ThinkPad X280 SSDの換装・交換手順【動画】


ThinkPad X280 購入時のSATA 128GB SSDから
WD(ウエスタンデジタル)SATA 250GBに交換。



高速なPCIe NVMe SSD(PCIe3.0×4)にも対応していますが
発熱・消費電力が高いため、
今回はバッテリー駆動時間重視でSATA SSDにしました。

この夏は特に暑いのでSSDの温度も心配ですし・・・

今年(2018年)2月に購入した
WD(ウエスタンデジタル)製のSATA 250GB

ThinkPad X280 SSD換装・交換 手順 動画あり
今買うなら、500GB1TB を選んでると思う。
わずか5ヶ月で2割以上、価格が安くなってます。


上記動画はSSDを交換する部分だけです。
実際にWindowsを復元する場合は大きく3つの手順が必要。

リカバリーメディアを作る
・SSDを交換する(上の動画)
リカバリーメディアからwindows を復元する


SSD交換作業自体は30分もあれば十分できますが、

リカバリーメディアの作成と復元にはそれぞれ1時間ほどかかるので、ゆったり見積もって3時間ほど、ゆとりがあるときにSSD交換作業をするとよいでしょう。

X270からX280にフルモデルチェンジし、
薄型軽量になった影響が内部にもでていて・・・

SSDの規格はM.2 type2280

安価で種類も豊富な2.5インチHDDやSSDが使えなくなったのはデメリットとも言える。

ただ、開けずらかった裏蓋はT460sから採用されている裏蓋の機構にかわり、劇的に開けやすくなった

ネジの本数も8本から5本に減り、内部メンテナンス性も向上しました。

裏蓋開封のポイントとしては、
ねじを緩めてもパームレスト側に隙間がほとんどできない。

爪が入らない場合は角に使わなくなったクレジットカードや会員証などを突っ込んで引き上げると簡単に裏蓋が開きます。

X280 裏蓋が開けずらい場合は使わなくなったクレカや会員証などプラスチック製のものを使う

X270以前の裏蓋の開けづらさを知ってるだけに、
X280はSSD交換も鼻歌交じりでほんの数分でできるように(笑)

おそらく、10回以上、SSDをあれこれ、抜き差ししてます。

でも、X280自体、頻繁にSSDを交換するよう設計されていないとのことです。

いまのところ、なんともないですが、裏蓋が簡単に開くからといって、私のようにむやみやたらにSSDを交換しないほうがよさそう。

そもそも、SSDの交換はすべて自己責任。
もちろん、メーカーの保証対象外です。

SSD交換が不安な方や、時間がもったいないと感じるなら、
最初からレノボの直販で必要なストレージをカスタマイズするほうがよいでしょう。


ThinkPad X280のSSDをカスタマイズ


ThinkPad X280 が大幅割引中です

レノボの直販でThinkPadをカスタマイズ
ThinkPadが大幅割引で購入できます。

割引クーポンを確認する


カートの最終画面で、クーポンを適用すればX280が大幅割引です。