ThinkPad X270 アクセスランプはついてる?


ThinkPad X270に、SSDやHDDのビジー状態を表す
アクセスランプはついていない

ThinkPad X270 アクセスランプはついてる?

X270本体についているLEDランプは
電源ボタン中央の緑のランプと・・・

X270 電源ボタン 緑のLEDランプ

天板にあるThinkPadロゴ
「i」の赤ぽっちが点灯し通電を表すぐらい。

ThinkPad X270 天板の赤ぽっちはLED

スタンバイ時にはゆっくりと点滅します。


約4年前に発売されたThinkPad X230を最後に
HDD、SSDのアクセスランプはなくなりました。

ThinkPad X230 がアクセスランプ搭載最後の機種

ここ3年ほど発売されたThinkPadは
アクセスランプがついていませんが
いまだに根強い要望があるようです。

昔は重たい作業をするとよくwindowsが固まって
障害の切り分けにアクセスランプが便利でした。

アクセスランプがついていないThinkPadを使って
何年かたつけど、なければないで気にならない。


X270稼働時、HDDやSSDのストレージへのアクセスは
タスクマネージャーから詳細が確認出来ます。

Windows + X を押してタスクマネージャーを起動。

X270 タスクマネージャー ディスクからアクセス状況を確認

パフォーマンスタブに切り替えて、ディスクを選択すると
読み取り、書き込み速度やアクティブ状態がグラフで表示される。


普段はディスクのアクセスを確認することはないけど・・・

不便かもと思うのは、万が一X270が故障して
OSが立ち上がらなくなったとき。

アクセスランプが点滅していると
HDDは生きていて、他の原因を特定しようと
障害の切り分けに使っていた。

X270はビープ音やスマホのアプリで
症状の特定が出来る機能があるので、
アクセスランプにたよらなくても原因を特定できそう。

ビープ音が鳴らないときは液晶の故障が多いですね。


ThinkPad X270が届いた X260と違いはさほどないが、長く愛される定番機種


ThinkPad X270 が大幅割引中です

レノボの直販でThinkPadをカスタマイズ
ThinkPadが大幅割引で購入できます。

割引クーポンを確認する


カートの最終画面で、クーポンを適用すればX270が大幅割引です。