ThinkPad X280で2.5インチ HDD・SSDを使う


ThinkPad X280でフルモデルチェンジ。薄型・軽量化されたため、
従来機種、X270以前の2.5インチ HDD・SSDは内蔵・交換できない

ThinkPad X280 HDD SSD 2.5インチを使うには?

X280の内臓ストレージはM.2 type2280(22mm×80mm)
5g程度の細長い薄いサイズに完全に移行。

今までの2.5インチHDDやSSDを使うには
外付けするしかありません。

と、いうことでamazonでHDD・SSDケースを購入。

X280 HDD SSDを使うためのケース
2.5インチ HDD/SSD ケース USB3.1 GEN 1 Type-C SATA HDDケース 外付けhdd 最大2TBまで対応 Thunderbolt3 UASP対応


外面は安っぽいプラスチック製で
指で押すとギシギシと音がします。

実際に安いから全く文句ないし、
この価格で持ち運び用の袋もついてるのが驚き。


蓋はスライドするだけで簡単に開き
SSDやHDDを斜めにして手で抜き差しするだけの簡単設計。

ケースはスライドするだけ

ケースから取り出すときにコツがいりますが
1000円程度でここまで実用的なら文句なし。

プラスチックの強度はあまりないものの
透明で何を入れてるのか一目でわかるのが便利。

X280 サンディスク 480GB SSDを取り付ける

早速、サンディスクの480GB SSDを入れて、
付属していたUSB A TO C変換ケーブルを使ってX280に接続。


ベンチマークソフトで速度を計測

X280 SSDケース ベンチマーク速度

内臓でつなげている時よりは遅いものの、
USB外付けでここまで速度が出ていれば十分でしょう。

X280にはUSB3.1対応のType-C端子やThunderbolt3端子(USB type-C兼用)があるので、こちらにつなげたらもっと速くなるのかと思ったら・・・

シーケンシャルの読み込みで43MB/sしかでなかった。
USB A端子につなげたときの10分の1の速度(笑)

amazonの販売ページに「付属のケーブル以外の場合に速度が遅くなることがある」とのことだったので、ケーブルの長さや種類など、相性問題があるのかも。


あと、もう一つこのケースを買った理由でもあるけど
9mm厚のHDD(ハードディスク)もきっちり収まる。

9mm厚 HDDもケースに収まる

ケースの中には7mm厚のSSDしか使えない商品も多く、HDDが手元にたくさんある自分にとってはどちらも使えたほうが便利。

過去10年以上、ずっとThinkPadに内蔵されてきたストレージが2.5インチなだけに、HDDやSSDが手元にたくさんあって、これらの資産を有効活用できそうです。


ThinkPad X280が届いた X270と違いを比べながら10日間使ってみた


ThinkPad X280 が大幅割引中です

レノボの直販でThinkPadをカスタマイズ
ThinkPadが大幅割引で購入できます。

割引クーポンを確認する


カートの最終画面で、クーポンを適用すればX280が大幅割引です。