ThinkPad X1 Carbon 2016 販売開始 WiGig対応追記 タッチパネル未対応


ThinkPad X1 Carbon 2016 第4世代がレノボの直販で販売開始。
ワイヤレス接続でドックが利用できるWiGig(ワイギグ)は対応時期が未定のよう。

追記
ThinkPad X1 Carbon WiGigに対応 WQHD液晶のみ

ThinkPad X1 Carbon 2016 発売日にはwigig、タッチパネルには非対応

ThinkPad X1 Carbon 2016のスペック・詳細


今回で4世代目のX1 cabon。重量がついに1.18kg
ラップトップのThinkPadで1.2kgを割る重さは初めてです

片手で持ってみると前モデルのX1 carbonより明らかに軽い。

Thinkpad X1 Carbon 2016 重量が軽すぎ 持ってみてびっくり


キーストロークは1.8mm。
軽いタッチで打ちやすいフルサイズ(19mm)のキーボードも健在

ThinkPad X1 Carbon 2016 英語キーボード

長時間でも疲れず、ご機嫌にタイピングできるのが魅力。

いいところはそのまま残して、
重量を突き詰めた完成形に近い印象です。

軽いんだけど本体の剛性や持ったときの安心感は抜群。
重量を落としてもチープになってないところはさすがThinkPadの最上位機種、フラグシップモデルならでは。

ThinkPad X1 Carbon 2016 の重さ

薄くて軽くてかっこいい。んー欲しくなる(笑)


天板はお馴染みのカーボン素材。
ボディ部分がレアメタル含有のマグネシウム合金でさらさら。質感がいいです。

Thinkpad X1 Carbon 2016 材質 天板はカーボン

モニタ天板部分はツルツルしていて肌触りがいいけど、皮脂などの汚れが多少目立つかな。
でも、さっと拭き取るとすぐにきれいになります。


発売日(2016年2月19日)時点でマルチタッチ液晶には未対応

現状、タッチパネル対応のX1が欲しければ
先に発売されてる1.36kgのThikPad X1 Yogaを選ぶことになる。

内部構造やインターフェイスなどはX1 carbon とX1 Yogaで大きな違いはありません。

X1シリーズの大本命。一番の人気となるのは間違いないでしょう。
X1 Yogaを買わなければきっとX1 Carbon 2016を買ってました。


ThinkPad X1 Carbon 2016をさらに詳しく見る


追記
ThinkPad X1 Carbon WiGigに対応 WQHD液晶のみ



ThinkPad X1 Carbon が大幅割引中です

レノボの直販でThinkPadをカスタマイズ
ThinkPadが大幅割引で購入できます。

割引クーポンを確認する


カートの最終画面で、クーポンを適用すればThinkPad X1 Carbon 2017が大幅割引です。