JAL 国際線 羽田~シンガポールで初めてWiFi(T-mobile)につなげた感想


羽田~シンガポール(チャンギ国際空港)の往復でJALの機内WiFiにつなげてみたけど・・・

JAL 国際線 羽田~シンガポールで初めてWiFi(T-mobile)につなげた感想

いつもよく乗る成田~ホノルル間 デルタの機内WiFi と比べると体感で速度が遅かった

5時間ほどのフライトで前後1時間とか、所々で比較的回線への負荷が少ないGmailのメールを開くまでに1分以上かかることがあった。

もちろん、サクサク動くときもあるんですが、重たいなーと感じる時間が長かった気がする

人口衛星を使ったネット回線なので、時期やルートによって大きく変わる場合もあり、JALのWiFiが遅いというわけではないと思います。

いろんな便に乗ってみて検証してみたいところですね


JAL機内WiFiへの接続はいたって簡単。

羽田 国際線 機内WIFI SSID

SSID:Japan Airelines につなげるとブラウザの画面が自動的に開くのでプランを選んで決済するだけ。


フライト中使い放題で18.8ドル(この日の為替レートで2120円)

JAL 国際線 機内Wifiの料金

デルタの国際線は21.95ドルなので、若干割安感がある。


便利だなーと思ったのが、PayPalでの決済が可能だったこと。

JAL国際線 機内Wifi ペイパルが使えて便利

以前、デルタで初めて機内WiFIを使うときはGogo Inflightに登録して、クレジットカード番号を入力ってなことをわざわざやっていたけど・・・

PayPalアカウントは持っていたので、簡単に決済されてすぐに機内WiFiが使えるようになった。

JALの国内線やデルタの国際線は機内WiFiのサービスをGogo Inflightが提供しているけど、JAL国際線はT-mobile のようだった。

デルタの国際線でも、モバイル端末、T-mobileカスタマー向けに無料のWiFiを提供していて、使ったことがあるけれど、Lineのテキストが遅れるぐらい回線品質がよろしくなかった経験がある

無料だから、特に文句も何もないけれど、個人的な感覚として、機内WiFiのT-mobileはちょっと残念なイメージ。

今回のJAL 国際線WiFiでもそのイメージが払しょくできなかった感がある。

JAL 機内WIFIを使ってThinkpad X280

機内WiFiの回線速度を測定しようとしたらエラーになって計測できず。
おそらく、反応速度のPINGが極端に遅いためエラーになると思われます。

ちなみに、深夜でしかも空席の目立つ便。
周りでWiFiを使ってる人はほとんどいなかったので、帯域帯を使い切ってる感じはなかった。


デルタに比べると遅い時間が長いと感じつつも、回線品質の様子をみながら、ブログ書いたり、ネットサーフィンしたり、YouTubeも何とか閲覧できた。

初めて乗ったJAL国際線の機内WIFIだけに、今回だけいまいちだったのかもしれないので、またJALに乗る機会があれば検証してみます


ThinkPad X280とシンガポール、マレーシアの旅7泊9日 コンパクト出張


ThinkPad X280 が大幅割引中です

レノボの直販でThinkPadをカスタマイズ
ThinkPadが大幅割引で購入できます。

割引クーポンを確認する


カートの最終画面で、クーポンを適用すればX280が大幅割引です。