Windows10 Creators Update ついにキャンセルできず、強制アップデート


クリエイターアップデートを適用せずに
ずっとスルーしていた ThinkPad T460s。

windows10 クリエイターズアップデート強制アップデート

以前は「後で通知する」をおせばキャンセルが出来たけど
9月の初旬、ついに「設定の確認」ボタンしか表示されず・・・

後で通知するボタンがなくなった

いわば、強制的にクリエイターズアップデートを適用。
どうやら3回以上リマインダーが表示されると延期が出来なくなるよう。

しょうがないので、アップデートを適用。
過去の機種と同様、1時間弱の更新時間がかかりました。


Windows10 Proなら、さらに延期できる


手持ちのThinkPad Windows10で唯一ProバージョンのX1 tablet

ThinkPad X1 Tabletのみ Windows10 pro

以前、WindowsUpdateの詳細オプションから
「機能の更新を延期する」をチェックしておいた

以前昨日の更新を延期しておいた
※Windows10 HOMEでは残念ながら、延期設定は出来ません。


今日、X1 Tabletの
詳細オプションを見てみると表示が変わっていた。

詳細オプションの設定表示が変わった

「Current Branch」か
「Curent Branch for Business」が選択できる

なんだかよくわからないけれど、Businessのほうが
更新の延期を延長できそうなのでそちらを選択。

最大で365日機能の更新の延長ができるようなので
1年間はこのまま使えそうな予感です。


来月にはFall Creators Updateも控えているので
どうなるかはわかりませんが・・・

年に約2回、1時間弱も時間を取られる
大型アップデートはかなり負担になる。

Windows10のThinkPadだけでも
5,6台はあるので面倒なんですよね・・・

今後、Windows10のOSはHOMEは選ばず、
PROにしようと思った・・・

全部Win10 PROにのせ替えたい衝動に駆られてます。



ThinkPad T470sが大幅割引中です

レノボの直販でThinkPad T470sの割引率がアップ♪

割引クーポンを確認する


カートの最終画面で、
クーポンを適用すればT470sが大幅に安くなります。