ThinkPad T470s 米沢生産モデル(国産)と海外モデルの違いは?


7月末からレノボの直販、webショッピングで
ThinkPad T470s 米沢生産モデルの販売が開始。

ThinkPad T470s 米沢生産モデル 違いは? 海外 中国製と比べて

先に発売開始になってる海外モデルと
山形県 米沢市で生産されるモデルを比べて、

外観や仕様の違いはなし

基本的なカスタマイズ価格も変わりませんが・・・
100台限定パッケージなどでは
米沢モデルの方が割安になることも。

ただ、時期によって異なるので、
現在の 販売ページ を確認してみてください。


今日(2017年8月4日)現在、T470sの販売ページを見ると
ほとんどの直販モデルが米沢生産モデルとなっています。

ThinkPad T470s 直販モデル 海外と米沢を間違えないように
ThinkPad T470s 米沢生産モデルを確認する


オンレンジの帯で「米沢生産モデル」と表記があるのが国産T470s
青帯の「Pro OS選択可能」は海外生産モデルですのでご注意を。


米沢モデルのメリットといえば、品質管理など評価が高く
製造地が山形県のNECの米沢事業場という程度。

気分的なものだけど、日本製、国産と聞くと響きがいい。

一方でデメリットもあって、
好評を博してるT470s非光沢のマルチタッチ液晶はカスタマイズできない

例年、米沢生産モデルのカスタマイズ項目には変動があり
時期によっていきなり選べなくなる構成もあったりする。


米沢生産 T460sを使って1年


約1年前、2016年の8月にT470sの前モデル
T460sの米沢生産モデルを購入しました。

海外出張でThinkPad T460s

ボーナス時期が終わって8月末に注文したら
ThinkPadの納期としては異例!?
わずか7日間で届いてびっくりしたものです。

海外出張に持ち運んで使ったりしていますけど、
この1年何の不具合もなく元気に稼働中。

国産ThinkPadということでなぜか愛着がわきまくって
めずらしく、傷一つなくピカピカにつかってます(笑)

ThinkPad T470sを片手持ち

2016年~2017年にかけて、10台のThinkPadを購入してますが
米沢生産モデルはThinkPad T460sのみ。

そして、T460sの液晶ひんじにのみ
ビニールのカバーがついていた。

T460s 米沢モデル 液晶ヒンジにカバーがついていた

米沢生産モデルだからついていたのか
たまたまT460sだけなのかはさだかではないけど
国産は部品の管理や作りが丁寧な印象を受けますね。

もしかしたら、気のせいかもしれませんが・・・


T470s米沢モデルは突然終了の可能性も・・・


現在、米沢生産に対応しているThinkPadは
T470s、X1 Carbon、X270の3台。

昨年、T460sの米沢生産モデルは
秋頃から徐々にカスタマイズ出来る項目が限定的になり

年末には完全に米沢モデルの取り扱いを停止して
以後はずっと海外モデルのみ販売していました。

NEC米沢事業場でのThinkPadのラインは限られているので
人気のX1 Carbon X270の注文が増えてしまうと
T470sにしわ寄せが来る可能性が大きい

T460sのときは年末、一番PCが売れる時期に
米沢生産モデルが終了してしまったため、

販売期間はほんの4~5ヶ月のみだった気がする。

国産T470sの購入を検討するなら
望みのカスタマイズが出来るうちに!お早めにどうぞ。


ThinkPad T470s 米沢生産モデルをカスタマイズ



ThinkPad T470sが大幅割引中です

レノボの直販でThinkPad T470sの割引率がアップ♪

割引クーポンを確認する


カートの最終画面で、
クーポンを適用すればT470sが大幅に安くなります。