LenovoパワーバンクとX280を新幹線車内で充電中・・・


海外から戻って翌日に新幹線で名古屋へ。
1泊なので12.5インチのThinkPad X280を持ち運んでコンパクト出張。

ThinkPad X280 モバイルバッテリーと45W USB Type-c ACアダプタ

ドタバタあちこち動いているときは本体の充電を忘れることが多い。

X280を充電してない気がする・・・と新幹線で電源オンにすると予想通りバッテリー残量が46%。

X280 バッテリー残量が46%と心もとない

名古屋までの1時間半程度はこれでも十分もつんだけど、現地で使うことを考えると心もとない。

そう、こんな時のために、ThinkPadを充電できるモバイルバッテリー、 Lenovo USB Type-C ノートブックパワーバンク(14000mAh) を持ち運んでるんだもんねー。

X280 モバイルバッテリー 残量が残り僅か

と、得意げに取り出すものの、残量を確認すると1メモリしか残ってない(笑)

付属のUSB Type C to スリムチップの変換ケーブルを持っていればACアダプタ1つでX280とパワーバンクを同時に充電もできるけど・・・

X280 パワーバンク スリムチップ to USB Type-c変換ケーブルを忘れた・・・

こういう時に限って忘れるんですよね(笑)


旅の必需品 Lenovo USB C 45W ACアダプター でまずはX280本体を充電。

X280 トラベルacアダプターとして愛用中

80%充電が完了してからアダプターを挿しかえてパワーバンクへ。
USB Type C端子は汎用性があって、いろいろな機種に使えるのがよい。


パワーバンクもLED4つめまで点滅、80%以上は充電完了。

新幹線でモバイルバッテリーを充電中

1時間半の乗車時間でX280、モバイルバッテリーの両方をパワーチャージできた。


昨日までX1 Carbonを持ち運んでいたからかX280の取り回しの良さが車内で際立った。

X280 ハンドリングが抜群

バッグから取り出したり、しまったりするのはもちろんのこと、新幹線、グリーン車の背もたれ部分に置くと位置が微妙だし、タイピングすると前の座席に座ってる方に迷惑になりかねないので、膝の上に移動したり・・・

本体を体勢によってあちこち動かす自分にとって、12.5インチのX280はハンドリングが抜群だなーと改めて感じる。

X280 12.5インチを大事に使おう

X1 Carbonは2017年モデルからサイズダウンしたとはいえ、A4サイズのX280を持ち運ぶと便利に感じることも多い。

今年のモデルからは13インチになり、若干大きくなるようなので、X280は大事に使うことにしよう。


ThinkPad X280が届いた X270と違いを比べながら10日間使ってみた


ThinkPad X280 が大幅割引中です

レノボの直販でThinkPadをカスタマイズ
ThinkPadが大幅割引で購入できます。

割引クーポンを確認する


カートの最終画面で、クーポンを適用すればX280が大幅割引です。