東京ビックサイトで無料WIFIが使えるようになってる

東京ビックサイトで無料WIFIがつながるようになってる

東京ビックサイトでブースを回ってから
調べ物をしようと思ってThinkPad X240sを開くと

SSID Tokyo-BigSight_Wi-Fi なるものが!

どうやら東京ビッグサイト内の共用スペースの一部で
無料のWIFIがつながるようになったみたい

昨年は確かなかったので、最近だと思います。

都営バスの車内でも無料WIFIがつながったりと
無料のネットサービスが若干拡大してる模様。

この調子で都内全域が無料WIFIとかなったら便利なんですけどね(笑)

そんな日がくるのかはわかりませんが、
それまではOCNモバイルONEと
ワイヤレスゲートにお世話になります。


ワイヤレスゲート BBモバイルポイントの速度・使い心地

OCNモバイルONEは電車の中(地下鉄)移動中でもつながるか?



ThinkPad X240 X240s T440p T440s 最新CPUに一部変更

ThinkPadに一部最新CPUを搭載できるようになった

intelの最新CPUラインナップをThinkPadに搭載して、
今日から直販で選択できるようになりました。

ThinkPad X240s X240 T440s T440pに
搭載可能なCPUを一覧にしました。


太字が今回新たに搭載できるようになったCPU

12.5インチ
搭載可能CPU
  • Core i3-4030U
  • Core i5-4200U
  • Core i7-4510U
  • Core i3-4030U
  • Core i5-4210U
  • Core i5-4300U (1.90GHz, 3MB, 1600MHz)
  • Core i7-4600U (2.10GHz, 4MB, 1600MHz)

14インチ
搭載可能CPU
  • Core i5-4200U (1.60GHz, 3MB, 1600MHz)
  • Core i5-4210U
  • Core i5-4300U (1.90GHz, 3MB, 1600MHz)
  • Core i7-4600U (2.10GHz, 4MB, 1600MHz)
  • Core i5-4210M
  • Core i5-4300M (2.60GHz, 3MB, 1600MHz)
  • Core i5-4340M (2.90GHz, 3MB)
  • Core i7-4710MQ (2.50GHz, 6MB)
  • Core i7-4600M (2.90GHz, 4MB, 1600MHz)
  • Core i7-4810MQ (2.80GHz, 6MB)
  • Core i7-4910MQ (2.90GHz, 8MB)
※2014年6月20日現在。実際とは異なる場合もありますので 直販サイトでお確かめください


ThinkPadにintelの新しいCPUが搭載可能に!
動作周波数がアップして高速化してるとのことです。

X240sとT440pは一番スペックが高いCore i7に
新しいCPUが搭載されてるのが気になるところ。

実際の作業ベースだとCPUが新しくなったことで
どれぐらいの違いがあるか分かりませんが
最新CPUといわれると心おどります(笑)


ThinkPad X240sのレビュー・感想
ThinkPad X240のレビュー・感想
ThinkPad T440sのレビュー・感想
ThinkPad T440pのレビュー・感想


麻布十番のホノルルコーヒーでThinkPad 来週はハワイへ

麻布十番ホノルルコーヒーとThinkPad X240

麻布十番のホノルルコーヒーでコーヒータイム
向かいの友人はThinkPad X240でなにやら作業中。


コンセントは窓側の席、テーブル席ともに
たくさんあって充実してるけど
WIFIが飛んでないのが残念なところ。

ホノルルコーヒー麻布十番はコンセントはたくさんあるけど


ところ変わってこちらは昨年(2013年)12月に行った
ハワイ、アラモアナショッピングセンター内のホノルルコーヒー

アラモアナショッピングセンター内のホノルルコーヒー
アラモアナショッピングセンター内は無料のWIFIが飛んでる。
と、言っても場所や時期によってはつながらなかったり、
極端に通信速度が遅かったりします。

日本のホノルルコーヒーとハワイのホノルルコーヒーって
なんか、違うんですよね(笑)

さきほど、ハワイ行きのチケットを予約完了。
来週からハワイに行ってきます~

もちろん、ThinkPad X240sを連れて行くので
ハワイの空気をお届けできたらと思ってます♪


T440sとX240どちらをえらぶか? 違いと比較表

ThinkPad T440s とX240あなたにぴったりのシンクパッドは?

