EIZO FlexScan EV2456-RBKと12年前のS2410W 違いにびっくり


約12年ぶりにパソコン用のモニタを買い替え
EIZO FlexScan S2410Wから EV2456-RBKへ。

EIZO FlexScan EV2456-RBK と10年前のモニタ S2410Wを比べてみる

こうやって並べてみるとサイズの違いにびっくり。
同じ24.1インチとは思えない。


横から見ると笑っちゃうほど今回購入したEV2456が薄い

EV2456とS2410W奥行きが全然違う

S2410WはEIZOの会社名がまだナナオだった頃の製品。
月日が流れるとモニタはこうも変わるのか・・・

数字で見ると違いが明らかです

S2410W:566×396×85mm 10.2kg
EV2456:531×341.9×45.5mm 5.7kg

縦横3cm~5cm小さくなり、奥行き・重量は約半分になってる。


12年使っても壊れない


S2410Wは2005年製。使用時間は43603時間

S2410W 製造年月日
S2410W 総使用時間

12年以上使っていたことになる。

さすがに使用10年を超えると画面に色ムラができたりしていたけど、なぜか最近はムラも目立たなくなってきた。

S2410W 12年使っても壊れない

まだ壊れたわけではないので、
メインモニタとしては隠居してもらうけれど
サブとして別の事務所で使うことにしました。


4Kモニタと迷ったけど・・・


近年、TVやモニタは高解像度がトレンド。
PC用のモニタも4Kが手ごろな価格で買えるようになってきました。

ただ、液晶面が非光沢(ノングレア)な4K液晶はまだ数が少ない。

技術的にもこれからな感じで
壊れやすいという話もそこそこ聞く。

あとは40インチ以上の4Kモニタ1枚を等倍で使おうと思っていたけど、ウインドウの分割がちょっと面倒なんですよね。

サイズが大きいが故に置き場所を確保する必要があり、
結局24.1インチEIZOのEV2456を2枚使うことに決めました。


消費電力・価格が半分以下が購入の決め手


今回新たにEV2456を2枚購入
理由の決め手にもなったのが価格と消費電力

EV2456 でマルチディスプレイ

12年前のS2410Wを買った時はおおよそ12万円。
EV2456は今日現在、5万円ちょっと

なんと、12年前の半額以下に。

消費電力もS2410Wが最大110Wに対して、
EV2456が44Wとこちらも半分以下。

1日10時間以上はモニタを表示させるので
結構、消費電力が気になります。

EV2456なら、2台使っても
過去のS2410W 1台より消費電力が低いのもびっくり。

EIZO FlexScan EV2456-RBK を縦でマルチモニタ

モニタにしてはめずらしく5年間の保証がついていたり
日本製ならではの信頼感もあるので
いいものを長く使うならEIZOのモニタはオススメです。

早速、ThinkPadをつなげてトリプルモニタ。
ぎらぎらしなくて目に優しいのはEIZOならでは。
事務所のメインモニタとして末永く活躍しそうです


ThinkPad X270 トリプルディスプレイで作業効率アップ X1 Carbon 2017でも可能



ThinkPad X1 Carbon 2018が大幅割引中です

レノボの直販でThinkPadをカスタマイズ
ThinkPadが大幅割引で購入できます。

割引クーポンを確認する


カートの最終画面で、クーポンを適用すればThinkPad X1 Carbon 2018が大幅割引です。