X240s 内蔵バッテリーの無効化 SSD換装の準備


X240sのハードディスクを交換する前に
内蔵バッテリーを無効化する必要があります


X240sにACアダプタがつながっていれば外します。

コンピューターを再起動して
F1キーを押すとThinkPad Setup画面になります。

X240sバッテリーの無効化 F1キーを押すとThinkPad Setup画面に
F1キーを押すというよりは再起動するタイミングで連打する感じです


『Config』 ➙ 『Power』の順に選択すると
サブメニューが表示されます。

X240sバッテリーの無効化 『Config』 ➙ 『Power』の順に選択

『Disable Built-in Battery』メニューを選択し

X240sバッテリーの無効化 『Disable Built-in Battery』メニューを選択

『Setup Warning』ウィンドウで『Yes』をクリック

X240sバッテリーの無効化 『Setup Warning』ウィンドウで『Yes』をクリック

そうすると、X240sの電源が切れて
内蔵バッテリーが無効になります。
(電源スイッチを入れても電源が入らない)


これで、ハードディスクを交換する準備が出来ました


ちなみにX240sにACアダプタをつなげると
バッテリーの無効化は解除されます。

X240s内部のHDDやメモリーを交換する場合
このバッテリーの無効化をします


X240s SSDへの換装手順 HDDの交換方法に続きます




ThinkPad X260 が大幅割引中です

レノボの直販でThinkPadをカスタマイズ
ThinkPadが大幅割引で購入できます。

割引クーポンを確認する


カートの最終画面で、クーポンを適用すればX260、X1 Carbonが大幅割引です。