久々にX240sのパコパコパッド X260と並べて作業


3年前に購入したThinkPad X240sをメンテナンス
奥は今年(2016年)発売のThinkPad X260

ThinkPad X240s と X260

3年前のX240sだけど、X260と外観の違いはあまりない。


唯一、X240やX240sはクリックボタンがトラックパッド一体型。

X240s パコパコパッドで一作業

クリックするたびにぱこぱこ音がすることから、パコパコパッドなどと呼ばれて(笑)ユーザーから強烈に評判が悪かった世代でもあります

今となっては昔のこと。X250のモデルチェンジで独立したクリックボタンに戻ってからは懐かしさも感じて、言うこと聞かない子どものような感じで愛着を持って使ってます

3年たってもX240sはまだまだ現役です

X260と比べりゃそりゃ、断然独立のクリックボタンがいいですけどね・・・

このブログではお久しぶりに登場のThinkPad X240sですが、

何台かあるThinkPadの中でも今年、一番稼働時間が長く、24時間、365日電源を入れっぱなしにして、チャットのバックアップやツール検証用のPCとして今も変わらずがんばってます。


X240sのお気に入りポイントは本体部分がマグネシウム合金。
天板はX1 Carbonなどと同じ、カーボン素材です。

X260とX240s グラスファイバーとカーボン 天板の違い

ちなみにThinkPad X260の天板素材はグラスファイバー。
X240とほぼ同じで材質を高品質かつ、薄くしたのがX240sでした。


タイピング時にマグネシウム合金のさらさらした感触が手のひらに伝わるので、心地よくキーを打てるのです。

X240s マグネシウム合金でさらさら挿したパームレストが気持ちいい

本体がマグネシウム合金のThinkPadは数多くあるのですが、世代ごと、機種ごとに肌触りが微妙に違ったりして、X240sの感触が一番好みかも。


本体側面部分を見ると、経年劣化で塗装が浮いてはげてきたり

X240s マグネシウム合金がはげてきた

何度も地面にたたきつけるように落としてるので、天板のカーボン部分が欠けている

X240s 落としてカーボンの天板が欠けている

傷だらけの本体だけど、
使用3年を超えて渋みと貫禄が出てきた感じ(笑)

