%に調節。
視認性がよくて、ちょっとびっくりした。

さてと、一仕事、完了したのでホテルに戻ろう。


ThinkPad X1 Carbon 2017を持ち運んでビーチバーへ


ThinkPad X1 Carbon 2017を持ち運んでビーチバーへ


お昼時、ちょっと小腹をみたそうってことで
ワイキキビーチ沿いにあるモアナサーフライダーのビーチバーへ。

Thinkpad X1 Carbon 2017 持ち運んでハワイモアナサーフライダーのビーチバーで乾杯

昼間からギターの生演奏が響き渡るテラス席で
シャンパンをお供にThinkPad X1 Carbon 2017を開いて一仕事。

ちょっと歩くと刺すような日差しで汗びっしょりになるけれど、
日陰は心地よい風が吹き抜けて気持ちがいい。
湿度が低いからかさらさらしている。

ThinkPad X1 Carbon 2017 をワイキキビーチで片手持ち

ハワイでPCを持ち運ぶときは12.5インチのX270が定番ですが
今回は試験的にX1 Carbon 2017を持ち歩いています。

重量わずか1kg程度、薄くて軽いので
ワイキキ内を散歩するときも全く気にならない。

液晶を180度開くとこの薄さ!

ThinkPad X1 Carbon 2017 液晶を180度広げてみるととにかく薄い

本体の剛性も申し分なく、片手持ちも楽々


カバンの中にスマートに収まります。

X1 Carbon 2017 カバンからぱっと取り出せる

X1 CarbonにはフルサイズのSDカードスロットがなく、
MicroSDカードスロットがあるのみ。

ほぼ、毎日、写真や動画を取り込んでいる自分にとっては結構ネックになって、いままでX1 Carbonを使うに至りませんでした。

しかも、SIMスロットと併設されているため、
ひんぱんに出し入れするような使い方には向きません。

ビデオカメラの映像や写真を取り込むために
カードリーダーが必要になるのはちょっと面倒。

ただ、第5世代のX1 Carbonでサイズが小さくなり、
めちゃくちゃ薄くて、持ち運ぶのも全く苦にならない。

ちょっとしたデメリットを
吹き飛ばしてしまうような携帯性と使いやすさです。

実際に持ち運んでみるとSDカードスロットがなくても別にいいかと納得させてしまう出来ですね。

圧倒的に薄く持ち運びやすいThinkPad X1 Carbon 2017

雰囲気のいい場所ではスタイリッシュなX1 Carbonがぴったり。

キーボードも抜群に打ちやすくて
膝の上に本体をのせても、違和感なくてきぱきと仕事がすすむ

X1 Carbon 2017 キーボードが打ちやすく膝の上にのせても違和感が全くない。

薄くて軽くて操作性も言うことなし。

材質はカーボンとマグネシウム合金で肌触りもよく高級感抜群。
さすがThinkPadのフラッグシップ機。

2017年モデルのX1 Carbonが
やたら評判がいいのもうなずけます。


持ち運びやすいThinkPad X1 Carbon 2017 を詳しく見る


ThinkPad X1 Carbon 2017とX270を持ち運んで長期海外出張


成田空港から10日間の海外出張兼旅行へ。
仕事の相棒はThinkPad X1 Carbon 2017とX270。

ThinkPad X1 Carbon 2017と X270を持ち運んで長期海外旅行へ

旅先にはいままで複数台PCを持って行きながら
ThinkPadの組み合わせもいろいろ試してみましたが・・・

空港まで2台のPCを持ち運んで感じたのは
x1 Carbon2017とX270はベストな組み合わせかも。

旅先では映像の編集などPCに負荷のかかる作業が何かと多いので
万が一壊れたり、トラブルが起きたときのために・・・

1週間以上海外に行くときはには保険もかねて
2台以上のThinkPadを持って行ってる。

旅先にはThinkPad 2台を持って行く

だいたい、12.5インチと14インチPCの組み合わせが多いのだけど
2台持っていくとなるとバッグがぱんぱんにふくれあがって、持ち運びが面倒だった。

今回の旅では14インチで大きめな液晶ながら、
ラップトップThinkPad最軽量のX1 Carbon2017と
12.5インチで取り回しのしやすいX270の2台。

