ThinkPad X250 大容量リア6セルバッテリーで残り31時間


ThinkPad X250に取り外しができる大容量の 6セル リアバッテリー(72Wh) をつけて白金台、プラチナ通り沿いのカフェへ。

白金台のカフェでThinkpad X250と6セルリアバッテリー

電源を入れてしばらくたって、タスクバーにあるバッテリーボタンをクリックしたら残り:31時間11分と表示された(笑)

Thinkpad X250に大容量6セルバッテリーを搭載したら30時間以上のバッテリー残量と表示

さすがに、実働だと31時間もバッテリーは持たないでしょう。

フロント3セル+リア3セルの時に出先で9時間以上バッテリーのみで使えたことを考えると、

3セルバッテリー(23.2Whr)の3倍の容量持つ6セルバッテリー(72Wh)で、最大、18時間~20時間は駆動する計算になります。

6セルバッテリー単体の重量は320g
3セルバッテリー単体の重量は150g

重量は3セルの2倍ほどある6セルバッテリーですが、容量は3倍なのでなんだか得した気分(笑)


フロント3セル+リア6セルバッテリーを搭載したときのX250、本体の重量は1.6kgになりますが、5年前に使っていたX200sに大容量の9セルバッテリーを搭載したときは1.66kgだったので、以前持ち運んでいた重量に戻った感じです。

それでいてX200sの頃と比べて、X250のバッテリー持続時間は4倍ほどで60g軽くなってますからこの進化はすごいですね。

ThinkPad X250とコーヒー

今日は6セルバッテリーの試運転。3セルバッテリーでも十分だったのだけど、出先で、残容量を確認しながらバッテリーの減りが遅いのを体感してます。

Thinkpad X250 リアバッテリー6セルを搭載するとキーボードに傾斜ができてタイピングしやすい

バッテリー持続時間とは全く関係ない部分ですが、6セルバッテリーを搭載すると、本体下に出っ張るため、キーボードが斜めになります。

一番上のファンクションキーから下3列は指からキーへの距離が短くなった気がする。タイピングがしやすくなって快適です。


バッテリー駆動時間が長いThinkPad X250を詳しく見る


ThinkPad X250 バッテリーのでっぱりは?リア6セル(72Wh)



ThinkPad X270 が大幅割引中です

レノボの直販でThinkPadをカスタマイズ
ThinkPadが大幅割引で購入できます。

割引クーポンを確認する


カートの最終画面で、クーポンを適用すればX260、X270が大幅割引です。