フィリピン航空のプレミアムエコノミーでThinkPad X260 電源もあって便利


成田空港からマクタン・セブ国際空港まで
フィリピン航空の直行便で5時間弱。

今回はプレミアムエコノミーの座席です。

フィリピン航空のプレミアムエコノミー テーブルにThinkPad X260

搭乗直後に出てきた食事を済ませてから・・・
肘掛け部分にある収納式のテーブルにThinkPad X260

フィリピン航空でノートパソコンを開いて一仕事

エコノミーにしては座席幅や足下が広く、
テーブルも思ったほど狭くなく意外に使える。
さすがプレミアムエコノミーと呼ばれるだけのことはある。

ただ、テーブルが貧弱で、斜めに傾いていた(笑)
左足を支えにして水平にしながらX260を使ってます。

エコノミーのテーブルって結構な確率で貧弱だったり狭いので・・・

いざとなったら12.5インチでコンパクトなX260を
膝の上にのせて作業も出来るのが便利です。


スペースが限られた飛行機の中ではやはり、
12.5インチでコンパクトなボディのX260が威力を発揮

狭い飛行機内ではコンパクトなThinkPad X260が最適

バッグから取り出しやすく、使わないときはシートポケットにしまったり、テーブルにおいたまま一眠りしたりと機内の時間を有効に使える。


PCで映画も見られるけど・・・


フィリピン航空のシートにモニタはついていませんが、
手持ちのスマホやラップトップPCを使って、オンデマンドの映画や音楽が楽しめる。

フィリピン航空 映画タイトルは貧弱・・・

映画を見ようとしたら、
DiVXプレイヤーをダウンロードするようでてきて・・・
余計なソフトをX260に入れたくないのであきらめる。

フィリピン航空 オンデマンドコンテンツにはディビックスプレイヤーが必要

昔、よく使われていたDiVXプレイヤーですが久しぶりに見た。

機内コンテンツは貧弱で、日頃からamazonプライムビデオやhuluなどストリーミングサービスに加入している人には全く見る気にならないかも。

音楽は特にソフトをインストールしなくても聴けるようです。

結局オンデマンドサービスは使わず、残り飛行時間を確認しただけ

フィリピン航空 飛行機内 ノートPCで運行状況を確認

インターネットサービスは提供されてないのでオフラインでの作業。
暗くなった機内でX260のバックライトを点灯!

X260 バックライトキーボードを点灯してひたすらテキスト打ち

打ちやすいキーボードでひたすらテキストを打っていました


電源がとれるのが便利


そうそう、フィリピン航空、
プレミアムエコノミーの座席下にはコンセントがあったんです。

フィリピン航空 プレミアムエコノミーではコンセントがついてる

まさかエコノミーで電源がとれると思ってもいなかったのでこれにはびっくり!

真っ先に65WトラベルACアダプターをさしてX260に給電。

X260と65WトラベルACアダプターを使って飛行機内で充電

5時間程度ならバッテリー切れになることもないんですが
電源があればCPUに負荷がかかる作業も安心してとりかかれます。

エコノミーの料金にプラス3000円でこの快適さなら
断然、プレミアムエコノミーがいいですね。

予想以上に快適な空の旅になって仕事がはかどってます。



ThinkPad X270 が大幅割引中です

レノボの直販でThinkPadをカスタマイズ
ThinkPadが大幅割引で購入できます。

割引クーポンを確認する


カートの最終画面で、クーポンを適用すればX270が大幅割引です。