ThinkPad X270 メモリ交換 最大の16GBへ(動画あり)


購入時4GBだったメモリを最大の16GBに交換。

ThinkPad X270 メモリ交換 最大16GB DDR4

使ったメモリは以前amazonで購入した クルーシャルの16GBメモリ

ブラウザ立ち上げや重たいソフトも
気兼ねなくがんがん立ち上げられるようになった。


ちなみに、X270に対応するメモリはDDR4です。

ThinkPad X250,X240はDDR3L,DDR3,なので
切りかけ位置やピン数が異なり、互換性がありません。

X270と前モデルのThinkPad X260ではメモリ位置から
交換方法、メモリ規格など全く同じです。




X270でメモリ交換をする上での難関は
ThinkPad X240の頃から変わらず裏蓋の開封。

本体とボトムカバーがツメでびっちり固定されているので
素手で開こうとすると相当な体力!?と時間が必要。

ThinkPad X270 裏蓋の交換は手こずる

個体差があると思われますが
今回、購入したX270はツメがなかなか外れず時間がかかった。

一度開けてしまえば次からは開けやすくなるんですが
購入後初めて分解するときはいまだにてこずります。


メモリ16GB交換後・・・


メモリが4GBの時、
Windows10を立ち上げるだけでメモリ使用率が46%

ブラウザのタブを複数開いたり
スカイプなどのチャットソフトを立ち上げるだけで
あっという間にメモリを使い切ってしまっていた

16GBに交換後、Windows10を立ち上げると使用率はわずか14%

メモリ使用率が圧倒的に下がった

スカイプ、ライン、写真閲覧ソフト
PhotoshopやChromeでタブを10個。
デフォルト作業状態だと、使用率は30%程度で余裕がある。

通常立ち上げ時はメモリ使用率30%

さらに動画編集ソフトなども立ち上げたり
デュアルディスプレイで作業するので
16GBあるとかなりゆとりがあります。

メモリ交換後、安心して複数ウインドウを立ち上げられる

メモリ交換後、海外出張へ
安心してソフトやウインドウを同時起動できました。


ThinkPad X270 が大幅割引中です

レノボの直販でThinkPadをカスタマイズ
ThinkPadが大幅割引で購入できます。

割引クーポンを確認する


カートの最終画面で、クーポンを適用すればX260、X270が大幅割引です。