ThinkPadの画面が自動調節されて暗くなるのを直したい


SSD交換したて のThinkPad X280を使っていたら、
バッテリー駆動時、黒っぽい画面を表示すると自動的に暗くなる

ThinkPad X280 画面が暗くなる 明るさ自動調節を無効 Windows10

ThinkPadを初めて起動したときや、リカバリー後は、intelグラフィックス・コントロールパネルのディスプレイ省電力設定が有効になっている。

デフォルトだとバッテリー駆動時に消費電力を抑えるため、黒い表示をすると、明るさが自動調節されて暗くなる。

UIが黒いPhotoshopを使ったり、ブラウザでネットサーフィンを交互にすると、明るくなったり、暗くなったり・・・結構、気になる。

長らくThinkPadを使ってる方は、
あーそれね。とすぐお分かりかと思いますが、

たまにThinkPadユーザーの友人に聞かれるので
改めて、暗くならないようにする設定手順をご紹介。


まずはデスクトップを表示させ、右クリック
「インテル グラフィックスの設定」を選択

デスクトップで右クリック


インテル UHD グラフィックスコントロールパネルが立ち上がったら、「電源」をクリック

電源をクリック


左サイドバー 「バッテリー駆動」が選択されていることを確認して
ディスプレイ省電テクノロジーで「無効」をクリック

省電力を無効にする


最後に右下の適用ボタンを忘れずに。

適用ボタンをクリック


確認用のポップアップが出てくるので
20秒以内に「はい」を選択して設定完了。

20秒以内にはいを選択

これで、バッテリー駆動時に黒っぽい画面を表示しても明るさが変わらなくなった。


1度知ってしまえばどうってことないんですが、
最初はディスプレイの初期不良かと思ったほど。

今回はX280で設定してますが、ここ2,3年で発売されたほとんどのThinkPadで有効かと。
intelのiGPU(GPUがCPUに内蔵されているタイプ)なら他の機種も同じ設定です。


ThinkPad X280が届いた X270と違いを比べながら10日間使ってみた


ThinkPad X280 が大幅割引中です

レノボの直販でThinkPadをカスタマイズ
ThinkPadが大幅割引で購入できます。

割引クーポンを確認する


カートの最終画面で、クーポンを適用すればX280が大幅割引です。