ThinkPad X250 Windows10をクリーンインストール後、ドライバをインストール

ThinkPad X250 windows10クリーンインストール後 ドライバをインストールして使える状態にする

ThinkPad X250にwindows10をUSBメモリでクリーンインストール
直後にデバイスマネージャーを開いてみると・・・

Windows10 クリーンインストール直後はデバイスが認識されていない物が多い

認識されていないデバイスがかなりある。



Windows Updateをする

ほとんどのドライバはWindows Updateをすることでインストールされます。

スタートメニューを表示させてから「設定」をクリック

windows10 Windows Updateのやり方 まずはスタートメニューから設定を押す

設定ウインドウ下にある「更新とセキュリティ」を選択するとWindowsUpdate画面になります。

設定ウインドウで更新とセキュリティボタンを押すとWindows Update画面へ

Windows10でWindows Updateをするとドライバも一緒にインストールされる

トラックポイントのドライバでもある「Synaptics ThinkPad UltraNav ドライバー」も自動的にインストールされていました。



ドライバの自動インストールが終わったところでデバイスマネージャーを見てみるとほとんどのデバイスが認識された。

唯一「PCI データ取得およびシグナル処理コントローラー」が認識されず、びっくりマーク。

PCI データ取得およびシグナル処理コントローラーが唯一認識されない

レノボのドライバダウンロードサイトから、INTEL チップセット サポート (WINDOWS 10 32BIT, 64BIT) をダウンロードしてインストールすることでびっくりマークが消えます。

以上でWindows10クリーンインストール後、
最低限のドライバインストールは完了です。



System Updateをしてみる

ThinkPadのドライバ類を一括でインストールしてくれるSystem Update(Windows10対応)をインストールして実行したところ、4つのドライバが推奨更新として一覧に表示されました。

Windows 10クリーンにストール後にレノボ System Updateをしてみる

個別でドライバをダウンロードする場合はこちらから

INTEL ラピッド ストレージ テクノロジー ドライバー
INTEL マネージメントエンジン 10.0 ソフトウェア
オートスクロール ユーティリティ
INTEL PRO/1000 LAN アダプター ソフトウェア (ギガビット イーサネット ドライバー)

System Updateだけすればすべてのドライバが更新されればいいのですが、INTEL チップセット サポートはインストール前でも一覧に表示されなかったのでどうやら限定的な模様。

必要なドライバは自分で選んで個別にインストールするのが良いでしょう。


ご参考までに私が上記以外でインストール、アップデートしたドライバは2つ

Intel ワイヤレス LAN (11abgn, 11bgn, 11ac)
ホットキー機能統合

ワイヤレスLANのドライバはバージョンが低いとつながらなくなったり不具合が多いので最初にドライバをアップデートしました。

ホットキー機能統合をインストールすると、CapsLockを押したときにディスプレイ上に状態を表示してくれる。

ホットキー機能統合をインストールすると液晶に状態が表示される


インストールメディアからWindows10をインストールしてドライバを個別インストールするまでだいたい1時間半ほどかかりました。

アップグレードより若干面倒で時間もかかりますが、すっきりしたWindows10でThinkPadを心新たに使えます。


Windows10で使いやすい! ThinkPad X250を詳しく見る



ThinkPad X260 が大幅割引中です

レノボの直販でThinkPadをカスタマイズ
ThinkPadが大幅割引で購入できます。

割引クーポンを確認する


カートの最終画面で、クーポンを適用すればX260、X1 Carbonが大幅割引です。