ThinkPad X250と比べて X1 Carbon 日本語キーボードの不満点


ThinkPad X1 Carbon 2015 の日本語キーボードを打っていて唯一
使いづらいと思ったのがスペースキーが小さいこと。

ThinkPad X1 Carbon 日本語キーボード

14インチでキーピッチはフルサイズあるのにスペースキーの長さだけはいつも使っている12.5インチのX250より、若干短い。

ThinkPad X250 と X1 carbonのキーボード x1のほうがスペースキーが短い

スペースキーと隣り合わせになってる「無変換」「変換」キーをよく押し間違えます。

X250でもたまに押し間違えるけど、スペースがさらに短いX1 Carbonでは使い始めたときに尋常じゃないぐらい押し間違えました・・・

個人的にはあまり使わない「無変換」「変換」キーは小さくていいのでスペースキーをもっと大きくしてほしい。

ま、スペースキーが長い英語キーボードを使いなさいって話で一瞬で解決するんですが。


唯一の不満点以外はボディが薄型の割にキーの押し心地は絶妙。

人間工学に基づいたキーボードらしく、指に吸い付くような高速タイピングができます。

ThinkPad X1 Carbon 唯一の不満点を除けば打ちやすくていいキーボード

そして長時間打ち続けていても誤タイピングが少なく、疲れにくいのもThinkPad キーボードの特徴。


14インチの X1 Carbon はデスクトップキーボードと同じキーピッチ(キーの間隔)で19mmのフルサイズが魅力的です。

ThinkPad X250と X1 carbon 2015 180度開いて並べてみる

メインではデスクトップPCを使っているので同じキーピッチだと移行するときに違和感がなくていいですね。


ThinkPad X1 Carbonをさらに詳しく見る

ThinkPad X250をさらに詳しく見る


キーピッチ・キーストロークで選ぶなら、X250 X1 Carbonどちら?



ThinkPad X1 Carbon が大幅割引中です

レノボの直販でThinkPadをカスタマイズ
ThinkPadが大幅割引で購入できます。

割引クーポンを確認する


カートの最終画面で、クーポンを適用すればThinkPad X1 Carbon 2017が大幅割引です。