セミナーで1日ノートパソコンを使ってみた バッテリー残量公開


渋谷のフォーラムエイトという会議室でとあるセミナー

10:30~18:00まで1日ThinkPad X240sを使って
セミナー終了時のバッテリー残量がこちら



セミナーで1日使ったあとのx240sバッテリー残量

昼休みや休憩時間を除けば、6時間ほどの実働で、
残り、2時間29分。余裕で1日バッテリーが持ちました。

ThinkPadとキャンパスノートを置けるから机の上を効率的に使える
ThinkPad X240sをさらに詳しくみる


作業内容はエクセルのシートを編集
セミナー内容をワードにまとめたりと
あまり、CPUに不可のかからない作業が中心でした。


ThinkPadX240sはキータッチ音も静かなので
ちょっと気を使いながらタイピングをすれば
周りにも迷惑がかからず入力ができます。


ノートパソコン持参のセミナーだったため
周りはダイナブックやバイオ、レッツノート、macbookなど
いろいろなノートブックが一斉に集まっていました。


セミナーではダイナブック、VAIO、レッツノートなどのノートパソコンが勢ぞろい
分厚い15インチのノートパソコンを持ってる人が多かったな。

多くの人が大きなかばんやキャリーバッグの中に
ノートパソコンを入れて持ってきてました。

持ち運びがしにくいと機会があればなんとか運びますが
結局、最後には持ち歩かなくなってしまうので

そう考えるとThinkPad X240sは
普通のキャンパスノートを持ち歩く感じで
気軽に持って歩けるのがいいですね。

鞄の中もすっきりしていてスマートです。


14インチのノートパソコンユーザーは
電源を持ってきていたみたいで
コンセントの取り合い合戦になっていました。

ノートパソコンの電源獲得合戦(笑)

電源を取れなかった人は
セミナーの最後までバッテリーが持たずに
途中でパソコンを閉じる人が多かったです。



狭い机のスペースを効率的に使えるThinkPad

セミナーで用意されている机って狭くて
15インチのノートパソコンを持ってきたら
それだけでスペースをすべて使いきってしまいます。

ちょっとしたメモを取るとき
ノートやメモ帳を机に置けず、かなり使いづらい。


セミナーでThinkPad X240sを使ってみた

手持ちのThinkPad X240sは、A4サイズの12.5インチ
狭いセミナーの机を効率的に使えたのはもちろん、

電源をつかわずに余裕で1日のセミナーを過ごせました。


ThinkPad X240をさらに詳しくみる

ThinkPad X240sをさらに詳しくみる



ThinkPad X280 が大幅割引中です

レノボの直販でThinkPadをカスタマイズ
ThinkPadが大幅割引で購入できます。

割引クーポンを確認する


カートの最終画面で、クーポンを適用すればX280が大幅割引です。