X1 TabletのCPU Core m5-6Y54、6Y57・m7-6Y75で悩んだあげく・・・


ThinkPad X1 TabletのCPUにはCore mプロセッサが搭載されます。
悩んだあげく、今回はCore m5-6Y54を選択しました。

ThinkPad X1 tablet CPUはCore m5-6Y54,6Y57・m7-6Y75どれにする

ThinkPad X1 TabletのCPUをカスタマイズ

Core mプロセッサの利点はタブレットや超薄型PC向けのCPUで低消費電力(5W)。
薄くて軽いX1タブレットは約10時間ものバッテリー駆動時間です。

ま、それはいいとして、Corei5やi7とCore mがどれだけ違うのかは気になるところ。

ラップトップPCの ThinkPad X1 carbonThinkPad X1 Yoga に搭載できるCorei3、i5、i7であれば迷わず動画編集に最適なi7を選ぶんだけど・・・

Core mプロセッサの場合はちょっと勝手がよくわからない。



Core m5-6Y54,6Y57・m7-6Y75どれにする?

ThinkPad X1 tabletの用途を考えたときに
最初は動画編集をバリバリして、仕事にも使える
パーフェクトな最強スペックにするか・・・

じゃあ、最上位のCore m7-6Y75を選ぶでしょと思ったけど、

すでにCore i7 6600UのCPUを搭載したThinkPad X1 Yogaを買ったので、X1 Tablet1台だけでバリバリ動画編集をするかというと微妙。

そう考えると、用途を限定して、Photoshopでの簡単な画像処理や
ブラウザ閲覧しながらの資料作成などはCore m5-6Y54でおそらく十分。

Core m5-6Y54は1世代前のCore i5ぐらいと同じぐらいとの情報もあり、今回はCore m5-6Y54を選択、メモリは8GBにして購入。

実際のところはCoreMとCore CPUシリーズは単純に比べられないところもあるようですので、使ってみないことにはわかりませんね

わずか1kg程度の重量と1.3cmの薄さでバリバリ仕事に使えたら、機動力があがって便利だろうな。

ThinkPad X1 Tablet 厚さ

余談ですが、2015年に発売されて話題になった超薄Macbookに採用されたCPUは X1タブレットの1世代前の第5世代Core mプロセッサでした。

第6世代Core mプロセッサになって性能が上がったようですので、
ThikPad X1 TabletのCore m5-6Y54でどこまで仕事に使えるのか
CPUに負荷の高い動画編集などして試してみるのが楽しみ♪


ThinkPad X1 Tabletをさらに詳しく見る



ThinkPad X260 が大幅割引中です

レノボの直販でThinkPadをカスタマイズ
ThinkPadが大幅割引で購入できます。

割引クーポンを確認する


カートの最終画面で、クーポンを適用すればX260、X1 Carbonが大幅割引です。