X1 Carbonをメイン X1 Tabletをサブモニタにしてワイヤレス マルチディスプレイ 設定方法


ThinkPad X1 Carbon 2017をメインモニタ。
X1 Tabletをサブモニタとしてワイヤレスで接続。

タブレットや使っていないノートPCを外部モニタとしてワイヤレスでマルチディスプレイする方法

OSがWindows10でBuild 14316が適用されていれば
特別なソフトウェア、機器なしでタブレットやノートPCを
外部モニタとしてワイヤレス接続が出来るようになった。


設定方法


サブモニタ側

今回サブモニタに設定するのは12インチのThinkPad X1 Tablet

スタートメニューから「接続」をクリック。

サブモニタにするタブレットをウィンドウスメニューから接続をクリック

これだけで待ち受け状態になって、
MiraCast端末として認識されるようになります

※Miracastとは無線通信によるディスプレイ伝送技術。


ワイヤレス接続する準備が出来ました。
と青いウインドウが立ち上がってればOK。

x1 tablet サブモニタがミラキャスト状態に

待ち受け側のX1 tabletはたったこれだけ!


メインPC側

14インチのThinkPad X1 Carbon2017をメインPCとして使用。

タスクバーにある
アクションセンターを展開して「接続」をクリック

X1 Carbon メインPCの接続をクリック

待ち受け状態のX1 Tabletが一覧に表示されるので選択。

サブモニタのX1Tabletが一覧に表示される

あっという間にX1 Tabletをサブモニタとして認識しました。

デフォルトで画面は「複製」の状態。
メインのX1 Carbonの画面がコピーされて表示される

あっという間にタブレットがワイヤレスでサブモニタに

X1 Carbon ディスプレイの縦横比が16:9
一方X1 Tabletが3:2なので上下が切れて表示されてます。

ワイヤレスで画面共有しているのにほとんど遅延がない。
有線でマルチモニタしているときと変わらない感覚で使えます。

向かい合った会議などで画面を共有したいときに重宝しそう。


2つのディスプレイ表示方法を変える場合
Windows + P ボタンで「拡張」を選べば作業範囲をひろげられる

拡張を選べば作業範囲を広げられる
※ThinkPadならFn+F7ボタンでも可能


X1 Tabletはタッチパネルなのでwebサイトを直感的に
指でスクロールして、参照しながら、
メインのX1 Carbonで資料作りなんてことも出来る。

拡張すればタブレットでタッチ操作しながらメインPCで作業が便利

以前はあまってるノートPCやタブレットを外部ディスプレイとして使おうとすると専用のソフトや機器が別途必要だった。

Windows10のデフォルトの機能でMiracastが実装されて
設定も驚くほど簡単で拍子抜けするほどです。

Windows10搭載で複数のタブレットやPCを持ってるならば
ぜひ、試してみてください。

実際使ってみると、想像以上に便利です。


ThinkPad X1 Carbon 2017 HDMIでデュアルディスプレイ ホテル編



ThinkPad X1 Carbon 2018が大幅割引中です

レノボの直販でThinkPadをカスタマイズ
ThinkPadが大幅割引で購入できます。

割引クーポンを確認する


カートの最終画面で、クーポンを適用すればThinkPad X1 Carbon 2018が大幅割引です。