ThinkPad X1 Yoga タッチパネルとペンが認識しない 復旧までにやったこと


X1 Yoga ペンが書きやすくなる! と記事を書いていたら
途中でデジタイザーが認識せず、動かなくなる。

ThinkPad X1 Yoga タッチパネルやペンが動かない 認識しない 復旧まで

あれ、ペンの充電が切れたのか?!と思ったけど
指でのタッチ操作も全く動かず・・・

Windowsボタン+X を押して「システム」を選択
システムを開くと 利用できませんとある

このディスプレイでは、
ペン入力とタッチ入力は利用できません


と表示されてるではありませんか

いやいや、ほんの数分前まではタッチ操作とペンが使えてましたから、タッチ液晶が壊れたのか!?と一抹の不安が募る。


デバイスマネージャーを開く

デバイスマネージャーを開くとびっくりマーク

予想通り、「ほかのデバイス」内にびっくりマークがついた「不明なデバイス」が表示されている

不明なデバイスのプロパティを開いてドライバを更新してみると
デジタイザーペンメーカーのWacom Deviceと判明。

ワコムのドライバを更新するもエラー

ソフトウェアを更新してみるも、途中でエラーになる

ドライバーはこのプラットフォーム用ではありません
とあることから、環境やドライバが古くなってると仮定


復旧までにやったこと


まずはLenovo Companionからシステムの更新。

原因を特定するために、まずは重要な更新の
グラフィックドライバーとHotkeyのみ更新してみる。

Lenovo Companionで重要な更新を適用

これでは直らなかったので、今度はWindows Update

KB4015438 Windows10アニバーサリーアップデートの累積的な更新プログラムを適用して再起動。

WindowsUpadateを適用してみる

Wacomのドライバーは更新されずエラーになりました。

結局、WindowsUpdateを適用しても症状はかわらず。


次にLenovo Companionを立ち上げて
推奨更新のドライバを適用しようとしたら・・・

レノボコンパニオンが立ち上がらなくなる

アカウントを確認してくださいと出て
ソフトが立ち上がらない・・・この大事なときに!


しょうがないので、ドライバ一括更新ができるWindows10用の System Update をレノボのオフィシャルサイトからダウンロードしてインストール。

Windows7やXPの頃からThinkPadを使ってる方にはおなじみのドライバ一括更新ソフトですね。

システムアップデートで更新できるドライバの一覧を確認。
一番、怪しそうな Win Tab Driver のみを更新して再起動!

System Updateから Win Tab Driverをアップデート

めでたく、ペンとタッチ操作が復旧しました!


システムをあらめて確認してみると

システムを開くと ペンとタッチのサポート になった

10タッチ ポイントでのペンとタッチのサポート
と表示されています。


タッチ液晶が使えない!まずやること


まとめるとまずはLenovo Companionか
SystemUpdate システムの更新から

Win Tab Driverをまず更新

これでもタッチやペン操作が復旧しなければ

・WindowsUpdateを実行
・Lenovo Companionで重要な更新と推奨更新 全て実行


多くの場合はWin Tab Driverのみ更新すれば
タッチやペンでの操作が直るんじゃないでしょうか。

逆に上記3つをやってみても復旧しない場合は
リカバリーして工場出荷時の状態に一旦戻す。

それでも無理なら
タッチパネルの故障を疑うことになりそう。



ThinkPad X1 Carbon が大幅割引中です

レノボの直販でThinkPadをカスタマイズ
ThinkPadが大幅割引で購入できます。

割引クーポンを確認する


カートの最終画面で、クーポンを適用すればThinkPad X1 Carbon 2017が大幅割引です。