国際線 デルタのビジネスクラスでThinkPad X260


デルタ 成田-ホノルル便 ビジネスクラスでThinkPad X260
離陸前のウエルカムドリンクはシャンパンをチョイス。

シャンパンで乾杯!ThinkPad X260

現地に到着してすぐにネットが使えるようT-mobileのプリペイドWIFIをスマホのテザリングを使って決済しておく。

前回もT460sで同じようなことをしたけど・・・

2回目からはクレジットカード番号など細かな入力が不要になり、簡単に1GB 10ドル(7日間)のプランをすぐに決済出来ました。


X260を閉じた状態でサイドテーブルに置いてもハンドリング抜群

離陸時はPCは使えないので飛行が安定してから再びX260を開く。
定番となってきた機内WIFI gogoフライトにつなげます(有料)

デルタ 機内WIFIの値段は・・・

フライト中使い放題で21.95ドル+TAXが1.76ドル。
為替相場にもよるけど2700円ぐらいですね。

6時間のフライトが快適になるので毎回機内WIFIに接続しています。

太平洋上空からこんにちは!デルタの機内WIFIが快適 電子書籍ダウンロードも

人工衛星を使ってるため、切り替わるとき、たまに途切れますが、すぐに復活するので十分上空で仕事に使えます。

WIFIをつなげたとたん、タイミングよくクライアントさんからスカイプチャットで連絡があって、太平洋上空ですとチャットしたらびっくりして笑っていた。


上空に出るとすぐに飲み物が運ばれたり、食事が運ばれてきたりと周りがわさわさしてくるのでハンドリングしやすいコンパクトなX260は使いやすい。

赤ワインで乾杯!

サイドテーブルにX260を置いて、まずはワインで乾杯。


洋食を選びました。メインは牛肉のテンダーロイン。

デルタ ビジネスクラス 洋食 牛のテンダーロインとX260

和食もあるんですが、デルタはいまいちなので無難な洋食です。

サイドテーブルにおいたX260でクライアントさんとチャットでやりとりしながらのお食事です。

一昔前では考えられなかったことが実際に出来るようになってびっくり。


この旅のX260バッテリー構成はフロント3セル+リア3セル。

6時間程度の飛行時間なのでバッテリー切れにはならないけど、現地に着いてから使うことも考えて、65WトラベルACアダプタで本体を充電することに。

レノボ65WトラベルACアダプターとX260

ケーブルの長さがほどよく、卓上や飛行機内のコンセントから電源をとるときにケーブルがかさばらずしっくりきます。

トラベルACアダプターのケーブルの長さが絶妙

X260とトラベルACアダプター。出張や旅行時の定番アイテムになりました。


食事が終わってからは機内は真っ暗になるので
ここからはX260を使って本格的なお仕事モード。

機内の照明が落ちてからは集中モードでThinkPad X260

暗い機内でもバックライト搭載のキーボードなので、視認性も抜群。

x260 バックライトキーボード点灯 かっこいい

なんってったって、かっこいいですよね 笑


今年は4回、デルタ、国際線の飛行機に乗りましたが、機内WIFIがここ最近、快適になりました。

以前は途切れまくったり、遅すぎたりとさんざんでしたが、普通に仕事に使っても問題ないレベルに。

機内でPC作業がはかどる 便利な時代になりました

PCを1台機内に持ち込むだけで退屈な飛行時間も有意義に使えて便利です。


ThinkPad X260のレビュー・感想



ThinkPad X270 が大幅割引中です

レノボの直販でThinkPadをカスタマイズ
ThinkPadが大幅割引で購入できます。

割引クーポンを確認する


カートの最終画面で、クーポンを適用すればX260、X270が大幅割引です。