ThinkPad X1 Carbon 2017 リコールの修理日数 対象機種(バッテリー異常発熱)


バッテリーの異常発熱による製品破損の可能性があるとのことで、修理に出していたThinkPad X1 Carbon 2017が戻ってきた。

ThinkPad X1 Carbon リコール 修理日数 バッテリー異常発熱問題

4月20日に本体引き取り、今日(5月9日)到着。
19日間かかったけど、通常はもっと短いでしょう。

と、いうのもゴールデンウィークを挟んだのと
ちょうど保証期限が満了間際でバッテリー無償点検・修理とは別に3項目ほど、見積もりなどいっぺんに依頼したため時間がかかりました。


修理報告書をみると問題はなかったよう。

X1 Carbon 2017 リコール 異常なしだった

部品の交換はされていませんでした。
データもリセットされることなくそのまま戻ってきてひと安心。


今回の修理状況を確認するとこんな感じ。

X1 Carbon 2017 修理状況

点検以外の別件で2回、電話でやりとりしてるので時間かかってます。
有償修理と表記されているのは保証対象外の内容で
今回のリコールに関しては完全無料なのでご安心ください。

バッテリー点検だけなら1週間ほどで戻ってくることが多いようです。


リコール対象機種 確認方法


点検・修理対象となるX1 Carbon 2017(第5世代)は
2016年12月~2017年10月の間に製造された機種

2017年11月1日以降に製造されたX1 Carbonは対象外です。

製造日の確認方法や自分のX1 Carbonが修理対象かは
レノボのサポートサイトで確認できます。

ThinkPad X1 Carbon第5世代ノートパソコン無償点検・修理のお知らせ


特設窓口が開設。点検申し込み先の電話番号も公開されています。


小型化しつつ容量が大きくなるリチウムイオン電池は
結構簡単に燃えてしまうようで

中国ではスマホを充電しながら通話してたら爆発したとか
iPad充電中に発火したとか

安価なモバイルバッテリー、スマホやタブレットではトラブルが頻発しています。

ノートPCでも最近話題になっていたのがパナソニックのレッツノート。

パナソニック レッツノートで大規模リコール

バッテリーから発火して周囲が焼け焦げてしまっていたりと
リチウムイオンバッテリーを巡るリコールは年々ふえているよう。

今回のX1 Carbon 2017では世界で3件
バッテリーの異常発熱による製品の一部破損が報告されている模様。

本体が発火するするわけでなく、
火災などの人的被害や資産には損害はないようです。

そうはいっても、無償点検・修理対象のX1 Carbonをお持ちのユーザーさんはお早めにレノボに点検・修理依頼をなさってください。


ThinkPad X1 Carbon 2017が大幅割引中です

レノボの直販でThinkPadをカスタマイズ
ThinkPadが大幅割引で購入できます。

割引クーポンを確認する


カートの最終画面で、クーポンを適用すればThinkPad X1 Carbon 2017が大幅割引です。