ThinkPad X270 X250 東京ビックサイト イベント前に朝活!?仕事


東京ビックサイト正門を左手に反対方向へ。
イベント前にタリーズでThinkPad X270

ThinkPad X270 X250 並べて一仕事

朝早いと、店内も空いていてゆったり出来る
最近ではあまり聞かなくなった朝活!?

無料WiFiも飛んでるので、早めに来て
ThinkPadで一仕事するのが定番です。

向かいの友達のPCはX270の2世代前、ThinkPad X250

向かいの友人はThinkPad X250

売上集計を・・・といって、
もくもくと数字をまとめているよう。


途中、別の友人もやってきて、
X250を開きながら仕事の打ち合わせ。

ThinkPad X270 X250 を並べて仕事の話

ThinkPadを開いていたら
自然とビジネスの話になってますね。


ThinkPad X270とX250の違い


今年、2017年発売のThinkPad X270と
2年前に発売されたX250と比べて、外観やサイズはほぼ同じ。

目に見える違いは
左側面の映像系端子類が変わってます。

X250の時にあったVGAアナログディスプレイ端子とMiniDisplayport端子がなくなり、

X270 X250 映像系端子が違う

新たにHDMIとUSB Type-C端子がX270では搭載されてます。

HDMI搭載は時代の流れにあった変更。

ホテルの部屋のテレビや外部モニタに接続して
気軽にデュアルディスプレイが出来るようになった。

X270 ホテルでデュアルディスプレイ

USB Type-C端子はさらに普及がみこまれるため
電源供給からドック接続など今後便利になりそう。

細かいところではレノボのロゴが変わったぐらい。
キーボードなどのインターフェースの使いやすさは変わらない。


内部構造で大きな違いはメモリ規格

ThinkPad X250がDDR3Lに対してX270はDDR4
両者で互換性がないので使い回しは出来ません。

加えてDDR3Lの16GBメモリはかなり高価。

メモリを最大の16GBに交換するならば
圧倒的にX270のDDR4メモリが手に入れやすいです。


ちなみにX250ユーザーの友人は元はX240ユーザー。

ThinkPad X240

クリックボタン一体型のタッチパッドが使いづらく、X240の調子が悪くなったのでクーポン割引率が高いときに衝動的に買ったのだとか(笑)

今年発売のX270は例年より早く割引率がアップ
このままボーナス時期まで継続しそう。

X270発売からわずか2ヶ月程度で大幅割引なんて・・・
発売日に購入した自分としてはうらやましい限り。

新製品、新学期の需要もおちついて
納期も安定している時期なので
買い換えるにはいいタイミングです。


ThinkPad X270をさらに詳しく


ThinkPad X270 が大幅割引中です

レノボの直販でThinkPadをカスタマイズ
ThinkPadが大幅割引で購入できます。

割引クーポンを確認する


カートの最終画面で、クーポンを適用すればX270が大幅割引です。