ThinkPad X240sのレビュー 開けた瞬間、持ち運びたくなったウルトラブック


待ちに待ったX240sが届きました
箱からX240sを出してまず思ったのが、

薄い!そして、軽い。

ThinkPad X240s 薄くて本当のノートみたい。これぞノートパソコンという感じ ThinkPadX240s 薄くて軽くて持ち運びたくなるウルトラブック X240sの背面は通常のプラスネジで開けられる ThinkPadX240sとガラケー(携帯電話)を並べてみると同じ高さだった

私がXシリーズの過去の機種に慣れてるということもあるけど
X200sと比べると数ミリ厚さが変わるだけで
こんなにも印象がかわるものかと思いました。


ThinkPad X240s 届いたので早速電源を入れる ThinkPad X240s キーボードはなかなか打ちやすい ThinkPad X240s 赤いトラックポイントはもちろん健在

ThinkPadのXシリーズとして
ラインナップされてるX240sですが
全くの別物ですね。これは。


いままでの質実剛健とした黒のボディから
ダークグレーメタリックに変わったボディ。

プラスチック感がなくて
質感がかなりアップして高級感を漂わせてます。


ThinkPad X240s角のとれたデザインは女性にもぴったり合うかも
ThinkPad X240s パームレストが長くて文字が打ちやすい

このデザインだと女性にもいいんじゃないかと。

カクカクしたいかにもThinkPadというデザインから
角のとれたメタリック調のボディで
本当にこれはXシリーズなのかと思うほど。


車で言えばフルモデルチェンジです。
いや、それ以上かもしれない。



いままでXシリーズを使ってきたので
全く違うところはなんとなく、
受け入れがたかったりするんだけど

手にとった瞬間はそんなことを
忘れてしまいそうなほど
かっこよくてテンションが上がりました。



180度しっかりと開く液晶モニター
対面で人に見せるとき、結構重宝するんです。

ThinkPadX240s 180度開いた液晶モニター上から ThinkPadX240s あじの開きみたいに180度ぱっくりひらきます ThinkPadX240s 180度液晶モニターが開くのが便利

液晶がボディの下に入り込むようにできていて
かなりスタイリッシュです。



裏側もシンプル

ThinkPad X240s 裏面はとてもシンプルネジも減って開けやすそうだ

通常のプラスネジ7本でとめられているので
HDDやメモリーの交換など楽にできそうです。

薄いウルトラブックでカスタマズができるのも
ThinkPadならではかなと思います。



意外と電源がかさばって重くて持ち歩くの面倒ですが
X240sの電源は軽くて、持ち運びも苦にならなそうです。

ThinkPad X240s 電源コードは軽いので持ち運びやすい ThinkPad X240s 電源の端子は過去のXシリーズ X230 X220 X201s X200sと互換性は無し ThinkPad X240s 電源は本体横から接続


前評判で使いにくいと言われてる
クリック式のタッチパッドは
買ったときはどうなんだろうと思ってました。

ThinkPad X240s クリック式のタッチパッド 前評判であれこれいわれてる

X240sが届いて、手にとった瞬間は
不安に思っていたことはどこへやら。

早くX240sをカフェやラウンジに持って行って
仕事してみたいという気持ちが勝りました。


今まで外部バッテリーを付けて
いかにもパソコンというX200sを使っていたので

本当のノートを持ってるみたいで
これぞノートパソコンという印象です。


すべてがシンプルで
スッキリしていてとても新鮮。


ま、でもそのあと
クリック式のタッチパッドを使ってみて
かなり、愕然とするのですが・・・


動画でトラックパッドを実演
X240sのクリック式タッチパッド 5点トラックパッドはどうなのか?【動画】


X240sの仕様・スペック詳細



ThinkPad X280 が大幅割引中です

レノボの直販でThinkPadをカスタマイズ
ThinkPadが大幅割引で購入できます。

割引クーポンを確認する


カートの最終画面で、クーポンを適用すればX280が大幅割引です。