Windows10 Creators Update前に戻せる期間 以前のデータを削除する


1703 クリエイターズアップデートをした後
何らかの不具合や互換性の問題が起きた場合
Windows10を以前のバージョンに戻せる。

不具合でWindows10 Creators Update前に戻す 以前のデータを削除する

元に戻せる期間はアップデート後、10日間
いつでも戻せるわけではないので不具合があった場合はお早めに。


前のバージョンのWindows10に戻す


まずは設定画面を開く

設定ボタンをクリック


「更新とセキュリティ」をクリック

更新とセキュリティをクリック


左サイドバー「回復」を選んで
前のバージョンの Windows10 に戻す「開始する」ボタンを押す

回復 → 前のバージョンに戻せる

ダイアログが出るので、
指示通り進めていけば、元のWindows10に戻すことができる。


以前のWindows10データを削除する


Creators Update後、特に不具合もなく、
以前のバージョンに戻す必要がないと判断したら、

PC内に残っている以前のwindows10のデータを手動で削除することができる。

当然ながら、削除後は元のwindows10に戻すことはできなくなるので、不安ならそのままにしておいてもいいでしょう。

windows10スタートメニューを開いて
「ディスククリーンアップ」で検索して立ち上げる

ディスククリーンアップを立ち上げる


ディスククリーンアップウインドウ内
「システムファイルのクリーンアップ」をクリック

システムファイルのクリーンアップをクリック

しばらくすると削除できる一覧が表示されるので
スクロールしていくと「以前の Windows のインストール」が出現。

以前の windows インストールを選択してOK

18.6GBもの容量がある。そこそこディスクを占有してます。


チェックボックスを入れて、OKボタンを押すと・・・
以前のバージョンのWindowsに復元出来なくなるよ!
とアラートで知らせてくれる。

windows10警告ウインドウがでてくる

特に問題ないので はい をクリックして進めます。


クリーンアップ中は進捗状況のウインドウが表示

ディスククリーンアップ中

5分ほどで以前のwindowsのデータ削除が完了しました。


もし、万が一不具合があったら・・・
と不安に感じる方は削除せずに残しておくといいですね。


Windows10 1703 Creators Updateの所要時間が長い 2017年4月


ThinkPad X270 が大幅割引中です

レノボの直販でThinkPadをカスタマイズ
ThinkPadが大幅割引で購入できます。

割引クーポンを確認する


カートの最終画面で、クーポンを適用すればX270が大幅割引です。