X1 Tabletのプロジェクター プレゼンターモジュールの明るさ


2016年4月発売予定のプレゼンターモジュールを
ThinkPad X1 Tablet に合体させれば、プロジェクターとして利用ができる

x1 tablet プロジェクター プレゼンターモジュールの明るさは?

気になるのは、明るさはどれくらいなのか?
X1ファミリーの発表会でデモされていたので見てきました。


ThinkPadの開発部隊、大和研究所のスタッフさんに聞いたところ
50~60ルーメンとちょっと暗め。

X1 Tablet プレゼンターモジュールで画面を投影

プレゼンターモジュールをデモしていたブースはしっかり枠で囲われて、真っ暗な場所で映像を投影していました。

2~3m 離れたところで30~40インチほどでしょうか。

モジュール自体がコンパクトなのでしょうがないんでしょうけど、ぼやっと映像が映っていて、明るさがもうちょっとあるといいなと感じました。

明るい会議室で大人数にプレゼンするときは向きませんが、
スクリーン部分の照明を落として5,6人で見たり、
自宅で映画や写真を鑑賞するにはいいかも。



HDMIの入力、出力が切り替えできる

プレゼンターモジュールにはフルサイズのHDMI端子があって
モジュール本体のスイッチで入力と出力を切り替えられる。

ThinkPad X1 tablet プレゼンターモジュールレンズ部分

X1 Tabletの画面を大きな液晶テレビに出力するのはもちろんのこと、
DVDプレイヤーやPCのHDMI出力端子からモジュールにつなげて、プレゼンターモジュール自体で映像や画面を投影することも可能。

これはちょっとおもしろい機能。
発売は4月と先ですが、楽しみなX1 Tabletのオプションです。


ThinkPad X1 Tabletをさらに詳しくみる



ThinkPad X1 Carbon 2017が大幅割引中です

レノボの直販でThinkPadをカスタマイズ
ThinkPadが大幅割引で購入できます。

割引クーポンを確認する


カートの最終画面で、クーポンを適用すればThinkPad X1 Carbon 2017が大幅割引です。