14インチのThinkPad T440sと
12.5インチのThinkPad X240どっちがいい?


ThinkPad T440sのスペック・詳細情報
ThinkPad X240のスペック・詳細情報

直販で選択できるCPUはほぼ同じですが、
最大搭載メモリやグラフィックスはスペック的にT440sの方が上です。

バッテリー駆動時間は圧倒的にX240が上ですので
用途によってどちらを選んだらよいか変わってきます。

大きさ、キーボード、液晶画面 3つの視点から
T440sとX240どちらがよいかまとめてみます。


■ThinkPad T440s X240 比較表


 
選択可能CPU
  • Core i5-4200U (1.60GHz, 3MB, 1600MHz)
  • Core i5-4210U
  • Core i5-4300U (1.90GHz, 3MB, 1600MHz)
  • Core i7-4600U (2.10GHz, 4MB, 1600MHz)
  • Core i3-4030U
  • Core i5-4210U
  • Core i5-4300U (1.90GHz, 3MB, 1600MHz)
  • Core i7-4600U (2.10GHz, 4MB, 1600MHz)
選択可能OS Windows 8.1 (64bit)
Windows 8.1 Pro (64bit)
Windows 7 Professional 64bit SP1
Windows 7 Professional 32bit SP1
Windows 8.1 (64bit)
Windows 8.1 Pro (64bit)
Windows 7 Professional 64bit SP1
Windows 7 Professional 32bit SP1
最大搭載メモリ 12GB 8GB
液晶サイズ 14インチ 12.5インチ
液晶解像度
  • 14.0型 HD+液晶 (1600×900 250nit)
  • 14.0型 FHD液晶 (1920 x 1080 IPS 300nit)
  • 14.0型 FHD液晶 (1920 x 1080 IPS 300nit) マルチタッチ対応(10点)
  • 12.5型HD液晶 (1366×768)
  • 12.5型HD液晶 (1366×768 IPS)
  • 12.5型FHD液晶 (1920×1080 IPS)
  • 12.5型HD液晶 (1366×768 IPS) マルチタッチ対応
  • 12.5型FHD液晶 (1920×1080 IPS) マルチタッチ対応
グラフィックス インテル HD グラフィックス
NVIDIA Geforce GT 730M
インテル HD グラフィックス
サイズ 約 横331x 縦226x 厚さ20.65mm 横305.5x 縦208.5x 厚さ19.9-20.3mm
重量 約1.59kg(標準構成時) 約1.45kg(標準構成時)
バッテリー駆動時間 最大 約10.4時間 最大 約14.9時間
フロントバッテリー 標準搭載(直販) 直販オプションで選択
(購入後 取り外し不可)
リアバッテリー リア取り外し可能
(異なる容量の2種類から選択)
リア取り外し可能
(異なる容量の3種類から選択)
本体外装の質感 ツルツルしたメタリックな黒 マットな黒
 
※2014年6月20日現在。実際とは異なる場合もありますので 直販サイトでお確かめください




持ち運び、バッテリー持続時間を重視するなら X240

T440sとX240のサイズを比べると14インチの
T440sの方が一回り大きくなります。

ThinkPad X240 T440s大きさの違い

例えば電車の中や狭いデスクでの作業が多くて
PCをおけるスペースが限られているときは
T440sだと男性の膝に置くとはみ出て、少し大きめに感じます。

バッテリー持続時間という点でもX240が勝りますから
頻繁に出先で使用する、移動しながらPCの作業をしたい
というのであればX240が最適です。



キーボードの打ち心地、入力重視ならT440s(ただし、条件あり)

T440sのキーボードのキーピッチはすべてがフルサイズ
(デスクトップパソコンと同じキーの間隔)なので
長時間のタイピング、インターフェイスを重視するのならばT440sでしょう