小さなA4サイズのバッグにPC2台入るのでスマートに持ち運べる。

x1 Carbon 2017になってバッグが小さく出来る

普段、X270をメインに使っているので
たいてい、ラウンジや飛行機内は
コンパクトな12.5インチを使うことが多い。

第5世代 X1 Carbon 2017では1cm程度、縦と横のサイズが小さくなったので、試しに使う機会を増やしてみる。


まずはラウンジで出国前の一仕事。
思わず片手持ちしたくなるほど軽い。

ThinkPad X1 Carbon 2017片手持ちしても剛性が高い

カバンに2台PCを入れてもさほど重さが気にならないのは
X1 Carbonの軽さが際立ってるからこそですね。


飛行機内では機内WiFi(有料)に接続出来るので
地上と変わらず作業が出来るのがお気に入り。

デルタ機内WIFI ThinkPad X1 Carbon 2017をつなげる

ビジネスクラスで多少スペースがあるといえど、
いままで14インチを機内で積極的に使うことがなかった。

やはり、重量とサイズが微妙な障壁になっていた。

X1 Carbon 2017だと、サイドテーブルに置いても余裕がある。

x1 Carbon 2017 デルタ ビジネスクラスで使ってみる

食事時もいちいち、PCを閉じたりせず横に置けるのがいいですね。

なんだかんだ、飛行機内ではPCを閉じたり、
移動させたり、ACアダプタをつなげてみたりと

動かす機会が多いので
サイズダウンの恩恵はもろに感じるところです。

X1 Carbon2017なら機内でもストレスなく使えてます。


機内の照明が落ちてからはキーボードバックライトを点灯。

X1 Carbon 2017 キーボード バックライトを点灯

視認性がアップするのはもちろん、見た目が抜群でかっこいい(笑)

X1 Carbonは世代ごとで微妙にタイピングの感触が違います。

個人的には今年のモデルが一番打ちやすく感じる。

2017モデルではより、キーのブレがすくなくなり、
てきぱきと誤タイピングなく打てる。

X1 Carbon 2017 になってさらにキーボードが打ちやすく感じる

過去のモデルではキーストローク(キーの深さ)が短いなと
感じることがあったけど
今年はストロークが深くなったのではと思うほど。

しっかりとした打鍵感があり、心地よくタイピングできます。


本体が軽くなったり、サイズが小さくなるってのは
数字に出るのでわかりやすい訴求ポイントになるけれど、

数字として表れないキーボードのうち心地や
堅牢性にしわ寄せがくることもありえる。

ただ、そこはさすがThinkPad。
インターフェイスは妥協することなく作り込まれている。

薄く、軽くなってもキーボードはさらに打ちやすく感じるし、
ボディを片手持ちしても不安がなく、剛性が高い。

この旅で大活躍してくれそうな予感です。


ThinkPad X1 Carbon 2017 サイズが小さくなってテーブルの狭いカフェでも便利


ThinkPad 25周年記念モデル 10月発売予定 レトロThinkPadが実現する!?


1992年に初代 ThinkPad 700Cが発売されて今年で25年

ThinkPad 700cから25年 hinkPadのスペシャルアニバーサリーエディションが10月に発売

効率的な作業には欠かせない赤いポッチのトラックポイント
打ちやすいキーボードはいまでも健在

ThinkPad 700c キーボード

フロッピーディスクドライブがあるのは時代を感じさせますが
ぱっと見は25年前のPCとは思えないほど洗練されてる。


今年(2017年)、25周年を記念して、
10月にThinkPadスペシャルアニバーサリーエディションが発売予定

今のところ、正式な仕様や外観は発表されていないけど
ThinkPadの伝統を引き継ぎつつ最高の性能を実現するとのこと。

このニュースを受けて、海外SNSや国内のユーザーさんが

レトロThinkPadがついに実現か!?

とにわかに活気づいてます。


2015年にレノボの副社長兼最高デザイン責任者の
David Hillさんがブログに投稿した記事が話題になりました。

1992年に登場した最初のThinkPad(ThinkPad 700c)をベースに
今の技術をもって、よみがえらせたらどうなるのか?という記事で

コンセプトモデルとはいえど写真付きで紹介されていた。

ついにレトロThinkPadが発売か?!

