ThinkPad X280 トラックポイントキャップ交換 速度(感度)を速くする設定


ThinkPad X280からトラックポイントキャップが低くなり、従来機種X270以前より高さが半分になった。

ThinkPad X280 トラックポイント交換 速度 感度を 速くする設定

カーソル設定を最速にしてもしっくりこないので
トラックポイントキャップを交換してみる。

ThinkPad スーパーロープロファイル トラックポイントキャップ セット

※ThinkPad X280に対応


まだX280を使い始めて20日ほどしか立っていないけど、
別途購入したスペアのキャップが10個もあったので早々に交換。

キャップ交換は引っこ抜いてスペアをはめるだけ。

表面の滑り止めが購入時のキャップよりもフィットして
多少、カーソル操作がやりやすくなった気がする。


スーパーロープロファイル対応のトラックポイントキャップは
購入時とスペアのキャップを比べると微妙に作りと色が違う。

x280 トラックポイントキャップ 購入時とスペアの違い

交換したところで劇的に操作感が変わるわけではないけれど
新しいキャップにして気分的にも晴れやかな気持ちに(笑)

数ヶ月たつと、キャップ表面が広がって、汚れたり
滑り止めのつぶつぶがへたって操作感が落ちるので
定期的に交換するのがおすすめ。


トラックポイントの速度(感度)を最速にする


X280からトラックポイントの操作感が微妙に変わって、
もっとカーソルを速く動かしたいと感じたら・・・

段階的にカーソル速度(感度)を速くする設定をしてみましょう。

まずはwindowsボタンを押して「コントロールパネル」と入力

コントロールパネルを検索


コントロールパネルを選択し、立ち上げる。

コントロールパネルがひらいたら・・・

コントロールパネルが開いたら、
表示方法を「小さいアイコン」にして
「マウス」をクリック。


マウスのプロパティが開きます。
まずは第1段階 「ポインターオプション」タブを選択。

マウスのプロパティーを開いて・・・

ポインターの速度を選択する項目
スライダーを「速く」一番右に移動し
右下の適用ボタンを押す。


トラックポイントでカーソル操作をしてみて
まだスピードが足りないと感じたら今度は第2段階

ThinkPadタブに移動し・・・

X280 ThinkPad タブに移動

トラックポイント項目の
スライダーを「速く」右方向にずらして適用ボタン。

これでカーソルがてきぱき動くようになる。


レジストリ操作で限界よりさらにスピードアップ


上記の設定をしてもトラックポイント速度が遅い、感度が鈍いと感じるなら最終段階、Windowsの内部設定、レジストリを変える。

設定を間違えるとWindowsが立ち上がらなくなったり、重大なエラーにつながることにもなるので中上級者向け!?の設定かも。

X280 レジストリを操作して限界以上にカーソル速度を速くする

トラックポイントの感度(重さ)を限界よりさらに速く、軽くする方法

レジストリを操作するときはお間違いないよう慎重に。


ここまで全ての設定をしても、以前のX270を最速設定したときとは微妙に操作感が違うけれど、だいぶ軽い力でカーソルが動くようになりました。

X280 カーソル最速設定にして快適

最初は違和感があっても、しばらく使っていれば慣れてくるし
トラックポイントのドライバが更新されると、操作感がアップすることがある

あとは時間が解決してくれることでしょう。


ThinkPad X280が届いた X270と違いを比べながら10日間使ってみた


ThinkPad X280 が大幅割引中です

レノボの直販でThinkPadをカスタマイズ
ThinkPadが大幅割引で購入できます。

割引クーポンを確認する


カートの最終画面で、クーポンを適用すればX280が大幅割引です。