ThinkPad X280でDVDを再生するには? Win10はISO(DVDイメージ)がマウントできて便利


編集したライブ映像をThinkPad X280 X270 X250
3台同時に使って、50枚のDVDを書き込み中。

ThinkPad X280 DVD 無料再生ソフト ISO DVDイメージがそのままマウントできる

ご存知の通り、Windows10そのままではDVDが再生できない。
Windows Media Playerを立ち上げても真っ黒な画面のまま。

焼きあがったDVDの再生確認をするため、
VLCメディアプレイヤー をダウンロードしてインストール。

プレイヤーのデザインがシンプルで武骨ではありますが
無料のDVD再生ソフトを探してるなら、まずこれでしょう。


ちなみに、ThinkPad X280には
DVDドライブはついていないので、
別途、購入する必要がある。

Blu-rayディスクも再生するとなると
外付けドライブが一気に高くなるけど、
DVDのみならば2000円台~手ごろな価格で手に入ります。

外付記録型DVDドライブ の 売れ筋ランキング


おすすめは昨年2台購入した
ASUS バスパワー対応 外付け ポータブルDVDドライブ

X280 おすすめDVDドライブ

通算で結構な枚数のDVDを焼いてますが
2台とも、まだ壊れていないのと、

ライティングソフトにシンプルで使いやすい
CyberLinkの「Power2Go 8」が付属してるのがポイント。

ThinkPad X270に外付けDVDドライブをつなげて販売用DVDを大量生産中


さっそく、X280で焼きあがったDVDを
VLCメディアプレイヤーで再生して確認する

フルHDのX280 でDVDを等倍再生すると小さい

フルHD(1920×1080)解像度のX280で
DVDを等倍再生するとやたら小さい(笑)


画面いっぱい
フルスクリーンにするとカメラの性能がもろに出る。

VLCメディアプレイヤー DVDをフルサイズで再生

今回はなつかしの4:3でDVDにしたこともあり、
なんだか、よい感じの出来になった。

VLCメディアプレイヤーはDVDの再生はもちろん、

昔よく使われていた
Divixなどの映像ファイルも問題なく再生してくれる。

WindowsMediaPlayerでは真っ黒で
音だけしか出ない映像ファイルでも、
しっかりと再生できる。

実はDVD再生ソフトとして使うより
昔の映像を確認するのに使うことが多い。


Windows10なら
ISO DVDイメージをマウントできる


Windows10が大型アップデートを繰り返す中
どこかのタイミングでDVDイメージ(ISO、IMGファイルなど)が
そのまま、マウントできるようになった。

最新のWindows10なら、
ISO(DVDイメージ)ファイルの上で右クリックして、
「マウント」を選択。

windows10 ISOファイルの上で右クリックしてマウント


エクスプローラを確認すると、いままでなかった
DVDドライブ(E:)が仮想ドライブとして出現。

win10 仮想ドライブが出現

DVDとして認識され、ソフトで再生ができる。

以前はDAEMON Tools(デーモンツール)など
仮想DVDドライブを作成できるソフトを別途使っただけに
これはWindows10の隠された!?便利な機能。

過去のDVDをISOファイルなどのDVDイメージで保存しておけば、
いちいち、DVDドライブをつけたり、
DVDを入れ替えたりせずに再生ができて便利です。

DVDを入れ替えたりせずに再生ができて便利

ふと、思ったのは

128GBのmicroSDカードにDVDイメージを保存して、
ThinkPad X280のカードスロットに挿入しておけば
好きな時に懐かしのDVDを鑑賞できるなと。

128GBの容量なら、DVDが27枚ほど入る計算
ちょっとしたライブラリを持ち歩ける。

しかも、今現在、128GBで3000円台の価格。
microSDカードって読み込みスピードはそこそこだけど
コストは安いのでいろいろと活用できそう。


ThinkPad X280が届いた X270と違いを比べながら10日間使ってみた


ThinkPad X280 が大幅割引中です

レノボの直販でThinkPadをカスタマイズ
ThinkPadが大幅割引で購入できます。

割引クーポンを確認する


カートの最終画面で、クーポンを適用すればX280が大幅割引です。