いままでレトロThinkPadが世に出ることはなかったので
25周年モデルで実現するのではという声がちらほらあります。

もちろん、オフィシャルではレトロThinkPadには全く触れていないので、ユーザーの願望とも言える反応です。

追記:
レノボは公式ブログでレトロThinkPadであることを認めたそうです
現時点では正式な仕様は発表されていませんが
7列配列のキーボードが復活するかも。
オールドThinkPadファンが喜べる仕様となりそう



25周年ThinkPadを妥当に考えればX1 Carbonをベースに
シリアルNoの刻印やちょっとした材質の変更がされる程度かなぁと予想してます。

追記:うれしいことに予想が外れました(笑)

2015年に日本(米沢)での製造開始を記念して
X1 Carbonの日本限定モデルが発売されましたけど・・・

天板が独自の格子状カーボン柄だったり

格子柄のX1 Carbon


ヒンジ部分にシリアルが刻印されていた。

ThinkPad X1 Carbon JAPAN LIMITED EDITION ヒンジ部分にシリアルナンバー

コアなThinkPadユーザーさんは記念モデルを2台購入して
1台は自宅に保管してあるなんて方もいらっしゃいました。

10月発売予定のアニバーサリーエディションは
レトロThinkPadの要素が含まれるのであれば欲しくなりそう(笑)

はたして、ThinkPad 25周年モデルが
どんな形で世に出るのか?今から楽しみです。


ThinkPad X270 リカバリーして工場出荷時に戻す Windows10


ThinkPad X270を使い始めてから3ヶ月ほどたち、
パソコン内がごちゃごちゃし始めてきた・・・

ThinkPad X270 リカバリーして工場出荷時に戻す

いろいろとテストも含めて使っていたけど
機能や性能、動作状況など確認するため、
各種ソフトやベンチマークソフトなどあれこれ入れすぎ。

ここらでリカバリーをしてPCをリフレッシュ。


X270 リカバリーのやり方


Windows10になってリカバリーはOS上から出来るようになった。

設定を表示させて「更新とセキュリティ」をクリック

設定から更新とセキュリティを選択


サイドバーの「回復」を選び、
この PC を初期状態に戻す項目で「開始する」を選択します

このPCを初期状態に戻す 開始するをクリック

ポップアップでオプションが表示される。
今回はまっさらにリフレッシュしたいので、
「すべて削除する」をクリック

リカバリーオプションを選ぶ

マイドキュメントなどのファイルを保持したい場合は
「個人用ファイルを保持する」を選びます。


ドライブのクリーニングは実行せず
「ファイルの削除のみ行う」をクリック

ドライブのクリーニングは実行する?

