4泊5日の旅にThinkPad X1 ExtremeとX280


羽田空港から伊丹空港へ。
大阪で2泊したあと沖縄で2泊の予定。

4泊5日の旅にThinkPad X1 ExtremeとX280

4泊5日と微妙に長いので、
旅のお供は15.6インチのThinkPad X1 Extremeと
いつも持ち運んでいる12.5インチのX280

マルチカメラの動画編集が途中だったので
マシンパワーが別次元のX1 Extremeを初めて旅先に持ち出してみる。

X1 Extremeを膝の上にのせてみる

空港ラウンジで本体を取り出して
膝の上にのせてみるとサイズが大きい。

普段は12.5インチを一番長く使っているせいか
15.6インチはかさばって、さすがに取り回しに苦労する。


X280とX1 Extremeを並べてみると親子のよう(笑)

X280とX1 Extremeを並べてみる

基本、X1 Extremeはホテルに据え置きで使う予定で
出先では手持ちのブリーフケースにX280を入れて持ち運ぶ。

X280の本体重量が1.15kg
X1 Extremeは1.69kg

2台をバッグに入れて、さらにACアダプタを加えると3kgオーバー。

さすがに手持ちバッグで持ち運ぶのはきついので・・・

X1 Extremeは機内持ち込み可能なキャリーバッグで持ち運び

X1 Extremeは機内持ち込み可能なキャリーバッグに収納。
手持ちせずに転がしていけばさほど重さは感じない。


ただ、さっと取り出す場面では不向きなので、空港ラウンジや狭い飛行機内では12.5インチのX280が最適。

羽田空港 ラウンジでThinkPad X280
X280飛行機内では最適

羽田から大阪までわずか45分のフライトでしたが、機内WiFiが相変わらず無料で飲み物をいただきながらご機嫌に仕事ができた。


ホテルの部屋についてからX1 Extremeを起動。
マシンパワーは圧倒的にX280を凌駕するのはもちろんのこと、

15.6インチの液晶がこんなにも見やすいのは新たな発見。
ホテルでの仕事がはかどりました。

ホテル内でThinkPad X1 Extreme 15.6インチ液晶が快適すぎる

正直、旅の準備をしているときは面倒くさくて
X1 Extremeいらないかなーなんて思ったけど
出発前の不満や重さと大きさを吹き飛ばしてくれるほど快適。

サイズが大きいだけあって、動画編集も非常に作業効率がよろしいです。
ちょっとこれは癖になりそうだ・・・

1泊や2泊程度の短期出張の場合はX280が1台あれば十分なことが多い。

ただ、長期の出張や動画編集など、マシンパワーが必要な作業があるときにはX280とX1 Extremeの組み合わせは最強かも。


ThinkPad X1 Extremeを買った理由 カスタマイズのポイント


ThinkPad X280 が大幅割引中です

レノボの直販でThinkPadをカスタマイズ
ThinkPadが大幅割引で購入できます。

割引クーポンを確認する


カートの最終画面で、クーポンを適用すればX280が大幅割引です。