ThinkPad X260 センターボタンのスクロール量 X270のドライバ更新で改善


最近はX260の後継機、ThinkPad X270でトラックポイントと
センターボタンでのスクロールを使って毎日作業してます

ThinkPad X260 センターボタンのスクロール量 X270のドライバで改善

今さら、取り上げることでもないんですが
トラックポイントと左右のクリックボタン
センターボタンの配置が絶妙で使いやすい。

ホームポジションをほぼずらさずにカーソル操作から
クリック、さらにブラウザのスクロールまでできる。

X270やX260はX1 Carbon 2016,2017 T460s T470sよりも
トラックポイントのゴムの高さが倍近くあるので
微妙なカーソル操作がやりやすいのもいいですね。

X260からX270に移行して感じたのが・・・

センターボタンとトラックポイントを使ったスクロール量がX270の方が多く、軽い力でブラウザなどのスクロールが出来る。

ThinkPad X260はスクロールが重く
サクサクとコントロール出来なかった。

X260はセンターボタンでのスクロール量が少ない

マウスのプロパティでスクロール量を調整したり、
ブラウザのChromeに拡張機能を入れて対応してました。

ちなみにX260のChromeに入れてた拡張ソフトは
Chromium Wheel Smooth Scroller

クローム スクロール量を変更する拡張機能

スクロール量など細かく設定できるので
これ一つでとりあえずブラウザのスクロールは快適に出来てました。


しかし、X270は拡張機能などは必要なく、
デフォルト設定でスクロール量が最適。

X270とX260ではトラックポイントやセンターボタンを制御するドライバが異なるので、おそらくX270で改善されたんでしょう。


ここでふと思いつく。

X260にX270のマウスドライバをインストールすれば
スクロール量が最適に改善されるのでは?


ということで早速レノボのオフィシャルサイトから
ThinkPad X270のトラックポイントドライバをダウンロード。

Synaptics ThinkPad UltraNav ドライバー (Windows 10 64bit) – ThinkPad X270


X260にX270のSynaptics ThinkPad UltraNavドライバーを実行。

ドライバ更新後、再起動してみると、
センターボタンでのスクロール量が改善

X270と同じように快適なスクロールができるように。

X270 のドライバを入れたら スクロール量が改善

今まで使っていたChromeの拡張機能など削除し
マウスのプロパティの設定もデフォルトに戻しました。

いやーこれは地味にうれしい(笑)


機種の異なるドライバを入れると、
トラックポイントでの操作ができなくなる可能性もあります。

この辺は自己責任ですけど
X260が壊れるってことはないので

センターボタンのスクロール量にお困りなら
試してみる価値はありそうです。


ThinkPad X270が届いた X260と違いはさほどないが、長く愛される定番機種


ThinkPad X270 が大幅割引中です

レノボの直販でThinkPadをカスタマイズ
ThinkPadが大幅割引で購入できます。

割引クーポンを確認する


カートの最終画面で、クーポンを適用すればX270が大幅割引です。