X270を手放す場合はドライブのクリーニングまで実行するといいでしょう。


あとは指示に従ってボタンをクリックしていくと
何度か再起動された後セットアップ画面が表示される。

セットアップ時にびっくりしたのは
いきなりコルタナがしゃべりながらセットアップの説明をし始めた。

セットアップ時コルタナがいきなりしゃべり出した

いらん機能はつけなくていいのにと個人的に思いつつ
クリエイターズアップデート後だったためか
ナビゲーションのデザインも変わってました。

セットアップまで含めて
リカバリーにかかった時間は約30分

書き込みスピードが速いNVMe SSD搭載のX270なので
思った以上に速く終わった。

晴れて、X270がすっきりした姿に。

ThinkPad X270 リカバリーまでの所要時間は・・・

過去、ハードディスクの頃は余裕で1時間以上かかってましたから
リカバリーも手軽に出来るようになりました。

セットアップ後、気づいたのが
Windows10の大型アップデートは適用された状態で初期化されていた。

リカバリー後はWindowsUpdateでPCを最新の状態にするのが
通例でしたが、なくなったので時間短縮になっていいかも。

ただ、大型アップデート前に戻したい場合には
リカバリーしても元に戻らないことになります。

リカバリー後も windows10の大型アップデートは適用された状態だった

ふと、OSが立ち上がらないときはどうするんだろうと調べてみると
リカバリー領域はOSから独立して稼働させることができるよう

2回連続してブートに失敗した場合にwindows回復環境が自動的に開始されてリカバリーできるとのこと。

ただ、SSDやHDDのストレージ自体が壊れてしまうと
当然ながら、リカバリーは出来なくなります。

購入したら、早めにリカバリーメディアを作成することをおすすめします

ThinkPad X270 リカバリーメディアの作成時間とタイミング


さて、これでX270もすっきり、まっさらな状態に戻ったので
普段使うソフトだけインストールして本格稼働となりそうです。

新品のThinkPadは数ヶ月は、どうやって使うか
どのソフトを使うか試しながら、模索して・・・

だいたい、使い方が固まったところでリカバリーして
リフレッシュするのが最近のパターンになってます。


ThinkPad X270が届いた X260と違いはさほどないが、長く愛される定番機種


ThinkPad X1 Carbon 2017 M.2 type 2242 SSDをWWANカードの代わりに取り付けられる?


ThinkPad X1 Carbon 2017 の裏蓋を開けたついでに
WWANカードスロット(M.2 2242)にSSDが認識するか確認。

ThinkPad X1 Carbon 2017 WWANの代わりに M.2 2242 SSDは使える?

結論からお伝えすると・・・
両面実装タイプのM.2 SSDはスロットにはまらない


LTE未対応のX1 Carbon 2017だと
通常WWANカードが搭載されるスロットが空いています。

X1 Carbon 2017 WWANカードスロット

LTE対応のX1 Carbonをご購入のユーザーさんは
当然ながらWWANカードがささってるはずです。


スロットは空いていても固定ネジは常備されていたので
早速ネジを外してM.2 type2242のSATA SSDをはめてみる。

ちなみに分解前に内部バッテリーの無効化をして
基板への電流を遮断してから作業してます。

X1 Carbon 2017 に M.2 2242 SSDをはめてみる

ん??何かちょっとおかしい。

スロットにM.2 SSDを挿そうとするとやたら固い

無理矢理、斜めにSSDを差し込んではみたものの
ネジを固定するために押し込もうとすると引っかかる


一旦SSDを外して基板についた傷を確認して納得。

チップが基板に干渉する

今回増設しようとしたトランセンドのM.2 type2242 256GB のSSDは両面実装タイプ

裏側にチップやコンデンサ!?があるので
基板に引っかかってX1 Carbon2017には取り付けられません。


12.5インチのThinkPad X270では問題なく使えました が、
薄さを突き詰めたX1 Carbonでは認識するしないの前に取り付けが不可能。

片側実装のM.2 2242 SSDってあるんでしょうか。

片面実装ならWWANカードスロットに取り付けられて、
認識するかもしれませんが、今のところは未確認。

M.2 2242を起動ディスクにして
通常SSDを取り外して運用できるかもと
淡い期待を抱きましたが・・

現状はちょっと厳しそうなので、
おとなしく準備したSATA type2280のSSDに交換することにします。


ThinkPad X1 Carbon 2017 M.2 NVMe SSDからSATAに交換するメリットを確認して購入


ThinkPad X1 Carbon 2017 トラックポイントキャップを交換 速度を速くする設定


ちまたでは、非の打ちどころがないモバイルPCと評されている
2017年モデルのThinkPad X1 Carbon(第5世代)

ThinkPad X1 Carbon トラックポイント 交換 速度 感度を速くする設定

長くThinkPadを使い、従来機種に慣れていると
そのままでは使いにくい部分もある。

第4世代のX1 Carbon 2016あたりから、
赤いポッチ、トラックポイントを使ってのカーソル操作は
感度が重く、スピードが遅く感じる


もちろん設定でカーソル速度はマックスにしてます。

レノボセッティングからトラックポイント速度を調節

カーソルスピードはLenovo Setteingの入力メニューか


コントロールパネルのマウス→ThinkPadタブの「設定」から

マウスのプロパティ ThinkPad タブ
ポインティング速度を変更

スライダーをずらすことで
ポインティング速度の調節が可能。


標準設定では満足な操作感にならないので
さらに、レジストリを設定して
カーソル速度を通常限界値以上に高速に

トラックポイントの感度(重さ)を限界よりさらに速く、軽くする方法

これである程度は納得できるんだけど
個人的にはもっと速い方がいい・・・


意外と効果があったのが・・・


いろいろやってみて速度アップに意外と効果があったのが
トラックポイントのキャップを交換する

ThinkPad スーパーロープロファイル トラックポイントキャップ セット
ThinkPad スーパーロープロファイル トラックポイントキャップ セット
※ThinkPad X1 Carbon 2016、2017に対応