OSは購入時のwindows8のままですが
まだまだ現役でがんばってくれそうです。


ThinkPad X260が届いた X250からの買い替え、持ったときの安心感が違う

ThinkPad X260のレビュー・感想



T460s バッテリー交換できないので、充電しきい値を80%に設定


ThinkPad T450sやT440sの前機種では交換
取り外しができたリアバッテリーですが・・・

ThinkPad T460s バッテリー交換は出来る? 充電制限 しきい値を変更して長持ちさせる

2016年に発売されたT460sから完全内蔵式になり、
バッテリー交換ができなくなりました


T460sを分解してみると、2つのバッテリーが内蔵されている。

T460sを分解すると内蔵バッテリーが2つ

フロント、リア2つのバッテリー構造は過去のモデルと変わらないようだけど、スペアのバッテリーは別で購入できない。

基本的に、バッテリー交換は修理扱いとなり、
レノボに一旦預ける必要があります。

もしかしたらebayやamazonで中国系の店舗や並行輸入業者から、T460s用の交換バッテリーが出てくるかもしれないけれど、自己責任でリスクもある。

気軽に交換出来ないとなると、
バッテリーが長持ちするにこしたことはないですね。


今日は事務所でT460sを開いて、
動画編集&外部GPUパワーを使っての書き出し

T460sで動画編集 しばらく持ち歩かないので・・・

しばらく持ち歩かなそうなので
充電が80%で止まるように設定しました。


充電しきい値の設定方法


バッテリーは構造上、充電・放電を繰り返すたびにへたって、駆動時間が短くなっていくもの。

へたりを軽減させるのに充電しきい値を80%以下に設定するといいようです。

T460sにバンドルされているストアアプリ「Lenovo Setting」を起動
左サイドの「電力・省電力」をクリックして・・・

レノボセッティングを立ち上げて充電しきい値を変更
※しきい値の変更ができるのはWindows10のみ


下の方までスクロールすると、「バッテリー充電のしきい値」の項目があるのでオンにする。

充電しきい値変更をオンにしたときのデフォルトは80%

2つのバッテリーごとに充電値を設定出来る。


しきい値変更をオンにしたときのデフォルトではバッテリーが80%まで充電されると止まります。

T460s 充電式しきい値を変更したら80%で止まった

100%の満充電で持ち運ぶと実働がだいたい5時間ぐらい。
80%だと4時間ほど、バッテリー駆動で使えそう。

T460s 80%の充電だと4時間ほどの実働

充電のしきい値はすぐに変更が出来るので、持ち歩いてバッテリー駆動時間が必要なときは100%のマックス充電。

自宅や事務所などACアダプターを常に接続している場合は80%にするなど、状況によってしきい値を変更しながら使えるのが便利です。


ThinkPad T460s リアルなバッテリー駆動時間 新幹線出張編



2016年 おいしい食事とThinkPad X260


今年(2016年)の2月29日にX260が届いて9ヶ月。
メインモバイルPCとしていろいろ持ち運んで大活躍。

写真を整理していたらおいしそうな写真が一杯出てきてお腹が空いてきたので・・・趣向を変えて!?写真をピックアップ(笑)

ゆしどうふそばとX260

沖縄 浜屋そばのゆしどうふそば。
3回沖縄に行ったけど毎回、間違いなく通ってます。

最近はちょっと有名になりすぎて、残念に感じるところも多くなってきたけれど、沖縄と言えば定番の場所。


デルタ 成田-ハワイ間 ビジネスクラスでの機内食。

X260とデルタビジネスクラスの機内食

特筆すべき味ではないのだけど、サイドテーブルにX260をちょこんと置いて、食事後にすぐに一仕事すると集中できるのがいい。


ハワイ サニーデイズでの朝食とThinkPad X260

X260 ハワイのサニーデイズ

大人数で写真の見栄えが良さそうと思って、X260。
おしゃれすぎるということで芸能人もおすすめしてる人気カフェ。

海外は比較的テーブルも大きいのでX260が小さく見える。


最後は松島産の生ウニとX260

松島産生ウニとX260

宮城の友人が連れて行ってくれたお店
たまたま時期があって食べられたけど美味しかったなー。

ThinkPad X260が届いてから海外へは4回。
国内旅行や出張は正直数えてられないほどX260を持ち運んで酷使してます。

時にはあらっぽく扱ったりもするけれど
相変わらず壊れることなく丈夫です。


ThinkPad X260が届いた X250からの買い替え、持ったときの安心感が違う

ThinkPad X260のレビュー・感想



X260より65W トラベルACアダプターのほうが・・・


今年、一番持ち運んだのはThinkPad X260・・・
ではなく、レノボ 65W トラベルACアダプター

X260と65WトラベルACアダプター

X260にとどまらず、X1 YogaやYoga260、T460sなど、ほとんどのモバイルThinkPadに対応していて、機器間で使い回せるのが便利。

近場のカフェから、国内出張、海外問わずいつでもカバンに入れて、ThinkPadたちをバッテリー切れの危機から救ってくれました。


手のひらサイズでケーブルが本体一体型。

手のひらサイズのレノボ65WトラベルACアダプター

標準のACアダプターより少し短めですが、空港ラウンジやホテルの部屋など卓上にコンセントがある場合はぴったりです。

ラウンジで65WトラベルACアダプター

ThinkPad X250の頃からずいぶん長いこと使ってる感じがして、発売日を調べたら2015年の3月でした。まだ、2年足らずなんですね。


65WトラベルACアダプターとT460s

ちなみに、平型長方形の電源端子を持つThinkPadで標準ACアダプターが65W以下ならトラベルACアダプターが使えます。

ThinkPad X240,X240s,X250,X260など、挙げればばきりがないほど。

同じモデル3世代にわたっても使い回せるので部屋や事務所でも使っていて何かと重宝しています。

ホテルの部屋でX260と65WトラベルACアダプター

電源供給可能なUSB Type-C端子対応のPCがぼちぼち出始めているのでそろそろ、後継機の電源端子に変化があるかもしれませんが・・・

いまのところ、ここ3年で購入したThinkPad全てに対応していて、余計な出費がかさまず助かってます。


飛行機内でレノボ65WトラベルACアダプターが活躍中



ThinkPad T460s PCバッグは2つを使い分けて持ち運んでます


軽量化されて持ち運びやすくなったThinkPad T460s
出張や海外へ一番使ってるのが純正のスリムバッグ。

ThinkPad T460s PCバッグはスリムでスタイリッシュ 2種類を使い分ける

最大の欠点は多少安っぽく感じるところだけど、
実際にびっくりするほど安く、値段相応なので問題なし(笑)

