ThinkPad X260が届いた X250からの買い替え、持ったときの安心感が違う


待ちに待ったThinkPad X260が届きました。
前モデルThinkPad X250からの買い替え。

ThinkPad X260 が届いた フロントバッテリー堅牢性ファーストインプレッション

1日、触っただけだけど、やっぱりいいですね。
ThinkPad Xシリーズの大黒柱、さすがはX260。

ThinkPad X260をさらに詳しく見る


今回から、ThinkPadの梱包ダンボールが変わって、
ワンタッチで側面から一気にThinkPadを取り出せる。

X260 梱包されてる箱が変わった

いままでは縦出しで取り出しにくかった。


X260とご対面。付属品はリアバッテリーとACアダプター
利用の手引きなど用紙が3枚入ってるだけのシンプルな内容。

X260 同梱物

最近Yoga 260やX1 YogaなどいろいろなThinkPadを手にする機会があったけど、Thinkpad X260をセットアップして片手で持ったら、

やっぱりこれだなと実感。



持った瞬間に分かる堅牢性

モバイルPCは画面を開いたまま片手で持ち運ぶ場面って結構多い。

X260は一点に負荷がかかるような持ち方をしても、剛性がしっかりしていて、手にしたときの安心感が他のThinkPadよりも抜きんでてます。

Thinkpad X260を片手で持ってみると

よく言えば重厚感があり、悪くいえば重い(笑)
重量を実測したら1.43kg(フロント3セル+リア3セル+SSD)

乱暴に扱っても壊れなそうな堅牢性が片手から伝わってくる。
毎日持ち運ぶ自分としては、なによりのアドバンテージ。



打ちやすくて汚れにくいキーボード

前モデルX250のバックライト付きキーボードと比べて
ThinkPad X260のバックライト付きキーボードは
キートップの質感が微妙に変わってます

ThinkPad X250とX260 キーボードのトップ素材が違う

写真を見る限りではほとんど分かりませんが
X250はつるつるしていて、長時間タイピングしていると
皮脂などがキートップにつきやすかった。

X260のバックライト付きキーボードはさらさらしていて
汚れはつくけれど、さっと指でなでたり柔らかい布でぬぐうだけできれいになる。

ThinkPad X260 英語キーボード

X1 Carbon 2016やYoga 260と同じ質感ですね。
ThinkPad X1 Tabletに採用されている新開発の
高機能UV塗料を適用しているのかもしれない。


X260 英語キーボード 指にキーがフィットして打ちやすい

そして打ちやすさは抜群。指先にフィットする
湾曲したキーのおかげで、長時間でも心地よくタイピングできます。



VGA端子がないので・・・

X260からVGAアナログ映像出力端子が廃止。

・miniディスプレイポート→VGA出力
・HDMI端子→ VGA出力

2種類の変換ケーブルも購入しました。

X260 VGA変換ケーブルを2種類買った

VGA端子を使うことって1年に1回あるかないかなんだけど
使うときは大人数でのプレゼンなど重要な場面がほとんどなので
保険の意味で2種類のVGA変換ケーブルを買いました。

プロジェクターとの相性で、
HDMIからのVGAの変換出力映像が出なかったり、
逆にminiDPからVGAの映像が出なかったりもあるようです。



取り外しが出来るバッテリー

モバイル用途の14インチ以下のThinkPadで
バッテリーの取り外し、交換が出来るのは
ついにThinkPad X260だけになってしまいました。

用途に合わせて3種類のリアバッテリーを選ぶことが出来る

X260 3種類のリアバッテリー

最大容量のリアバッテリー72whとフロントバッテリーの組み合わせで、20時間以上ものバッテリーが持続する。

用途に合わせてバッテリーを選びながら
ThinkPad X260を活用していく予定。

X260 リアバッテリー最大容量72wh

内蔵型のフロントバッテリーをオプションで選択しておけば
ホットスワップ、電源をつけたまま作業を中断せず
バッテリーを交換することも可能です。

薄型・軽量のしわ寄せで今はモバイルPCのほとんどがバッテリー交換できない内蔵型になりつつあります。

そんな中で利用シーンを限定せず、バッテリー容量を選んで、交換出来るのは便利。



微妙に質感が変わった?!天板

前モデルのThinkPad X250に比べて
レノボのロゴが代わり、天板の質感が微妙に変わったかも。

X250 と X260 レノボのロゴが違う

材質にグラスファイバーを使っていることには変わりないけれど
X260の天板はさらさらしていてさらに汚れがつきにくい感じ。
肌触りでいうとX260は材質の粒子が細かい印象。


ThinkPad x250とX260 天板の肌触りが違う

しつこい脂汚れがつくと落ちにくいのは変わりません。

材質って直接操作に影響する部分ではないけれど、
前モデルの違いを感じられるのはうれしいところ。



Xシリーズの伝統はそのままに

ThinkPadの伝統とも言える、180度開く液晶。
液晶がボディ下に潜り込んで見た目にもシンプルでかっこいい。

X260 180度ボディ側に入り込む液晶が美しい

対面で画面を見せたり膝の上で体勢を変えながら
液晶をのぞき込むのによく使います。


X260 液晶画面が180度開くのはもはや伝統

ThinkPad X260は X1シリーズに比べると代わり映えがなく、
FHDやマルチタッチに今のところ未対応で話題性が少ないですが

古くからThinkPadの伝統を受け継いできた機種で
触ってみると、やはり、これだなと実機を手にして納得。

早速、明日から海外出張へ→
現場投入して過酷な環境で使い倒していきます。


ThinkPad X260をさらに詳しく見る


ThinkPad X260 が大幅割引中です

レノボの直販でThinkPadをカスタマイズ
ThinkPadが大幅割引で購入できます。

割引クーポンを確認する


カートの最終画面で、クーポンを適用すればX260、X1 Carbonが大幅割引です。