Windows10 HomeのThinkPad X270 1709 Fall Creators Updateは適用せずに使用中


ThinkPad X270 でテキストエディタを開いて作業中・・・
CPUに負荷のかかる作業をしていないのにやたらファンがうるさい。

Windows10 HomeのThinkPad X270 1709 Fall Creators Updateは適用せずに使えてる

タスクマネージャーからバックグラウンドで動いてるソフトを確認すると「Windows Modules Installer Worker」のCPU使用率が高い。

Windows Updateが何らかの作業を自動でしているわけです。


Windows10の大型アップデート 1709 Fall Creators Updateが
10月末から提供され始めて約1ヶ月。

適用せずに使ってきたX270も
強制的にアップデートかーー!?と半ばうんざりして
設定からWindows Updateの画面を開いてみる。

バックグラウンドでWindows Updateが行われていたが・・・

おっ、1703の更新プログラムが適用されているだけで、
1709の大型アップデートはスルーできてるようです。

再起動後、過去の大型アップデートのように
通知ウインドウが開くのかと思ったけど、特におとがめなし(笑)

今のところ、1709 Fall Creators Updateを適用せずに使えてます。


Windows10 Homeバージョンだと残念ながら
大型アップデート、更新の延期設定ができません。

適用されないようにやっていること!?といえば・・・

更新プログラムのチェックボタンは決して押さない

Windows Updateのページで「更新プログラムのチェック」ボタンを押すと、大型アップデートのファイルなどがダウンロードされる。

Windows Update関連は一切何も触らず日々普通に使っています。

ま、そのうちに勝手に適用される日が来るのでしょうけれど、
以前のようにうるさく通知が来ないのは好印象。

大型アップデートが延期できるので
手元のThinkPadを 徐々にWindows10 Proにアップグレード してますが

Windows10 homeのThinkPad X270に関しては、
このまま、どこまで大型アップデートをせずにいけるか実験中ー


Windows10 1709 Fall Creators Updateの所要時間 3台で比較 2017年10月


ThinkPad X270 が大幅割引中です

レノボの直販でThinkPadをカスタマイズ
ThinkPadが大幅割引で購入できます。

割引クーポンを確認する


カートの最終画面で、クーポンを適用すればX270が大幅割引です。