購入時に取り付けられているトラックポイントキャップは
別売りの交換キャップとは微妙に作りが違うことがある。

x1 carbon2017 購入時とトラックポイントキャップが違う

新品の交換キャップにすると
本体に取り付けたとき購入時より
こんもり盛り上がり、微妙に高くなる

X1 Carbon 2017 トラックポイント交換前後の高さの違い

ほんと、コンマ数ミリあるかないかなんだけど
てこの原理でうごかすトラックポイントなので
ちょっとした高さの違いでカーソルの操作感が変わります。

購入時と交換キャップの外観の高さは変わらないので
取り付け穴の作りの違いか何かなのかは不明・・・


キャップを交換せずに速度アップ


新品なのにいちいち交換キャップを買うまでもない!
と感じるなら、過去ThinkPad X250でやったように
キャップの穴に厚紙などを入れて、かさ上げするのも一つの方法です

トラックポイントの感度を原始的に調整する方法

ただ、ご注意いただきたいのは
液晶を閉じたときにキャップが当たるので
液晶面に汚れがつくのはもちろんのこと、

やり過ぎると一点だけ極端に負荷がかかることとなり
故障の原因にもなるのでこのあたりは自己責任で


速度が遅く感じるのは?


トラックポイントの感度、速度が遅く感じる一つの原因として、

X1 Carbon 2015と2016年モデルを境に
キャップの高さが半減してます。

x1carbon 2015以前と 2016以降 トラックポイントの違い
ThinkPad X1 Carbon 2016 2017対応のキャップ

X1 Carbon 2015以前のキャップ

てこの原理でカーソルを動かす機構なので
高さの違いが微妙に影響してくるんでしょうね。

もちろん、トラックポイントのドライバも
感度・スピードに影響してくるので、
今後のドライバアップデートで改善されるかもしれない。


トラックポイントを使わないとか
カーソル操作は重い方が好みなユーザーにとっては
全く気にならない部分ですけれども・・・

10年以上ThinkPadのトラックポイントで操作し
感度を最速設定にして使ってきた自分にとっては結構、死活問題。

十年ThinkPad を使ってくるとトラックポイントの感度は死活問題

まずは通常設定でカーソルスピードを最速にし
レジストリでさらに速度を上げて

最後にキャップを新品に交換したところで
満足な操作感が得られるように。

5,6時間ほどの長時間、
トラックポイントを使って操作をしても
指先の疲れがだいぶ、緩和されるようになりました。


ThinkPad X1 Carbon 2017 をさらに詳しく見る


ThinkPad X1 Carbon LTE SIMサイズは?


ThinkPad X1 Carbon 2017 第5世代では
液晶ヒンジ側、後面にSIMスロットが搭載されている

ThinkPad X1 Carbon LTE SIMサイズは?

X1 Carbon、SIMカードの適合サイズは micoroSIM
スマホで主流のnanoSIMより大きく、標準SIMよりは小さいサイズ。


SIMトレーを取り出すにはゼムクリップを伸ばして
スロット端にある穴に差し込めばOK

x1 Carbon 2017 SIMスロットの取り出しはゼムクリップ

スマホ用のSIMピンでは長さが足りないので
身近にある物ではゼムクリップが一番最適。


X270ではプラスチック製のトレイだったけど、
X1 Carbonは金属製のトレイでした。

ThinkPad X1 Carbon X270 のSIMカードスロット

金属だと高級感ありますね。

薄くて細いトレイなので、金属製でないと
強度が確保できないからだと思いますが

見えないと部分でもちょっとうれしくなってくる(笑)


