Lenovo USB Type-C パワーバンクをパススルーバッテリーとして使えるか? ThinkPad X250で試す


ThinkPadで使えるモバイルバッテリー。
Lenovo USB Type-C ノートブック パワーバンク(14000mAh)がパススルーバッテリーとして使えるのか?

Lenovo USB Type-C ノートブック パワーバンク パススルーバッテリーとして使えるか

バッテリーが内蔵されていないThinkPad X250 米沢生産モデル(2015年2月購入)にパワーバンクをつなげたら、問題なく起動した

Lenovo USB Type-C ノートブックパワーバンク(14000mAh) スペック・仕様詳細


そもそもパススルーバッテリーってなんだ?って話ですが、

ThinkPadに内蔵されたバッテリーが経年劣化などでバッテリーエラーになり、機能しなくなった場合

パワーバンクを内臓バッテリーの代替品として使えるか

要するにパワーバンクが電源の代わりを果たしてくれるのかということにもなる。


まずはバッテリーがなくACアダプタでしか動かないX250を準備。
タスクバーの電池ボタンを押すと「バッテリが検出されません」と出る。

X250 内臓バッテリーエラー

OSは最近は話題にもならず、いまどき珍しいWindows8.1(笑)


X250の電源を切り、パワーバンクを準備。

パワーバンクを準備

USB Type-CケーブルからUSB Type-C -スリムチップ 変換アダプター(いずれのケーブルも付属品)を介して、X250の電源端子、スリムチップコネクタへ。


がっ!X250の電源ボタンを押すも何も起こらない・・・

通常パワーバンクからThinkPad本体にケーブルを接続すると、自動的にパワーバンク本体の電源が入り、充電が開始されるが・・・

内臓バッテリーがない(機能しない)場合は
パワーバンクの電源ボタンを押す
必要あり。

パワーバンクの電源をオン

パワーバンクの電源をオンにすると、
X250の通電を示す電源ボタンが点滅し無事に起動。

パワーバンクでバッテリーなしのThinkPad X250 が起動した

内臓バッテリーなし、パワーバンクのみでパススルーバッテリーとして機能しました。


手元にある4年前に購入したThinkPad X240sのバッテリーは完全内蔵式。

日に日に容量がへたってきて、今では購入時の60%しかバッテリー容量がなくなってしまった。

経験上、バッテリー容量の50%以下までへたるとバッテリーエラーになる確率が高く、使えなくなる傾向です。

修理に出して内臓バッテリー交換をするとかなり費用がかかるので、そんなときはパワーバンクが活躍してくれそう。

ThinkPadの内臓バッテリーがエラーになった際の選択肢がパワーバンクのおかげで増えました。


ThinkPad X1 Carbon X280 充電対応のモバイルバッテリーを買った(lenovo純正品)


ThinkPad X280 が大幅割引中です

レノボの直販でThinkPadをカスタマイズ
ThinkPadが大幅割引で購入できます。

割引クーポンを確認する


カートの最終画面で、クーポンを適用すればX280が大幅割引です。