ThinkPad X1 Tablet 利点と欠点 ラップトップThinkPadに比べて・・・


北陸新幹線、金沢から東京に戻る車内で ThinkPad X1 Tablet

ThinkPad X1 Tablet 利点と欠点 ラップトップPCと比べて

通常はラップトップの ThinkPad X260 を使っているけど、2in1のタブレットが電車内でどこまで使えるのか気になっていました。


新幹線内でやる作業といえばネットサーフィンや
秀丸(テキストエディタ)で文字の打ち込み。

PhotoShopで画像の解像度変更程度の比較的CPUに負荷がかからない作業。

驚いたのが通常ThinkPadと何ら変わりなく作業ができる

違うことといえば12インチで多少画面が小さいことと、
ゴリラガラスが採用されてるため、ピカピカでかなりキレイ。

ThinkPad X1 Tablet 液晶面はピカピカでキレイ

映り込みはあるけどこの画面の美しさはラップトップThinkPadにはなく、タブレットならでは。



スタンドがある分、キーボードを取り付けたときは同じサイズのラップトップPCよりも奥行きが長くなる

グリーン車内の大きなテーブルでぎりぎりでした。

X1 Tabletグリーン車のテーブルで奥行きがぎりぎり

自由席や飛行機の普通席だと、はみ出て使えないかも。

ゴム足がついていないので、キーボードに傾斜をつけたときには本体がずれやすく。タイピング中に弾みで押してしまうと液晶が落ちそうになった。


テーブルにおけなければ、膝の上ってことになるわけですが、意外だったのが、X1 tabletをのせての作業もちゃんと出来る。

ThinkPad X1 Tablet 膝の上にのせてみる

膝の上の作業時ポイントとして、キーボードをフラットにすると、かなりバランスが悪く、打ちにくいし、ちょっとした弾みで落としそうで怖い。

キーボードに傾斜をつけると、安定して膝の上でも問題なく作業ができるようになった

X1 tablet キーボードに傾斜をつけると膝の上でも作業しやすくなる

ラップトップPCに比べて、体勢を変えたときに落下の危険性が高いのが弱点。



あとはスタンドをいちいち、広げなくてはならないのは、多少面倒ではある。

X1 Tablet スタンドを開くのがちょっと面倒

ただ、これも慣れかもしれません。


web閲覧や、ブログ投稿。簡単な画像編集を2時間半の乗車内で作業してみたけど、ラップトップPCと全く遜色がない。

X1 Tablet タッチパネルの感度が一番いい

タッチパネルの反応は通常のラップトップThinkPadのマルチタッチ液晶よりもよくて、タッチしながらの作業がさらに癖になりそう。

X1 Tablet サイズ感がコンパクトで 持ち運びには最強

携帯性で勝るX1 tabletですから、多少の作業性は犠牲になるものの、取り回しの良さは最強です。

タブレットと名前はついてますが、ラップトップPCとかわりなく使えるのはすごい。


ThinkPad X1 Tabletをさらに詳しく見る



ThinkPad X1 Carbon が大幅割引中です

レノボの直販でThinkPadをカスタマイズ
ThinkPadが大幅割引で購入できます。

割引クーポンを確認する


カートの最終画面で、クーポンを適用すればThinkPad X1 Carbon 2017が大幅割引です。