TinkPad X240とT440s キーボードの違い

X240だと、キーピッチが狭くなると同時に
日本語キーボードだと、右上のキーが極端に狭くなります。

キーストローク(キーを押し込む距離)は
T440sが2mm、X240が半分の1mmです。

キーストロークに関してはそれぞれで好みが分かれると思いますが
私の場合は2mmあるT440sの方が打ちやすく感じます。

逆にキーストロークが短い方が好みであれば
X240のほうが、打ちやすく感じるかもしれません。

T440sは持ち運びもするけれど、出先ではがっつり仕事をしたい
操作性は犠牲にしたくないという人には最適でしょう。


出向先の仕事場に持って行って作業をする場合など
長時間集中してキーを打つのであればT440sがおすすめです。


ThinkPad T440sのキーボード打ち心地は?X240sとの違い


ThinkPad T440sのキーボード X240sとの違いを動画で
ThinkPad X240のキーピッチとキーストローク

※ThinkPad X240sとX240のキーボードは同じです。



液晶の解像度と見やすさで選ぶならT440s

12.5インチのX240sも
14インチのT440sどちらもフルHD(1920×1080)が選択可能です。

ThinkPad T440s X240 液晶画面と解像度のバランスで選ぶなら
ThinkPad X240 フルHDの見やすさと解像度の選び方


解像度が高くなると、画面が大きい方が
当然、文字も大きくなりますので見やすくなります。

14インチのT440sで選択できる HD+液晶 (1600×900)は
液晶の大きさと解像度のバランスがちょうどいいですね。

12.5インチでフルHD表示をすると文字が細かすぎるという方も多いので
やはり、液晶の画面だけで選ぶなら14インチのT440sでしょう。



T440sとX240という2つのノートパソコンがあって、
どちらがいいか?というのは使う人によって変わって当然です。

ご自身のライフスタイルに合わせて、いつ、どこで
何の目的でPCを使うのか?というところから落とし込んでいくと
あなたにぴったりのThinkPadが見つかると思います。


スペック、操作性重視ならThinkPad T440s

持ち運び、バッテリー重視ならThinkPad X240


OCNモバイルONEは電車の中(地下鉄)移動中でもつながるか?


OCNモバイルONEは電車で移動中につながるのは実証済みですが
今度は地下鉄 (都営浅草線)でネットをつないでみました

OCNモバイルONEは地下鉄移動中でもつながるか

結論から言うと、地下鉄で移動中も
問題なく、ネットの通信ができます。



日本橋から人形町の間でネットをつないでみましたが
web閲覧からYouTubeの動画を見るのも快適。

よく考えればドコモの回線使ってるから
地下鉄が移動中もつながるんですよね。

駅のWIFIだと、停車する瞬間だけつながっていて
移動中は使えなかっただけにこれは便利だ。


ドコモのXi(クロッシー)通信料が3,614円安くなった
OCNモバイルONEの繋がり具合・通信速度を計測(東京タワー)


パンダの背中にThinkPad X240s


パンダの背中にThinkPad X240sを乗っけてみた(笑)