ThinkPad プロフェッショナル・スリムトップロードケース

欠点以上に利点の方が多く、いい意味で予想を裏切ってくれて、T460sを持ち運ぶのによく使っています。

t460sを入れてるThinkPad純正バッグ

持ち手部分はしっかりしていて、スリムなのに収納力もあり、機能性が抜群。

底面や側面はスポンジのような素材がかまされていて、PCをインナーケースに入れず、そのまま入れても安心感があります。

T460sが薄くなってバッグもスリムに

耐衝撃性もあるのに、バッグ本体が軽い!
5000円以下でこのクオリティはなかなかないです。

安いので汚れや傷などは全く気にせず持って行けるのもいい。

同じ14ンチのX1 Yogaも純正スリムバッグで持ち運んでます。

出張でThinkPadをそのままバッグに入れるなら

ThinkPadを現場仕事や出張など気軽に持って行けるバッグとして、今年最も活躍してくれました。


大事なシーンでT460sを入れるバッグ


もう一つはビジネスマンにはおなじみTUMI(トゥミ)の本革バッグ。

TUMI本革バッグにT460s

TUMIといえば、強化されたバリスティックナイロン製の黒いフォルムを思い浮かべますが、こちらは本革仕様、スリムでスタイリッシュ。

薄くなったT460sをかっこよく持ち運ぶにはぴったり。

トゥミ TUMI ビジネスバッグ HARRISON 「セネカ」スリム・ブリーフ

ぱっと見、TUMIとはわからないのが気に入っています。

TUMI(トゥミ)本革 スリムパソコンバッグにThinkPad X1 Yogaがぴったり


目上の方や経営者さんと会うときはTUMIのバッグ。

アラフォーともなってくると多少は身の回りの物には気を遣わなければ、というのもあるし、やはり、レベルの高い人ほど靴や持ってる物をよく見てますから・・・

TUMI本革バッグにT460sを入れる

元々、デスクトップ代わりに使おうと思ったT460sだけど
こんなに持ち運ぶとはちょっと意外でした。

フルモデルチェンジで軽量化&コンパクトになった
本体の恩恵は大きいですね


ThinkPad T460s 持ち運びはどう? 軽量化したボディを持って出張へ



HDMI端子からプロジェクターやTVにつなげて映像や音が出ない場合は?


今年は、ThinkPad X260やT460s、X1 Yoga、Yoga260など、
HDMI端子搭載のノートPCを持ち運んで、
ホテルのテレビにつなげて利用することが多かった。

ノートパソコンのHDMI端子からプロジェクター映像が出ないときは

プロジェクターや外部モニタにHDMIケーブルをつなげても映像が映らなかったり、音声が出力されなかったりするけど・・・

画像が出ないときはほぼ同じ状況。

PCとTVやプロジェクターの電源を入れたままHDMIケーブルを差し込むと映像が出ないことが結構な確率であります。

外部モニタに映像が映らないときは
HDMIケーブルをつなげたままでPCを再起動

または、TVやプロジェクターの外部入力を一旦ほかのソースに切り替えてHDMIに戻す。

ThinkPad T460s wigigドックでデュアルモニタ

今年だけで、いろいろなテレビやプロジェクタに20回以上、ThinkPadをつなげてますが、100%この方法で外部モニタに映像が出力されてます。

ThinkPad X260 HDMIケーブルから外部モニタに出力してマルチモニタ


HDMI端子は相性で映像が出力されないケースもあるらしいですが、私に関しては今のところ、不具合が出たことがないです。

シャープのアクオス X1 Yogaをつなげてデュアルモニタ

HDMI端子経由でプロジェクターや外部モニタに接続したのに画像が出ない!ときはまず、PCを再起動。

それでも解消しないなら、プロジェクターやモニタの入力ソースを一旦切り替えてHDMIに戻してみてください。


ThinkPad X260 HDMI端子を使ってデュアルモニタ
T460s HDMI端子に外部ディスプレイを接続してデュアルモニタ
ThinkPad X1 YogaのHDMI端子 ホテルで意外?!な活用法



