ドコモ解約!OCNモバイルONE 音声SIMに乗り換える7つの理由


昨日、ソニーのXperia Z Ultra simフリー版が届いたので
17年使ったドコモを解約しにドコモショップへ

ドコモショップでThinkPad X240sをひらいて一仕事

予想通り待ち時間が長かったのでThinkPad X240sを開いて一仕事


ファミリー割引の主回線者になっていてこのままだとMNP(番号ポータビリティ)できないということで変更手続きだけをしました。

電話でドコモに聞いたときはあたかも、次に主回線者になる母親が一緒にいないといけないような感じだったけど・・・

いざ店舗に行ってみると、
主契約者の支払い情報変更は郵送でも出来るらしく、あっさりと一人で主契約の変更が出来ました。

聞き方が悪かったのかな。顧客が流出するMNPが前提だから、そこまでの提案は電話ではしてくれないようですね(笑)


格安音声SIMや格安スマホは各社怒濤のようにサービスを展開してるのでどこを選ぶか迷うところですが・・・


OCNモバイルONEの音声SIMにした7つの理由

・使わなかった通信容量を次月に繰り越せる。
・実近3日間での速度制限がない
・IP電話 050plusの月額基本料が無料
・容量を使い切ったときのチャージ料が安い
・縛りが他社12ヶ月のところ、6ヶ月
・月1回プラン変更がネットで簡単にできる
・自宅の光回線もOCNのため月額200円割引


正直、どこのMVNO業者も似たり寄ったりなのですが
音声通話を月に1、2回しか使わない私にとっては
OCNモバイルONEの使い勝手が一番よく感じました。


通信容量を次月に繰り越せるのが一番のポイント

これはいまのところ、ほかだとDMMモバイルぐらい。

楽天モバイルの場合、2.1GBプランだと
3日で360MB以上通信すると速度制限がかかる。

実近3日の使用量で制限されてしまうと
偏る使い方をする場合もあるだけに厳しいんですよね。


ドコモショップでは主回線の変更だけをして仕事場に戻ってネットからMNP申し込みをしてドコモを解約完了

ひとまずはOCNモバイルONEの音声SIM 月2GBのプランにしました。


これで月の携帯代とネット回線代が4500円ほど削減

Xperia Z ultra 手に持ってみた

Xperia Z Ultraのデザリングで
ThinkPad X240sをつなげる日ももうすぐ。




Sony XPERIA Z Ultra C6833 LTE版(Black) 海外SIMフリー携帯



OCN モバイル ONE マイクロSIM 月額900円(税抜)~


ThinkPad X280 が大幅割引中です

レノボの直販でThinkPadをカスタマイズ
ThinkPadが大幅割引で購入できます。

割引クーポンを確認する


カートの最終画面で、クーポンを適用すればX280が大幅割引です。