ThinkPad X280 X270の後継機でフルモデルチェンジ 目玉は薄型軽量化


例年通り、年明けのCES 2018で新機種 ThinkPad X280が発表。
従来機種のX270からフルモデルチェンジ。

ThinkPad X280発表 X270の後継機 変わったところは?

最大の目玉は従来モデルから20%の軽量化と15%の薄型化

重量は1.16kg~1.3kg 構成によってばらつく模様。

マルチタッチも選択できるとのことで、
タッチ液晶の場合は重量増となるんでしょう。

手元のX270の重量が実測1.4kgなので
100g~240gほど軽くなりそうです。

サイズはX270に比べると2mmちょっと薄型化

X270:横305.5x 縦208.5x 厚さ20.3mm
X280:横307.7x 縦209.8x 厚さ17.4~17.8mm

2mmも厚さが違うと持った感じの印象はかなり変わる。

縦と横の寸法が1mm~2mm程度大きくなるけど
コンパクト感はかなりアップするでしょう。


ぱっと見たところ、14インチのX1 Carbonの
12.5インチ版がThinkPad X280っぽいなという感じ。

キーボード手前のパームレスト部分にかけて
薄くなって、くさび形のようなボディ。

ThinkPad X280 横から

ただ、横からの写真を見る限り
X1 Carbonほどは薄くなりきれていない感じ。

オプションのスマートカードリーダーなどを搭載する関係と12.5インチと小さな筐体のため、この厚さが現時点での限界ってことなんでしょう。


軽量化と薄型化でなくなるもの


軽量、薄型化でコンパクトになると同時に
トレードオフでなくなるものも・・・

X270の従来機種に搭載されていたフルサイズのSDカードスロットと有線LANポート(付属のドングルが必要)がX280にはないようです

ThinkPad X280 SDカードスロットと有線LANNポートがなくなる

デジカメやビデオカメラからのファイルを直接取り込めていたSDカードスロットがないのは個人的には使いづらくなるなー。

まぁこれも時代の流れですね・・・


従来の長方形電源端子もついに廃止。

ThinkPad X280では長方形電源端子がなくなる

X270にも搭載されてますが
USB type C端子からの電源供給です。


バッテリー取り外し、交換出来ない!?


写真を見る限りではバッテリーは内蔵式かも。(現時点では推測です)

ThinkPad X280 後ろから

X270では容量の異なる3種類のバッテリーを
状況に合わせて使い分けられるのが便利でした。

ThinkPad X280ではバッテリー取り外し 交換が出来ない!?

X280のバッテリー駆動時間は最大で18.8時間

5,6年前のThinkPadに最大容量の9セルバッテリーを搭載しても実働5時間程度でした。

そのころにくらべると、今は取り外し式じゃなくても
バッテリー持ちがいいから内蔵式で十分ってことなんでしょう。

まぁそうはいっても、
へたったときに交換出来るのは便利だったんですが・・・


長くThinkPadを使ってるユーザーさんには
残念な部分も多いけれど、

新たなユーザー獲得という点では
X280のフルモデルチェンジはいいんじゃないでしょうか

ThinkPad X280 開いたところ
10年以上、Xシリーズを使ってる自分にとっては
ついに来てしまったかという感じ。

X240、X250、X260、X270と4年以上
大きく形を変えずにユーザーの動向を見ながら
マイナーチェンジしていたので

レノボにとっては満を持しての
フルモデルチェンジとなりました。

ThinkPad X280の日本発売日は例年通りなら
1月下旬~2月上旬あたりでしょう。

軽く薄くなったのはいいけれど、
実機の操作感はどうなのか?今から楽しみです。


ThinkPad X270 が大幅割引中です

レノボの直販でThinkPadをカスタマイズ
ThinkPadが大幅割引で購入できます。

割引クーポンを確認する


カートの最終画面で、クーポンを適用すればX270が大幅割引です。