パンダの背中にThinkPad X240s

なんだか、ちょっと顔がこわいかも・・・

thinkpad X240sをパンダの背中に乗せてみる

こうやって、遠くからThinkPad X240sを見るとやっぱり、薄いですねー

特に意味はない写真ですが、
炎天下であまりにもパンダが寂しそうにしていたので
ThinkPad X240sを背中に乗せてみたのでした。


音の静かなノートパソコンがほしいなら・・・


深夜にデスクトップパソコンの電源を切ってみる。

電源が入ってるはずのThinkPad X240sの排気口に耳を近づけるも
ほぼ、無音で、シーンとしています。

音の静かなノートパソコン ThinkPad X240s
ThinkPad X240sのスペック・詳細情報


X240sはSSDに換装してあるのでハードディスクのような
アクセス音が全くせず、無音です。

もちろん、CPUに負荷がかかる動画の変換や
WindowsUpdateなどしているときは
高周波のキーンというファンの音がしますが、

ネットサーフィン、YouTubeの動画再生
エクセルやワード、パワポなどの編集
adobeのphotoshopで画像編集してる時など

CPUに負荷がかからない通常の作業中は無音のままで
深夜だと静寂に包まれます。

結構、この静寂が好きなんですよね。

真夜中の作業ははかどります

デスクトップパソコンの電源を切って
ThinkPad X240sでミッドナイト作業をしていると
キーをたたく音だけが部屋に響いてかなり集中できる。

キーボードの音もキーストロークが短いせいか
ガチャガチャと音がせず、静かなので
公共の場でもかなりタイピングが楽になりました。


音が静かなThinkPad X240sをさらに詳しくみる


Let’s note(レッツノート)CF-AX3とThinkPad X240sを比べてみる


知り合いの女性社長の新しいパソコンが
ディスプレイが360度回転するレッツノートのCF-AX3だったので
セットアップをお手伝いするついでにThinkPad X240sと比べてみました。

Let's note(レッツノート)CF-AX3とThinkPad X240s レッツノート CF-AX3のスペック・詳細情報

ThinkPad X240sのスペック・詳細情報


X240sは12.5インチ、対してレッツノートCF-AX3は11.6インチ
小さいX240sよりもさらに一回り小さくなっています。

Let's note(レッツノート)CF-AX3とThinkPad X240sの大きさを比較

厚さはThinkPad X240sのほうが1mm薄い

Let's note(レッツノート)CF-AX3とThinkPad X240sの厚さを比較

さすがはレッツノートでタッチパネル式のディスプレイを搭載しながらも
ThinkPad X240sよりもちょっと軽い

手持ちのX240sが1.29kg(SSD換装済み)
レッツノートAX3が1.14kg(カタログ表記)なので

150g AX3の方が軽いことになります。

Let's note(レッツノート)CF-AX3を持ってみると軽いしコンパクト

過去のレッツノートに比べるとボディの質感やデザイン
剛性はコンパクトになりながらもアップしてる感じでした。


ただ、キーボードは、男性の指にはちょっと小さすぎます。

Let's note(レッツノート)CF-AX3とThinkPad X240sのキーボード

セットアップをお手伝いする上でAX3のキーボードを使いましたが
キーピッチ(キーとキーとの間隔)が短すぎて
何度も指がいきすぎて、誤タイピングしまくってました

Let's note(レッツノート)CF-AX3のキーボード全景
キーストロークは1mmあるかないかで
押し込む感触は悪くないんですが、

いかんせ、短いキーピッチは長時間のタイピングや、
メインのパソコンとして使うには厳しいなと個人的には思いました。

Let's note(レッツノート)CF-AX3のキーボード

もしかすると、手の小さい女性には慣れたらいいのかもしれない。

でも、当の本人、AX3を購入した女性社長さんは
以前のレッツノートのキーボードの方がよかったとおっしゃっていました。



レッツノート CF-AX3はディスプレイが360度回転するので
タブレット感覚でパソコンを使うことが出来ます


Let's note(レッツノート)CF-AX3のディスプレイを回転させてみる
Let's note(レッツノート)CF-AX3をタブレットとして横にしてみる

もちろん、PCを縦にすれば画面の方向もかわります。

Let's note(レッツノート)CF-AX3をタブレットとして縦にしてみる

タッチの感度もよくて操作性は言うことないんですが、
だいたい500gぐらいのタブレットに比べて2倍以上の重さがあるので、
実際にタブレットの代わりに使うかというと微妙です。

360度回転させたときに
背面に来たキーボードを押してしまい、ちょっとじゃまですね。

そう考えると360度回転させるとキーボードが引っ込む
ThinkPad Yogaはいいかもしれない。

ただ、タブレットとして使うにはこちらも重さがね・・・


女性社長さんはなんと、私が画面を回転させるまで
CF-AX3のディスプレイが360度回転することを知りませんでした(笑)


女性社長: なんでそんなになるん? (なんで画面が360度回転するの)

私:いや、タブレットとしても使えるんですよ

女性社長: そんなん、よーつかわんわー (そんなの必要ないわ)


と広島弁で話してました(笑)


おそらく11.6インチというコンパクトなボディだけでAX3を選んだと思われます。
女性にとって機能とかスペックって結構どうでもいいみたいなんですよね。

デザインとか色とか自分の感覚で購入するようです。
男性からすると信じられないんですが(笑)



