Windows10 インストールメディアの作り方 インストール時にプロダクトキーが必要


ThinkPad X250にWindows10への手動アップグレードが完了
通常であれば簡単なアップグレードをおすすめしますが・・・

まっさらなWindows10からスタートしたい方のためにインストールメディアからのクリーンインストールも試してみました

Windows 10インストールメディアの作り方


Windows10 インストールメディアを作る

まずはマイクロソフトのオフィシャルサイトより
Windows 10インストール用「メディア作成ツール」をダウンロード


ダウンロードしたツールをダブルクリックして「他のPC用にインストール メディアを作る」を選択して次へ。

他の PC 用にインストール メディアを作るを選択


言語、アーキテクチャ、エディションを選択します

Widnows10 インストールメディア作成 言語、アーキテクチャ、エディションの選択


使用するメディアはUSB フラッシュドライブ。
容量は8GBで高速転送が可能なUSB3.0のメモリを使用。

Windows10 インストールメディアの作成にはUSBメモリ が必要

Transcend USBメモリ 8GB USB 3.0 スライド式 ブラック (無期限保証) TS8GJF790K


DVDでの作成も可能ですが手軽で高速なUSBメモリがおすすめ。
メディア作成時にUSBメモリ内はすべて削除されますのでご注意を


「USB フラッシュ ドライブ」を選択して次へ

使用するメディアはUSBフラッシュドライブが便利


PC本体にUSBフラッシュメモリを挿入し、「ドライブの一覧を更新する」を押すと認識されているドライブが表示されます。

PCにUSBメモリを挿入すると認識される


次へを押すとWindows10 ソフト本体のダウンロードが開始される

Windows10の実行ファイルをダウンロード中


Windows10のダウンロードが終わるとメディアへファイルの書き込み。

Windows10の実行ファイルをUSBメモリに書き込み中


20分ほどでwindows10 インストールメディアの作成が完了しました。

Windows10 インストールメディアが作成された

※他のPCにインストールする際にはプロダクトキーが必要になります


Windows10にアップグレード済みなら
そのままクリーンインストールが可能


Windows10にアップグレード済みのPCでインストールメディアを作成し、メディアを使ってクリーンインストールする場合はプロダクトキーを入力しなくても認証されるようです。

今回は、Windows 8.1からメディア作成ツールを使ってwindows10にアップグレードしたThinkPad X250でインストールメディアを作成。

同じX250にWindows10をクリーンインストールをしたところ、プロダクトキーの入力をスキップしても認証されていました。


いったん、Windows10にアップグレードしたThinkPad X250にインストールメディアを使ってクリーンインストールした方法は・・・


次の記事に続きます
Windows10をクリーンインストール



ThinkPad X270 が大幅割引中です

レノボの直販でThinkPadをカスタマイズ
ThinkPadが大幅割引で購入できます。

割引クーポンを確認する


カートの最終画面で、クーポンを適用すればX270が大幅割引です。