DMMモバイルのnanoSIMカードに
変換アダプタを取り付けてトレイに乗せてみる。

nanoSIMを変換アダプターに入れて・・・

切りかけをあわせると端子は下を向く仕様。


X1 CarbonのSIMスロット部分には下側に
MicoroSDカードスロットも搭載されている。

X1 Carbon 2017 simスロットと マイクロSDカードスロットが同じ場所

トレイを本体に差し込むときはちょっと注意が必要。

サイズが異なるので間違いようがないですが
上の横幅が広い方にスロットを差し込みます。

格安SIMをX1 Carbon 2017本体に差し込む

これで、X1 Carbon本体でLTE通信が出来るようになる。

って、私が購入したときは
まだLTEに対応していなかったので
何も起きませんが・・・

今はもちろん対応していて、レノボのweb直販で
WWANカード対応にするとSierra EM7430 LTEが選択できる。

X1 Carbon 2017本体は申し分ない完成度なだけに
LTE対応は押さえておきたいカスタマイズです。


ThinkPad X1 Carbon 2017をLTE対応にカスタマイズ


ThinkPad Thunderbolt3 ドックを購入 4Kモニタ2枚出力はX1 CarbonとX1 Yogaのみ


ThinkPad Thunderbolt3 ドックが発売開始されたので
X1 Carbon 2017用のドッキングシステムとして買いました。

ThinkPad サンダーボルト3 ドックを購入 4K 2枚出力は限定的

ドックからケーブルを1本 X1 Carbon2017に挿すだけで
電源供給から4Kモニタ60Hz 2枚への出力、周辺機器の認識まで可能。

ThinkPad Thunderbolt3 ドックの仕様・端子など


ThinkPad X1 Carbon 2017用のドックは一足早く発売された
ThinkPad USB Type-C ドックをすでに持ってます。

機能としてはUSB Type-C ドックで十分なんですけど、
Thunderboltの周辺機器はまだまだ少ないので人柱がてら購入してみました。


対応機種は?


ThinkPad Thunderbolt3 ドックはその名の通り、
Thunderbolt3端子を搭載している機種に対応してます。

メインストリームのモバイルThinkPadなら2017年に発売された
ThinkPad X1 Carbon、X1 Yoga、T470s、Yoga370など。

X270のUSB Type-C端子とX1 Carbon 2017の
Thunderbolt3端子を比べてみると外観は全く同じ。

ThinkPad X1 Carbon 2017とX270 USB Type-C端子とサンダーボルト端子は同じ

端子近くに雷マークのようなThunderboltのロゴが印字されていれば
Thunderbolt3に対応している

12.5インチのThinkPad X270はUSB Type-Cのみに対応。

Thunderbolt3ドックが届いたらX270で使えるか試してみよう。
って、認識しないと思いますけど(笑)


4Kモニタ2枚出力は限定的


Thunderbolt3ドックの目新しいメリットといえば
ThinkPadのドックではおそらく初めて4Kモニタ2枚出力に対応。

ただ、4K 2枚出力はX1 Carbon 2017とX1 Yoga2017のみと限定的。

4K 2つのモニターの1つは前面のTBT3ポート(USB Type-C)へ接続する必要があったりと結構制約がある。


個人的にUSB Type-C ドックと比べてThunderbolt3ドックの方がいいなと思うのが映像出力端子が豊富なこと。

ThinkPad USB Type-C ドックと Thunderbolt3 ドック 裏面端子の違い

ThinkPad USB Type-C ドックにはないHDMI端子があるのは便利。


ただ、欠点として、ポートが増えた分、ドック本体が大きい。

ThinkPad USB Type-C ドックと Thunderbolt3 ドック サイズの違い

サイズは横幅22cm × 奥行き8cm × 高さ3cm
片手で持つと、ドック本体がもろにはみ出る。

ThinkPad Thunderbolt3 ドック サイズは?

狭いデスクの上に置くと場所をとるかもしれない。

机の裏に養生して貼り付けたり、
机下のチェストに乗せて机からは見えなくしたりと
置き場所はちょっと工夫する必要があるかも。

4Kモニタ2枚を接続してThinkPadを使う日が来るのか
今のところ未定でまだまだ先な気がしますが

ここは時代を先取り!?してしばらくThunderbolt3ドックと
USB Type-Cドックを使い分けていく予定です。

4K モニタ 2枚出力が必須でなければ、
ThinkPad USB Type-Cドックで十分なんじゃないかなと
今のところ、感じていますが

実際にThunderbolt3ドックを使ってどうなるか・・・


ThinkPad Thunderbolt3 ドックをさらに詳しく見る


ThinkPad USB Type-C ドックを買った