ThinkPad X260を持ち運ぶ理由 リアバッテリー 3セルと6セルを並べてみる


青山で待ち合わせ前にカフェに入ってThinkPadタイム!
周りはお盆の雰囲気漂う中 ThinkPad X260 2台で仕事中。

ThinkPad X260を持ち運ぶ理由 2台を並べてみた

アロハな小さなカバンの時は12インチのThinkPad X1 Tabletと12.5インチのThinkPad X260のどちらかを持ち歩くのだけど・・・

今日は待ち合わせ前に時間があり、作業する時間が確保できるので、迷うことなく操作性と使いやすさ、SDカードスロット搭載のX260を持ってきました。

アロハな小さなバッグな時は12インチがちょうどいい

持ち運ぶならX1 Tabletだけど、作業性はX260の方が上で使いやすい。


向かいは友人のThinkPad X260 リアバッテリーに6セルを搭載。
一方、私のX260は本体から出っ張りのない 3セルバッテリー

ThinkPad X260 3セルバッテリーと6セルバッテリー厚さの違い 並べてみる

こうやって見ると厚さがずいぶん違うけど、フロント3セル+リア6セルで1.5倍のバッテリー駆動時間。

CPUに負荷がかからない作業なら15時間程度はバッテリーのみで動きます。

青山のカフェでThinkPad X260 とカプチーノ

持ち運ぶノートPCって、そりゃ軽けりゃ軽いほどいいけれど、作業するときに1.43kg(フロント3セル+リア3セルバッテリー)のX260を持ってくることが一番多いことを考えると・・・

重さを凌駕するのが、使いやすさと本体サイズ、堅牢性、重量のバランスが一番いいなと感じます。


ThinkPad X260 をさらに詳しく見る



ThinkPad X270 が大幅割引中です

レノボの直販でThinkPadをカスタマイズ
ThinkPadが大幅割引で購入できます。

割引クーポンを確認する


カートの最終画面で、クーポンを適用すればX270が大幅割引です。