ThinkPad X1 Carbon 2017 イヤホンジャックから音声出力 外部スピーカーへ


100人規模のセミナールームなど、
大規模な会場でパソコンの音をスピーカーに流したいときは
イヤホンジャックから音声を出力。

イヤホンジャックを使えば外部スピーカへの出力が出来る

ほとんどのノートPCにはイヤホンジャックが搭載されてます。

イヤホンで音声を聞くだけでなく、
外部スピーカーやPA機器に音声を出力したいときには便利。

何年かぶりで行ったカラオケボックスのスピーカーシステムに
ThinkPad X1 Carbon2017をつなげて、その場で音声編集して出力。

カラオケボックスでThinkPad X1 Carbon 2017

用意したのは3.5Фステレオミニプラグ – 赤白ピンプラグ×2のケーブル。

パソコンから外部オーディオにつなげるには ステレオミニプラグから2つに分岐してるピンプラグ

たいていのオーディオ機器に搭載されている赤白のピンプラグ端子。

マイクを必要とする大規模な会議室には簡易的なPA機材があるので、ミキサーの音声入力端子につなげるだけ。

基本、撮影仕事でPCを使うときには
LR 赤白2つに分かれたケーブルを持っていて
ほとんどの場合、これだけで対応できる。

必要に応じて、ステレオミニジャックのオーディオケーブル
ステレオ標準プラグへの変換プラグをもっていれば完璧。

ステレオミニプラグ 変換プラグ

会場のシステムがよく分からない場合でPCの音声を流したい場合、
コンパクトなBluetoothスピーカーとケーブル両方持っていきます

20~30人以下の会議室なら
ブルートゥーススピーカーでもいけます

ただ、マイクが必要な会場であれば、
PCからPAにつなげて、BGMや映像音声などを流した方が
受講者にとっても聞き取りやすいです

ThinkPad X1 Carbon 2017 イヤホンジャックからカラオケのスピーカーシステムへ

PCからの音はノイズを心配されたり
音質が悪いなんてことも言われますが・・・

素人耳では映像音声やBGMを流しても全く気にならないです。

この日も大きめの音でX1 Carbonから
カラオケボックスのスピーカーでBGMを編集、再生してました。


ThinkPad X1 Carbon Bluetoothでスピーカーをワイヤレス接続


ThinkPad X1 Carbon 2017が大幅割引中です

レノボの直販でThinkPadをカスタマイズ
ThinkPadが大幅割引で購入できます。

割引クーポンを確認する


カートの最終画面で、クーポンを適用すればThinkPad X1 Carbon 2017が大幅割引です。