Windows + X メニューでコントロールパネルを表示させる Creators Update後


Windows10 1703 Creators Update 後に
Windowsボタン + X で表示できる 短縮メニューに変化が・・・

Windows + Xでコントロールパネルを追加する方法

「コントロールパネル」が「設定」に置き換わってる。


Windows10の設定画面からほとんどの設定が出来るから
コンパネはいらないでしょってことなんだろうけど

OSがWindows95の頃からかれこれ20年以上
コントロールパネルに慣れ親しんできた自分にとって
Windows + Xでコントロールパネルが選択できないなんて・・・

もちろん、コントロールパネルがなくなったわけではなく
スタートメニューから検索すれば起動できます

スタートメニューからコントロールパネルは検索できる

いやいや、でも、Windows + Xで表示させたい。
ってことでメニューをカスタマイズするフリーソフトをダウンロード

Win+X Menu Editor for Windows 10 and Windows 8

海外のサイトです。ご利用は自己責任でどうぞ


ソフトのダウンロードリンクが分かりづらいですが

ソフトのダウンロードはテキストリンクから

Donateボタンの上にある

Download Win+X Menu Editor for Windows 8 allows you to add or remove Win+X menu items

というテキストリンクをクリックすると
Zipファイルがダウンロード出来ます


Win + Xでコンパネを追加する


解凍すると32bitと64bitごとにフォルダが分かれてる。

64bit 32bit によって違う

多くの方が64bit版だと思うのでx64フォルダ内のファイルをクリック。

今回は「設定」の上にコントロールパネルを追加します。


ソフトを立ち上げてから Group2 を選択し、
Add a Programタブ → Add a Control Panel item…をクリック

追加するメニューを選ぶ


スクロールしていくと、
見慣れたコントロールパネルがあるので

コントロールパネルをセレクト

選択して「Select」ボタンを押す


Group2の最上部にコントロールパネルが追加されました。

グループ2にコントロールパネルが追加


右側の矢印で並び順の変更が可能。
今回は設定の上にコントロールパネルを表示させる。

最後に右下のボタンを押してメニューを適用

全て終わったら、右下のRestart Explorerを押すだけ。


Windows + Xを押してみると・・・・

Windows ボタン + Xでコントロールパネル復活!

見事、設定の上に使い慣れたコントロールパネルが表示され起動が可能に!!

コントロールパネルだけでなくいろいろな項目が
Win + Xのショートカットメニューに追加できるので
自分好みのメニューに変更したら便利かも。

Win + Xでコンパネが表示され、一安心です。


Windows10 1703 Creators Updateの所要時間が長い 2017年4月


ThinkPad X270 が大幅割引中です

レノボの直販でThinkPadをカスタマイズ
ThinkPadが大幅割引で購入できます。

割引クーポンを確認する


カートの最終画面で、クーポンを適用すればX270が大幅割引です。