ThinkPad T460s メモリ交換、増設方法 最大の24GBへ【動画あり】


ThinkPad T460sのメモリを交換して最大の24GBに。
1分以内で交換の手順がざっとわかるよう動画をアップしました



ThinkPad T460s メモリの交換・増設方法 DDR4 最大24GBか20GB


T460sのメモリを交換してみて感じたのは・・・

わずか、5分ほどで交換が完了して、
ここ、2,3年で発売されたThinkPadの中で一番気軽に交換できる。

ThinkPad T460s メモリ最大の24GBへ

過去モデルではかなり開けにくかった裏蓋がストレスなく開けるのが大きいですね。


T460s購入時は交換できないオンボードメモリ8GBのみにして
余ってるDDR4メモリを使い回して自分で増設する予定でした。

購入時のオンボードメモリ(基板に取り付けられているメモリ)
4GBか8GBはあとから、交換や増設するのは不可能ですが・・・

T460sには交換、増設可能な空きメモリスロットが1つあります。
ここに4GB、8GB、16GBのメモリを自由に入れ替えができます

T460sにはオンボードのほかに1スロットメモリが差し込める

最初はThinkPad X260から取り外したサムスンの8GBメモリを挿して
オンボード8GB+スロット8GBの16GBで運用。

そのあともちょこちょこと
動作確認などでメモリを入れ替えて・・・

今回、16GBのメモリに差し替えて、最大24GBのメモリ容量に。
オンボードメモリが4GBなら、最大は20GBになります。

頻繁にメモリを入れ替えるのは過去にあまりないことで、
気軽に分解ができるメリットを生かして
T460sを用途に合わせてスペックを最適化できるのが便利です。


昔ほど、メモリの相性問題も少なくなってきているようで・・・

T460sではトランセンド、クルーシャル、サムスンのメモリが認識した

クルーシャル16GBトランセンド16GB、X260購入時についていたサムスン8GBメモリ

いずれもT460sで問題なく認識しました。

ThinkPad X1 CarbonやX260などほとんどのモバイルThinkPadのメモリ最大は16GB。

オンボードを含めて最大で20GB以上メモリを積めるT460sは玄人、プロフェッショナル向けともといえるでしょう。

Tシリーズがプログラマーや開発者などコアなヘビーユーザーに愛されるのも納得です。

これで、T460sのメモリーが最大の24GBになったので、
動画編集やグラフィックソフト、ブラウザのタブなどなど・・
気にすることなく、ばんばん立ち上げられるのがうれしいですね。


メモリ交換が簡単なThinkPad T460sをさらに詳しくみる



ThinkPad T470sが大幅割引中です

レノボの直販でThinkPad T470sの割引率がアップ♪

割引クーポンを確認する


カートの最終画面で、
クーポンを適用すればT470sが大幅に安くなります。