ThinkPad T460sじゃなくてX1 Yogaを持ってきたのは・・・テント、タブレットモードで会議


スリムでかっこいいThinkPad X1 Yogaをカフェに持ってきました
同じ14インチのThinkPad T460sは事務所でお留守番。

ThinkPad T460s じゃなくてX1 Yogaを持ってきた タブレットテントモードが活躍

腰を据えて、じっくり仕事や動画編集をしたいときはキーボードが打ちやすくて、外部GPU(オプション)搭載のT460sを持ってくることもあるけど・・・

今日は対面で、画面を見ながらの打ち合わせなので、マルチタッチ搭載で取り回ししやすく、画面がきれいなX1 Yogaをチョイス。


7月から新たに始めた事業が軌道に乗り始めたので、共有しているグーグルスプレッドシートの売上をみながらか~いぎ。

ThinkPad X1 YogaとX240

ちなみにX1 Yogaの向かいはThinkPad X240です。
12.5インチのX240に対して、X1 Yogaは14インチ。

X1 Yogaをみて、やっぱり、大きいなぁと向かいの社長がつぶやいていた。

画面を見ながら打ち合わせする時は14インチの方が視認性がよくて、タッチ液晶があることで説明も直感的に出来るのが便利。


カフェの小さなテーブルにコーヒーと軽食置くと、PCを置くスペースはほぼなくなる。

X1 Yoga テントモード 狭いテーブルを有効活用できる

こんな時は最小スペースで画面の閲覧できるテントモード。
14インチなのに限られたスペースにきっちりおけました。


ただ、これだと相手には見せられても自分が操作しづらいので・・・
タブレットモードで片手持ちして、画面を持ちながら話を進めます。

X1 Yoga タブレットモードでミーティング

180度画面を回転させても薄くて取り回ししやすい。


長時間、片手で持っているとさすがに1.36kgはこたえるので

X1 Yoga を膝の上にのせて スタンドモード

画面は相手に向けつつ、そのまま膝の上に置いてスタンドモード。

状況に応じて自由自在に変形するX1 Yogaをみて、ThinkPadユーザーの社長もコレは便利だね!とちょっとびっくりしていた。


正直、X1 Yogaはかっこよさに惹かれて、半ば衝動的に買ったので、ラップトップモードだけしか使わないんじゃないかと思ってました

ま、それなら、X1 Carbonで十分なんですけど・・・

ミーティング後はX1 Yogaのラップトップモードで一仕事

クライアントさんと一緒に作業するときや、画面を見せながら仕事をするときにX1 Yogaを使って相手の反応を見るのが楽しみになってます(笑)

14インチの大きな画面がきれいなので相手も自分も見やすいし、薄くて軽い本体はハンドリングしやすく、楽ちんなのがいいですね。


打ち合わせに最適!ThinkPad X1 Yogaを詳しくみる


ThinkPad T460sが大幅割引中です

レノボの直販でThinkPad T460sの割引率がアップ♪

割引クーポンを確認する


カートの最終画面で、
クーポンを適用すればT460sが大幅に安くなります。