ThinkPad T440p キートップだけ交換出来ないのでヤフオクでキーボードを購入


中華直売の店長が3年使ってるThinkPad T440p
昨年12月にエンターキーがとれて応急処置をしたものの・・

ThinkPad T440p キートップだけ交換出来ないので ヤフオクでキーボードを購入

キーを固定するツメが一つ折れてしまってるため
タイピングしているとあっという間に外れてしまうよう。

先日、T440pを見たときには見事にエンターキーがなくなっていた。

ThinkPad T440p エンタキーがとれたまま使ってるみたいだ

エンターキーのキートップだけ売ってればいいんですが
めったにキートップ別売りなんてお目にかかれないので
T440pのキーボードを丸ごと変えるのが一般的

秋葉原のパーツショップなど回れば、2000円程度で安いT440p、T440s用のキーボードが見つかりそうですが・・・

ここは時間節約のため、手っ取り早くバックライト付き日本語キーボードをヤフオクで購入しました。


ヤフオクでThinkPadキーボード購入時の注意点


ヤフオクでThinkPad過去機種のキーボードを探せば
だいたいの場合、見つかるはずです。

ThinkPadのパーツを落札する時に
一番注意しているところは出品者の出品地域

ヤフオクでThinkPadのパーツを購入するときの注意点

出品地域が海外となってる場合、中国人が出品してることが多く、
発送元が中国の場合、入金確認から届くまで1週間以上かかることも。

万が一、届いた商品に不良がみつかり、返品するときも
中国に送り返さなくてはならず、相当面倒。

出品者もそれを知ってか、新品とか中古美品で出品して
傷がもろについた中古品が送られてきたことがあります。

明らかに出品ページの写真と違うことを問い合わせると、

返品するか、わずかながらのお金を返金することを提案してきて
結局、返品したり、文句を言う時間も無駄なので
数百円の返金に応じたこともあります。

これだったら、最初から日本発送の中古美品を選んだ方が
コミュニケーションコストもかからず楽だったなと感じました。

もちろん、全て中国からの出品者が悪いわけではないです。
こういうリスクがあることを知っておくといいでしょう。


と、いうことで、

今回のThinkPad T440pの日本語バックライト付きキーボードは神奈川県が発送元のオークションストアで即決。

ヤフオク 発送元神奈川の ショップからT440pの日本語キーボードバックライト付きを購入

中国からの出品と比べて1000円ほど高い6,497円でした。

1000円~2000円程度の価格差なら、安心を買う意味でも
日本国内発送の個人か業者さんの出品者を選んでます。


中国発送で純正なのに激安なパーツもあったりして
結構、危険なにおいがしますが・・・

ジャンク好きには届くまで
たまらないワクワク感があるのも事実です(笑)

まれに中国発送でも思わぬ掘り出し物に出会えたりして、
この辺はヤフオクの醍醐味ですね。



ThinkPad T470sが大幅割引中です

レノボの直販でThinkPad T470sの割引率がアップ♪

割引クーポンを確認する


カートの最終画面で、
クーポンを適用すればT470sが大幅に安くなります。