車内にX1 Tabletをそのまま持ち込んで仕事現場へ


仕事現場へ車移動
ThinkPad X1 Tabletをバッグには入れず
本体そのまま車内に持ち込む。

車内にそのままX1 tabletを持ち込んで使ってみた

今日はPCを使う予定がほぼないので・・・

こういうときは軽くて持ち運びやすく、いざとなったら、PCの代わりとして使える X1 Talbetを持ってきました。

予定より早めについたので、直射日光照りつける車内で一作業。

ThinkPad X1 Tablet キーボード付き 車内で

キーボードを取り付けてのタイピング後、
取り外して、液晶のみでwebサーフィン。

例外的にLTEに対応しているX1 tabletなので、
外出時のネット接続があっという間に出来て便利です。

LTE対応のX1 tabletでネットサーフィン

狭い車内でラップトップPCを取り回すと少々かさばるのだけれど、キーボードを取り外した12インチのX1 Tabletはハンドリングが抜群。


ダッシュボードにも余裕で置けます(笑)

車のダッシュボードにX1 tablet

グーグルマップを表示させてみたけれど、
カーナビの画面よりも、大きくて見やすい。

欲を言うと、GPSがついていれば
X1 Tabletをナビとして使えるんだけどな・・・

X1 tabletでグーグルマップを表示させてみる

いい天気でもろに直射日光が液晶面に照りつける場所だけど、明るさ50%でも視認性がいい。

通常のラップトップThinkPadよりもX1 Tabletは極端に明るい場所でも見やすく、タブレットならではの利点が光りました。


ThinkPad X1 Tabletのレビュー・感想



ThinkPad X260 X250 持ち運ぶとフリーズする原因は?