そして、ThinkPadのトラックポイントとトラックパッドに
どっぷりつかった私が一番厳しいなと感じたのが・・・


AX3のタッチパッドとクリックボタン。

Let's note(レッツノート)CF-AX3のタッチパッドとクリックの感触

ホームポジションを崩さず使えるトラックポイントが当たり前になってるので

いちいちキーボードから手を離してタッチパッドまで指を持って行って
カーソルを動かすという作業がどうも慣れません。

クリックボタンもキーストロークが短すぎ
おそらく押し込む距離が0.5mmあるかないか。

これは長時間の作業は疲れます。


あれこれ言われているThinkPadの5点トラックパッドが
ものすごく使いやすいと感じてくるのが不思議です。

なんだかんだ言ってThinkPadから離れられないのも
トラックポイントとトラックパッドのような
効率的なインターフェイスが他にないからないんですよね。



レッツノートCF-AX3は11.6インチながら液晶は
フルHD(1920×1080)の解像度ですが・・・


Let's note(レッツノート)CF-AX3のフルHD 1920×1080は表示が細かすぎ

11.6インチにフルHDはさすがに細かすぎたのでコントロールパネルから
ディスプレイを150%の拡大表示にして

インターネットエクスプローラやグーグルクロムなどの
ブラウザはさらに140%拡大するよう設定しました。

ん~~これだと、
フルHDの意味があまりないような気が・・・(笑)


なんだかんだ言ってThinkPad

モバイルのビジネスノートは
ThinkPadかレッツノートかといわれるだけあって
レッツノートAX3もよく考えられたPCだなという印象。

コンパクトで軽いしバッテリー持続時間もいうことなしなので
用途によっては便利だなと思いました。

何よりもメイドインジャパンの信頼性と
サポートの手厚さは折り紙付きですし。


でも、トラックポイントを使った直感的な操作という点では、
やっぱり、他になくて、今後もThinkPad から離れられないですね。


360度画面が回転するレッツノート CF-AX3

ThinkPad X240sをさらに詳しくみる


ワイヤレスゲート BBモバイルポイントの速度・使い心地


打ち合わせ・・・というか知り合いの女性社長さんの
パソコンをセットアップするためマクドナルドへ。

麻布十番マクドナルドでワイヤレスゲートにつなげる

待ち合わせまでちょっと時間があるので
ワイヤレスゲートのBBモバイルポイントにつなげて
速度を計測してみた。

ワイヤレスゲート BBモバイル 速度を測定
下り 16.91MB/s
上り 19.16MB/s
(麻布十番マクドナルド)

店内はお客さんがまばらなせいか
回線もすいていてかなり速いですね。

混んでる時間だと下り5MB/s~10MB/sぐらい
上りは一気に1MB/sほどになる傾向にあります。

いずれにしてもweb閲覧やメール送信、
YouTubeなどの再生も快適です。


自宅でちょっと煮詰まっていたので急きょマックに来て正解かも。

ThinkPad X240sだとどこにでも持ち歩けるので、
集中できないときはちょっと外出したり、

部屋の中でも場所を変えるだけで
気分転換になって作業効率が上がります。


この月額利用料金で使い放題のWIFI接続サービス

ルノアールでWIFIにつなげる フレッツ光の利用料に疑問を覚える安さ
ワイヤレスゲートの接続方法 BBモバイルポイント設定


踏切が上がるより速いThinkPad X240sの起動時間(SSD換装済み)


北品川に車で行く途中、京浜急行の踏切を待ってたところ
あまりにも長いのでThinkPad X240sを起動してみた(笑)

踏切待ちでThinkPad X240s

踏切が開くより先にThinkPad X240sが起動しました。

あ、踏切の待ち時間にもノートパソコンが使えると言うわけじゃなくて、
SSDのThinkPad X240sの起動時間が速いということがお伝えできれば・・・

もちろん、踏切が上がる前にX240sの電源は切りました。


1泊2日温泉合宿でのThinkPad X240s まとめ
ThinkPad X240sと行く1泊2日の温泉合宿(伊東)
ホテルや旅館でネットがつながらない、遅いときは・・・
旅先で動画編集 ウルトラブックでも快適
ThinkPad X240sに撮影した動画を取り込み中