ThinkPad X260やX250、X240を持ち上げたり、
電車内や飛行機内の振動がある場所で使うと、
頻繁に本体がフリーズして、動きが止まることがある

ThinkPad X260 X250 持ち運ぶと動きがフリーズするときは・・・

この現象は不具合ではなく、ThinkPad本体の揺れや加速度を検知し、落下等の重大な衝撃を予想して一時的にHDDを停止するソフトがバンドルされている

レノボ ハードディスクアクティブプロテクションシステム ウインドウ

Lenovo ハードディスク・アクティブプロテクション・システムと呼ばれて、デフォルトだと持ち上げるだけで動きが止まったりする。

コントロールパネルからLenovo – HDD プロテクションをクリックすれば設定ウインドウが立ち上がるので・・・

HDDアクティブプロテクションシステムはコントロールパネルから起動できる

ここから、有効、無効、振動検知の感度を調節出来る。

ストレージがハードディスクで、持ち運んだときに動きが止まる場合は設定を変えるなり、アクティブプロテクション自体を無効にするといいでしょう。

ちなみにSSDの場合は振動を感知しても動きは止まらないようです

img_5117レノボ ハードディスクアクティブプロテクションシステム SSDでは作動しないようだ

手元のX260はSSDなので、購入してすぐのセットアップ時に不要なソフトとして削除してます。

このアクティブプロテクションシステム自体は歴史が長くて、10年前ThinkPad X60sを使っていた頃から本体にインストールされていました。

ThinkPad X60s 長野新幹線で開く

当時はHDDだったため、ソフトを有効にして使ってましたが、新幹線の振動で動きがフリーズしていたので衝撃検知を弱めて使っていたのを思い出します。

今手元にあるThinkPadはすべて衝撃に強いSSDなので、
ソフト自体、役目を終える時代なのかもしれません。

省電力で静かで衝撃にも強く、爆速なSSD
一度使うとやはり、HDDには戻れないですねー


ThinkPad X260 SSD換装の手順と所要時間【交換動画つき】



ThinkPad トラックポイントで狭い飛行機内でもカーソル操作が楽ちん


国内線の狭い座席で12.5インチのThinkPad X260を開く
お馴染み赤いポッチのトラックポイントでカーソル操作。

ThinkPad トラックポイントが秀逸 狭い飛行機内でカーソル操作

マウスが置けないような狭い場所で作業しても、ホームポジションをほとんどずらさず、キータイピングとカーソル操作がスムーズに行えます。

10年以上、ThinkPadを使い続けている理由にこのトラックポイントがかなり大きなウエイトを占めてると思う。

ThinkPad X260 トラックポイント操作を尻目に 隣のビジネスマンはhpでタッチパッド操作

すっかり、トラックポイントでの操作が当たり前になって、最近ではその使いやすさすら忘れかけてましたが・・・

飛行機で隣に座ったビジネスマンがhpのモバイルノートだった。

飛行機内 エコノミーのテーブルにノートPCをおいてみる

マウスを膝の上で操作したり、タッチパッドで操作したり、見ていてちょっと窮屈そうだった。

タッチパッドかトラックポイントかは好みが分かれるところでしょうけど、作業効率を考えると、トラックポイントが使いやすい。

Thinkpadと言えばやはり、赤いポッチのトラックポイント

ThinkPadを使い始めた十数年前は・・・

なんだこの使いにくさは!と感じてマウスと併用してましたが、だんだんと慣れて今ではすっかりマウスを持ち歩かなくなりました。


ThinkPad X260のレビュー・感想



レノボ X260をフル活用 ホテルのTVを使ってマルチモニタで動画編集


ThinkPad X260から新たに搭載されたHDMI端子が相変わらず便利。

レノボX260をフル活用 HDMIケーブルでマルチモニタしながら動画編集

旅先にHDMIケーブルを持ってくるだけで、ホテルに備え付けのテレビでデュアルディスプレイ環境を簡単に構築できる。


沖縄でもThinkPad X260からシャープのアクオスにHDMIケーブルをつなげて動画編集。

X260 デュアルモニタ ホテルの部屋で動画編集中

動画プレビューを大画面のTVに映し出して
タイムラインやエフェクトウインドウはX260の液晶で作業。

12.5インチで画面が小さなX260でも、
デュアルディスプレイにすると作業範囲や表示範囲が広がります。

ホテルには薄型テレビが置いてあることが多く、ほとんどHDMI端子を搭載しています。

今回、宿泊したヒルトン沖縄北谷リゾートの部屋では外部端子類が壁に個別で設置されていて、拡張して使うことが前提となっている親切設計。

ホテルのテレビ外部端子が壁に設置されている

今年、10回ぐらいはホテルに宿泊してThinkPadを持ち込んだけど、すべての部屋でTVを外部モニタとして使えました。


いい音でモーニングBGM


朝起きて、アマゾンプライムミュージックをX260で再生中。

朝はX260とシャープのアクオスコラボでBGMを再生中

HDMIケーブルを旅先や出張先に持ち運ぶ前まではBGMを流すためにブルートゥーススピーカーを別途持ち歩いたりしたけれど・・・

ケーブルをつなげると音声もテレビから出力されるので、大型のTVだと、予想以上にいい音でBGMが流れます。

X260のスピーカーでもそれなりに音は出ますが、
やはり、TVのスピーカーに比べると軽く薄い音質。

HDMIケーブル1本でデュアルモニタとそこそこいい音が聞けて、一石二鳥なホテルライフが楽しめます。


何にも縛られない柔軟な携帯性


書き物など、テキストを集中して打ちたいときはHDMIケーブルを外して、別のテーブルに移って作業。

テキストを打ちたいときは個別のテーブルにX260を移動

ホテルの部屋内でも気分を変えてベッドの上や個別テーブルなど、
どこでも自由に持ち運べるのがいい。


作業によって場所を変えると、
なかなか進まなかった仕事に集中出来たりする

ベランダでもX260

2泊の旅でしたが、X260を開いた場所は数知れず。

ホテルの部屋内はもちろん、ラウンジ、スタバや空港、飛行機内など、まさに場所を選ばず、仕事にフル活用できました。


ThinkPad X260 をさらに詳しく見る